Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Venus and Mars / Wings  

文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  
kotaroblo_venusmars.jpg
Wingsがバンドとして一番充実してた頃のアルバム。P・マッカートニー&ウィングスという呼び名を「ワイルドライフ」以来のウィングスのみの名称にチェンジしている事もグループとしてのウィングスを意識しているアルバムだと思う。当時のセットリストでも8割方ライブで演奏されているので隙のない楽曲が多く、タイトル曲のヴィーナス&マース~ロックショーのようなポールらしいじつに構成の分かり易い、ノリが抜群な格好良い曲や、ウィングスとしての「遥か昔のエジプト精神」や「メディシャンジャー」のようなデニー・レインやジミー・マッカロクにリードを譲りバランスも上手く取っている。ロンドンタウンのように目玉になる曲がドーンと言う訳でなく、全曲相当なレベルの名曲が揃っている..好みの問題もあるが。中でもシングルカットされ、全米No1にもなった「あの娘におせっかい」は半端なく名ポップソングだ。4分台の短めに抑えられ、その中にギュッとポールのメロディーが押し込めらていて、その上ギターはデイブ・メイソン(地味なプレイだが、デイブ・メイソンぽい)、サックスフォンにトム・スコットを起用してそれが一段とポップさを増している。曲間なしに続く「トリート・ハー・ジェントリー〜ロンリー・オールド・ピープル 」、このメドレーとして聞ける事がよりムードを押し上げているし、今までのソロやウィングスでも度々見られた壮大さが締めとして心地よいです。この後映画「Rock Show」でウィングスとしての絶頂期を迎えるが、このアルバムからも8割方ライブで演奏されているので最高傑作と呼ばれるのもうなずける。ただビートルズ解散後、私は一番インパクトのあるアルバムは「バンド・オン・ザ・ラン」だと思う。
ジャケ写はリンダ・マッカートニーによるもので、多分金星と火星をイメージしてるものだろう。間に挟まれる地球はステージと言う事なのだろうか?


kotaroblo_venusmars2.jpg

裏面は歌詞カードとして。「ジミー・ペイジが使っているやつみたいだ!」と言う歌詞が登場する「Rock Show」。
kotaroblo_venusmars3.jpg 
内側写真は北カリフォルニアで撮影されたもので、ここはヒプノシスが担当している。ここにもジャケ写に使われたボールが2つ転がっている。
kotaroblo_venusmars_poster1.jpg 

kotaroblo_venusmars_poster2.jpg 

kotaroblo_venusmars_in2.jpg 
ポスター×2、ステッカー×2が揃ってコンプリートとなる。
kotaroblo_venusmars_lebel.jpg 
Side1 YEX945-1U A Porky PrimeCutあり。Side2 YEX946-1U M Roomありのファーストプレス。


スポンサーサイト

category: Paul McCartney

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/59-356ea23e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。