Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Fotheringay / フォザリンゲイ  

文字色文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  

エイジアのスティーブ・ハウが脱退したそうです...前ログの30周年BOXで感動した気持ちはどうなる!?
今回は以前サンディー・デニーの項で、ちょっと順番が逆になってしまったフォザリンゲイを。とにかく大好きなアルバムであります。

kotaroblo_fotheringay.jpg 
フェアポート・コンヴェンションを脱退したサンディー・デニーが1970年に夫となるトレーバー・ルーカス等と結成したバンドだが、唯一のアルバムでもある。その後サンディー・デニー名義でソロアルバムを発表されている事から製作サイドの何かがあったと思える。ほぼメンバーも変わっていないので。タイトルのフォザリンゲイはイギリスのお城の名前で、フェアポートのセカンド「What we did on our holidays」の1曲目に、スコットランド女王メアリーのフォザリンゲイ城で幽閉、処刑された悲劇を歌った同タイトルが収録されている。(これも非常に良い曲だ)
kotaroblo_fotheringay_back.jpg 
CDライナー(立川芳雄氏)によるとくそまじめにトラッドフォークを追及する事に辟易したサンディーが、自身の理想の音楽を追求する為にこのバンドを結成した経緯がある。彼女は決してトラッド一筋ではなく、ジョニ・ミッチェルのようなポップ性を持ったシンガーをも目指していた。とあるがここでも英国トラッドの深森に足を踏み込んだ曲が多く耳に止まるのである。特に4曲目の「ウィンター・ウインズ」がそれだ。演奏がどうの、メロディーがどうのと言う事も関係あるが、もう音楽自体が英国トラッドで聞いた瞬間でどぶっと深森に入り込む気持ちになる。ソロ作もそうなのだが「ナッシング・モア」「The Sea(海)」などもう2曲でサンディー・デニーの世界に浸れるこの感覚は癖になるのが彼女の魅力だと思う。何せ数日間はメロディーが脳裏から離れないので..勿論バンドなので夫トレーバー・ルーカスの曲もあり、彼らの曲は非常に明るくノリのあるものが多いが、対比もあってこちらもなかなか良い。やはりサンディー・デニーを聞くならフェアポート時代のアルバムもあるが、やはりこのフォザリンゲイからの数枚をお薦めします。
kotaroblo_fotheringay_in.jpg 

写真はどうもフォザリンゲイ城跡で撮られたものらしい。メアリー女王はホールで処刑されているが、この場所なのだろうか?
kotaroblo_fotheringay_label.jpg 
ILPS 9125 A//2 B//2 多分ファーストプレス。1があるのかは知りません。いわいる Pink i と言うやつです。
パームツリーピンクリムのものもあるがやはりこちらの方が初期プレスなので音の鮮度は違いますね。ナッシング・モアのピアノが聞こえる辺りのCDとは違う丸っこい音が逆に緊張感を増しますね。
kotaroblo_fotheringay_cd.jpg
2009年に発売されたSHM-CDの紙ジャケット。2005年のリマスター音源を使用しているが非常に音が良い。かなりクリアーになっていて、CD特有のキリっと乾いた音がアナログ楽器の音をより一層澄んだ音にしている。LPとは違うがこれはこれで
良い音だと思う。
kotaroblo_fotheringay_cdlis.jpg 
LPにない魅力はこのボートラ。この道に入るきっかけっとなったデイブ・カズンズの曲「Two weeks Last Summer」のライブテイクやナッシング・モアやこのアルバムのラストを飾る「Banks Of The Nile」のなかなか緊張感のあるライブテイクも楽しめる。これはCD、LP両方あるとより一層深みに嵌る事が出来そう。
kotaroblo_fotheringay_cdlp.jpg 
日本が誇る紙ジャケの再現率。少し彩度と絵のきめ細やかさの精度が上げられている。大きさの違いもあるが、何か表情が違って見える。

「Nothing More」 この曲を聞くと何故か潜在意識の中でメラメラと力が湧いてくるような気がする。ハッピーとかやる気が漲るとかそういう感じではなく何か心の奥の方で暑くなる感じがする、不思議な曲だ。

↓注意!!音が出ます! 
 




スポンサーサイト

category: Sandy Denny

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/79-8094f49c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。