Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

David Bowie / The Next Day 10年ぶりのボウイは傑作でヘビロテ~  

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
  
kotaroblo_bowie_bscd.jpg 
デリバリーにも内密にするよう誓約書を書かせた位に極秘で行われたデビッド・ボウイの新譜が届きました。youtubeで先行シングルの「Where Are We Now ?」が配信されたいたのでリリースされる事は知っていましたが、Amazonを覗いた時にこのジャケがNow Printingだと勘違いして、発売前だと思い買わずに今日に至りました。ジャケがジャケだけに音の内容を連想させる様な雰囲気ですが...その通りでした(笑)プロデュースがトニー・ヴィスコンティでHeroesのジャケ使用ならその辺の音作りで間違いないのですが、当時の音作りよりもっともっと骨太で、ロックしてる感じがしますね。まぁブライアン・イーノが居る居ないの大きな違いはありますが。私は「Tonight」以来一切ボウイは聞いてなかったのですが、66歳にしてこんなセンセーショナルなアルバムを作れるなんて、心臓発作からその動向が注視されていて引退なんて事も言われてましたが、このブランクはアルバムを作るためのパワーチャージだった事に間違いないでしょう。最近のアルバムの中でも久々のヘヴィロテです。F・マックは吹っ飛びました~~(笑)
kotaroblo_bowie_lpcd.jpg
通常のCDと300円位差なのでブルースペックCDを購入しました。ボウイが日本盤の為だけに提供してくれたボートラの「God Bless The Girl」はとても印象深い良い曲なので、選択するならこの2,800円のデラックス・エディションがお薦めです。日本盤ですが何十年ぶりに邦盤タイトル「英雄夢語り」を引っ張りだしました。このCDのアートワークはジョナサン・バーンブルックですが、実に想像を搔きたてられる意味深なジャケで、過去の自分の偶像を否定しているのか?ベルリン3部作の踏襲なのか?実はこれを超えたものなんだよ、と言う挑発的なものなか?それは凡人の私には分かりませんが、このジャケも購買意欲をそそった原因でもあります。(Now Printingと間違えたくせに..)
kotaroblo_bowie_lpcd2.jpg

裏も同じ。”Heroes"のタイトルは横線で打ち消してあります。因みにこのCDは観音開きのデジパックです。

kotaroblo_bowie_heroes.jpg 
↑画像はLPの「Heroes~英雄夢語り」です。
私は多分高校生の頃、やはり「NHKヤングミュージックショー」でライブ盤「ステージ」が出た頃のツアーを見てその格好良さと曲に惹かれて好きになりましたが、「Let's Dance」以降はあまり聞かなくなりましたね。このアルバムは3部作の中でもやはり一番好き(ファンからも高い支持を得ている)ですね。A面とB面の対比が面白いし、ノイやクラフトワークの影響をもろに受けているのに英国風のニューウェイブに仕上げるテクニックはボウイ独特なもので、これがD・ボウイだという音楽を構築してますね。結構繊細なメロディーを書くので流石英国人です。「美女と野獣」「ブラックアウト」や「V-2シュナイダー」に加えB面の疑惑~からのインストが暗く重い中にもボウイのサックスが眠気を誘います(笑)「ヒーローズ」は今聞いても名曲で私にとってもボウイど真ん中の曲です。ジャケ写はボウイに取りつかれたフォトグラファー鋤田 正義氏のもので、今回の新譜も当然それが使われていますね。ジャケにはSukitaと書かれてます。
kotaroblo_bowie_jplinner.jpg 
全体的には長尺の曲はなく、淡々と進行して行きます。挨拶代わりと言った1曲目「The Next Day」から結構ロックしてて、良い意味で裏切られます。トニー・レヴィンを含め色んなミュージシャンが集っていますが、何か誰が何処って感じは一切なくデビッド・ボウイの曲がずーっと続く感じがするのは、よほどアレンジ力の素晴らしさ、ボウイの曲の良さではないでしょうか。
シングルは今の所「The Stars」(これも意味深なタイトルですが、メロディーやリズムアレンジが往年のボウイ)と先行配信の「Where Are We Now?」。この曲が深みのある曲で素晴らしい!!ベルリン時代の自分を思い浮かべた哀愁がメロディーに乗って体に染みていく曲。これはトニー・アウスラーが監督したビデオと一緒に見るとより素晴らしい。久々だなぁこんな曲。途中「Valentine's Day」の様なポップな曲もありますが、13曲目までThe David Bowieがずっと続きますが、最後に「Heat」という難しい曲が終演を知らせてくれます。重苦しく、ボウイの歌声も太く、D・トーンのギターがそれに乗りかかる、ここでアクセントを付ける、ボウイ&ビスコンティーの凄技ですぇ、良い仕事してます。あれ?終わったと聞きとおせる、久々に堂々推薦アルバムです。30曲作ったうちの14曲ピックアップで漏れた曲がボートラなので、実は入っていてもおかしくない曲が選ばれているので、たかがボートラされどボートラなので絶対日本盤をチョイスしましょう。(これには海外のボウイファンからねたみの声があるらしいが、東北の震災の事や大島渚監督が逝ってしまった事などに関係する日本へのプレゼントらしい)


kotaroblo_bowie_linner.jpg
オリジナルのライナーが冊子でなくポスター調で入っています。裏面は歌詞、この面下にはミュージシャン名など書かれてますが、あまりに細かくて目が攣ります(〇 〇)
kotaroblo_bowie_label.jpg 
最後に「英雄夢語り」の邦盤レーベルを。とりあえず帯電バリバリだったのでLPレイザーで静電気除去しました(^^;;
久々に「ロウ」や「ステージ」聞きたくなりましたね~次は私がボウイに嵌ったきっかけのアルバム「ステージ」にしようかな。
 ↓注意!!音出ます!! 


スポンサーサイト

category: David Bowie

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/85-56504c9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。