Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ジェネシスのライブ①~Genesis Live  

文字色文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  
kotaroblo_genesislive.jpg 
今週は残業残業で、日中も息の抜く間もなく働き続けたので全く更新できませんでした。旬なうちにアップしようと思ったF・マックの35周年BOXはDVDもまだ見てないしCDも一度聞いただけなのでまた追々アップして行きます。と言う所で暫くはジェネシスのライブシリーズと言う事で。
まずは1973年のレスターとマンチェスターでのライブを収めたジェネシス・ライブ。ピーター・ゲイブリエルが在籍したものでは幻惑のブロードウェイの全曲収録のライブなんかも出てますが、当時LPとして発売された唯一のものなので貴重な音源だが、如何せん物足りない。多分海賊盤対策か何かで廉価盤としての発売だが、そんな急がずとも次作「月影の騎士」が出てからの2枚組当たりで発売した方が良かったし、ジェネシスのピーガブのちゃんとした音源は凄く貴重だ。幾分編集もちゃちだし、ジャケのつくりも廉価盤そのものだ。


kotaroblo_genesislive2.jpg
選曲はフォックストロットまでの3枚から選曲されていて、まぁその3枚のうちの代表作が選ばれているのだが、どうせならピーガブの「サパーズレディ」とか「サルマシスの泉」とか..やはり2枚組が妥当だろう。大好きなアルバム!では無かったので邦盤のLP、リマスターCDも持っていましたが売りました。ずっとそれを聞いていたのですが、このUK盤は結構ボーカルよりは演奏にも焦点がおかれがちで、メロトロンやオルガンは勿論、M・ラザフォードのメタリックなベースもかなりクリアーにズシズシ来てます。ちょっと違った印象を受けたなぁ。全体的には結構クリアーなサウンドで、迫力もあるのだが、細部に至ってはフェイドアウトがいい加減だとか、ブツっといきなり始まったりとか..まぁその辺が廉価版なのかねぇ~

kotaroblo_genesislive3.jpg
とにかくジャケットの作りがチープ。端を持つとヘナヘナ....

kotaroblo_genesislive_label.jpg
CLASS 1 A-1U B-1U ビッグ・マッドハッターのファーストプレス。B&CRecords
かすかな観客のざわめきの中から始まるメロトロンの響きは、やはり大音量でアナログで聞きたいよね。この臨場感が伝わるのはアナログ。


↓注意!!音出ます!


スポンサーサイト

category: genesis

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/81-900d9b48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。