Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「噂」35周年アニバーサリー...はよ来い  

文字色文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  
rumours_deluxe.jpg 
前ログにも書きましたが、1月29日発売予定でした「噂」35周年記念デラックス・エディションがAmazonでは2月4日、HMVでは2月2日に延期されてました。まぁこのボックスは日本盤の扱いは無いのでやはり遅れたかと言う感じ。実はこのニュースを見るまでは。このアルバム自体もう数年聞いてない事に気が付き、すぐに聞きたい衝動にかられましたが、このボックスが来るまでじっと我慢..今日くらい来ると思ったのに(; ;)
知らなかった人の為に内容は

______________________________________________
■DISC.1:『噂』には、ボーナス・トラック「Silver Springs」を収録。(音源は2004年リマスター盤)
■DISC.2: 1977年の「Rumours」ツアーから.のハイライトを集めたもの。オクラホマ・シティ、タルサ、ナッシュヴィル、そしてサウス・キャロライナ州のコロンビアのショウから厳選されたのは、勿論『噂』からの楽曲と「Rhiannon」や「Monday Morning」などの人気曲。しかもすべて未発表ライヴ・ヴァージョン!
■DISC.3: 『噂』のレコーディング・セッションからの初期ヴァージョンや未発表テイク、デモ・ヴァージョン、別ヴァージョンなどを収録。こちらも全曲未発表テイク、もしくは未発表ヴァージョンばかり!更にアメリカの音楽ジャーナリスト、David Wildによる新規ライナーノーツも収録。
■DISC.4: 2004年のリマスター&ボーナス・ディスク・エディションに収録されていた18曲のデモやアウトテイク・ヴァージョンを収録。
■DISC.5: DVDには、全盛期のフリートウッド・マックのライヴ、リハーサルやインタビュー風景を捉えた、マイケル・コリンズ1977年作のドキュメンタリー作品『The Rosebud Films』!「World Turning」、「Rhiannon」、「Say You Love Me」、「Go Your Own Way」、「You Make Loving Fun」そして「I’m So Afraid」のライヴ映像も収録。
■DISC.6:『噂』の140グラムのアナログLPレコード。


こんな感じで予約受付中です。なので最近はライブ2種を聞いて紛わせてます。

kotaroblo_fleetwoodmac_live.jpg
フリートウッド・マックは意外にライブアルバムが少なく、これは未発表音源発掘として発売されたシリーズもので、まともなものは「Fleetwood Mac Live」として発売された2枚組のもの位だった。2004年に「ダンス」 というアルバムも発売されたがCDでの発売でしたね。これはピーター・グリーンのフリートウッド・マックの全盛期、ダニーカーワンとジェレミー・スペンサーとのトリプルギターだった頃のボストンでのライブ盤である。
kotaroblo_fleetmac_live2.jpg 
まぁ69年なので音響、録音機器も古く、ミキシングも甘いのでかなりラフさはあるが、それがかえって臨場感を増してなかなかパワフルで良いし、何せ実に貴重な時期の貴重な音源です。
いきなりの「Oh Well」でKOですわ。リンジーの一人ギターOh Wellのライブ演奏はお馴染ですが、本家ピーター・グリーンの劈くようなハードリフと、若干18歳で採用されたダニー・カーワンの掛け合わせはブルーズF・マックの真髄を聞かせてくれてます。やはりライブバンド。サンタナの方が割と知られ過ぎてる「ブラック・マジック・ウーマン」もブルース曲である本来の姿もライブではさらに強さを増してますね~ ピーター・グリーンってほんと格好良い。

kotaroblo_fleetwoodmaclive.jpg
こちらが英国ブルーズF・Macからアメリカに移り大ヒットグループに変身した後の集大成ライブアルバムですね。もう言うまでもなく「ファンタステック・マック」から「タスク」までのヒット曲満載です。唯一上で挙げた「Oh Well」が入ってます。
kotaroblo_fleetwoodmaclive_.jpg
やはりラストの「I'm So Afraid」でしょうか。リンジー・バッキンガム渾身のギター&ボーカルです。この人のフィンガー・ピッキングはJ・ベックとかと違ってあまり癖が無いので、こういうブルースな曲には味がでて良いですよね~ まぁこれもミックとジョン・マクヴィーのリズム隊が安定してからこそなんだけどね。
kotaroblo_fleetwoodmaclivei.jpg 
これは2枚組のCDのライナーで、79-80年に行われたワールドツアーの場所とキャパが書かれたある。これはレコードの保護袋に書かれてあったもので、CDにはライナーに載せてある。80年の日本ツアーは2度目の来日で、岐阜、仙台、札幌など結構地方まで回っている。

とにかく噂35周年記念ボックスが来たらまたアップします。くぅ~エイジアのボックスまだDVDも見てない~こちらが先かな?2月の3連休に何とかしょう、こうご期待(してない?)

スポンサーサイト

category: Fleetwood Mac

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/76-015c1062
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。