Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Deep Purple Live In Japan(不)完全版  

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m
banner (1)
 

kotaroblo_dpljapan.jpg

前回アナログ「Made in Japan」をアップしましたが、これはオフィシャルでのライブ・イン・ジャパンの一応完全版と呼ばれるものです。初来日公演、3公演のリールテープがアルミ箱から見つかり発売が決まるが、一公演丸ごとCD化すると容量の都合で6CDになってしまう昨今でいえば 6CDや7CD,1万や2万円のボックスセットなんてざらで、本当に好きならいくら払っても手に入れる今日この頃なのだが、この頃は売れないと判断したのだろうね。1dayにつき2曲ほど割愛して3CDに纏め上げたのがこれ。
当時の セットリストはこちら↓
1972/8/15 大阪フェスティバルホール1972/8/16 大阪フェスティバルホール1972/8/17東京 武道館
1. Highway Star1. Highway Star1. Highway Star
2. Smoke On The Water2. Smoke On The Water2. Smoke On The Water
3. Child In Time3. Child In Time3. Child In Time
4. The Mule4. The Mule4. The Mule
5. Strange Kind Of Woman5. Strange Kind Of Woman5. Strange Kind Of Woman
6. Lazy6. Lazy6. Lazy
7. Space Truckin'7. Space Truckin'7. Space Truckin'
encoreencoreencore
1. Black Night1. Black Night1. Black Night
2. Speed King2. Lucille2. Speed King
このCD完全版と謳いながらも上記の赤字が割愛された曲で、ほぼ正規の「ライブ・イン・ジャパン」で使用された曲を中心に16日はアンコール自体がカットされている。MCも出来るだけ残してはあるが、容量に合わせるようにカット。
正規のライブ盤では15日は「スモーク・オン・ザ・ウォーター」のみで16,17日にのテイクがほぼ使われている。
なのでこのCDの15日分のディスク1はというと、ギランの「Good Morning!」で始まり徐々にピッチを上げていくが、全体を通すとさすが初日の1曲目ノリが感じ取れないし、ソロパートにおいても2人ともかなり流し気味でこれもイマイチ。イアン・ペイスすらも一部ドラミングをスカる場面もあり乗り切って無いかなぁという印象。「Chiild in Time」は3日通してもどれも良い出来だと思うが。「ストレンジ・ウーマン」の正規盤は、出だしのGソロに追随してギランのAll Right!と言うシャウトが入るが正規盤の16日のテイクしかシャウトしていない。あのバージョンが格好良い。この曲のキモであるリッチーとギランの掛け合いは勿論アドリブなので違う所もあって面白いが、やはり正規盤の掛け合いが一番上手くいっている。この曲に関してはこの日の演奏が3日通してもパワフルで良いが、流石に手を付けないとこの荒々しさでは..「Lazy」も冒頭のジョン・ロードのオルガンソロは雰囲気は通して同じだが、フレーズがどれを通しても8割方違っている。この辺3日通して聞けるのは有難いね。初日は今日の料理のテーマ曲..曲名何だっけ?スイスの民謡か何かだったと思うけど..は演奏されていない。ここ、ここと知っているだけにスルーされると白けます。「Space Truckin’」は俄然正規盤のテイクが3日通しても良い、かなり。正規盤は曲の紹介があってから1分10秒もたった後のフェードインだったんですねぇ~こういうのもこのCDでしか味わえませんね。ただ初日のお客さんの反応は凄い..あと「ブラック・ナイト」終盤でのソロの掛け合いででリッチーがトレモロし忘れたりとか、まだまだ他にも一杯ありますが、聞けば分かるし3枚組なんてあっという間に聞けちゃいます。
ただ 完全版と言うからにはMCやアンコールまで全てはいっていないと名前に偽りありだし、それを聞けばまた感じ方も変わるかもしれないので、6CDで是非発売を請う!音源が無いのなら仕方がないが、値段が高いと売れないだろうとか、コンパクトに纏めた方が買い易いとかと言う商業的な見地(多分こんな理由でしょう)からこの音源を吹封印するのは業者のエゴである。何せ音が素晴らしく良い。40年前の録音ですよ!奇跡ですな。
kotaroblo_dpmjapan.jpg
リマスター盤。正規盤がリマスターされた上に、東京でのアンコール「ブラック・ナイト」と「スピードキング」、大阪16日のアンコール「ルシール」が2枚目のCDに3曲収められている。このブラックナイトはシングル盤にもなった伝説のテイクで、私も色んな音源でブラックナイトを聞いたけど、これだけパワフルで、スリリングな、ライブ演奏としてこれほど完ぺきな演奏は聞いた事が無い。あのリッチーのフィードバックは奇跡としか言いようが無い。完全版は割愛されている。
例え完全版+リマスター盤を足してコンピしたとしても完全にはならないので、「マシーンヘッド」の40周年記念に乗じて是非、是非完全版の完全版をリリースして下さい、メーカー、業者さん。




スポンサーサイト

category: Deep Purple

thread: HR/HM - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/44-e35ba4c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。