Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

まだまだサバス「13」「Past Live」  

ランキング参加中です。ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 

kotaroblo_walkingdead.jpg  
「プリズン・ブレイク」以来最近むっちゃ嵌っているのがこの「The Walking Dead」。あるバラエティ番組でやっていたのでちょっと見てみようかな、どうせ旧作100円だから..バイオハザードも別に嫌いじゃないし..なんてシーズン1を見てみたら..ハマってしまいました。何が面白いかと言うと、ゾンビは確かに主題なんだけど、主役を始め、生き残った者の人間関係が面白いドラマです。究極の選択を迫られた時に人はどうする?それがウィルスによって崩壊した地球上が舞台となっている、と言う事です。発案、監督(全てではないみたい)は「ショーシャンクの空に」や「グリーンマイル」のフランク・ダラボン。この監督エルム街の悪夢の3やブロブ、フライ2などそれなりに特殊メイク系も撮っているのでなるほどと納得。ショーシャンクやグリーンマイルもドラマ的にかなり面白かったものね。主役リックの奥さん役にプリズンブレイクでサラ役を演じたサラ・ウェイン・キャリーズも出演しています。どちらも重要な女性の役ですね。目にインパクトのある女優さんです。 ゾンビとサバスは関係ありませんが、今回のサバスの新譜「13」はなかなかの出来ですぞ!

kotaroblo_sabbath_13.jpg

何せ70年代に活躍したロックグループの復活劇が最近のミュージックシーンの一端を担っている、と言っても過言じゃないですね。そう言うパターンで復活新譜を出して成功する場合、勿論その時代に合った音を探して華麗にチェンジ!なんて言うパターンもありますが、ルーツを辿って原点に戻るパターンもあります。 ライナーを読むと、今回プロデューサーのリック・ルービンは 最初、メンバーにファーストアルバムを聞かせたそうです。ギザー・バトラーは何年振りかに聞いたと語っています。まさに後者のパターン!何を往年のファンは求めているかと言う事を理解していますよね、まさに「Black Sabbath」をファンは求めていた。結構好きだけど「ネバー・セイ・ダイ」の頃の軽量メタルではこの再結成は実現しないでしょう。ただオープニングの「End Of The Beginning」はそんな過程をも意味深に表現した歌詞となってますね。「始まりの終わり」とはやはり噂通り最後の再結成となるのだろうか?ちょっと意味深なだけに気になりますが、サウンドはまさに「Black Sabbath」そのもので過去が未来に飛び越えてきた様なサウンドとなっております。PVに上がっていた「God Is Dead ?」もオジーのボーカルの真骨頂、本当に不思議な説得力です。このテンポでこの綺麗でも上手くでもないこのボーカルがこのサウンドでは特有の説得力を発揮します。今回ライブ上での違和感を無くすためにキーは下げて、ライブステージでもアルバムに遜色無い様に録音したようです。次の「ローナー」これもまたオーソドックスなリフなんですが往年のサバスファンにはたまりませんね。ゆっくりリフに合わせてヘッドバンキングしてしまいます(^^/ 1曲中休み的に、トニーとギザーでのアコウスティックなサウンドにオジーのボーカルが上手く絡んだ「ツァイトガイスト」から、へヴィメタと呼ばれる重くリズムが刻まれる混沌とした曲が並び、ラストの「Dear Father」では全開、サビの物憂げな表情を表すオジーのボーカルとそれを演出するリズム隊がこの意味深な「13」と言うタイトルの全貌を表しているようです。しかもエンディングではあの雷雨と鐘のSEで締められている。このアルバムを引っ提げてサバス復活と呼びたいところだが、トニー・アイオミの体調不良やビル・ワードが疎遠になっている事など今後はどうなるのか分からないのが不安の種です。どんどん少なくなって行く70年代のロッカーには少しでも長く演って貰いたいものですね。このアルバムには9曲目にテンポアップの「ナイーヴティ・イン・ブラック」と言う曲、ボーナスCD(CD2)には「メサディック」「ピース・オブ・マインド」「パライア」の3曲が入っており、特に「メサディック」等はなんで外されたのか分からない曲(アルバムの構成上だろうと思うけど)なのでこれも余裕があれば聞いた方が良いかも(ただ3曲のボートラは物足りないよね)
kotaroblo_sabbath_pastlive.jpg
これは2011年に出た「ライブ・アット・ラスト」のデラックス版で、CD2にはパスト・ライブとして70年の録音を編集してある。私は「ライブ・アット・ラスト」はリアルタイムで、このアルバム自体が「4」の後に出る予定が棚上げになってずいぶん後になって発売されていた。え!いつ発売してたの?と思いLPを購入した覚えがあります。ただLPは80年中盤頃もうサバスなんか古いぜ!ニューウェーブや!パンクや!と粋がってた頃に友人にあげてしまいました(笑)この頃のライブは覇気があって、押し迫ってくるような荒れ狂うトニーのリードに、オジーのパフォーマンスが最高潮の頃のライブテイクです。70年頃の録音なのでちょっとブート的な音質なもの(特にN.I.B)もありますが、両方合わせてコンプリート感は得られます。


スポンサーサイト

category: Black Sabbath

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/97-cbda97be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。