Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2枚組ライブ盤①Made In Japan / Deep Purple  

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m
banner (1)
 

kotaroblo_deeppurple.jpg
出張やらお葬式やらあって久々の更新になりました。
パープルの「マシーン・ヘッド」発売40周年記念盤ボックスセットが発売されますね。この辺りの王道ロックは近頃発売記念云々の商売が多発しています。とりあえずこれはUK盤だけど、日本盤が発売されるとすれば盤の内容は同じでも紙ジャケの質の違いで売るんでしょうね。SHM-CDとかブルースペ;ックとかHQCDとか盤質も変えて。ほぼミックス違いで2,3枚、オフィシャル未発のライブ盤、ハイレゾDVDで5~6枚組なんて言うのが主流となってます。ハイスペックなオーディオがあれば楽しいのでしょうが、私はこの手のはほぼ意味が無い、買うとすればジャケの為の買いでしょうか。
ライブ盤って言うのは、例えばそのバンドの曲性やライブでの演奏技術なんかで1枚、2枚、3枚の組み合わせになりますが、ロックバンドでのライブ盤はやはり2枚組が良いですね。そのグループのピークを迎えた時の絶頂期ライブが2枚組になり易いので名盤が多いです。これはUKファーストプレスですが、本来は日本人スタッフによりレコーディングが行われ「Live In Japan」として出したものを、ロジャーグローバーとイアン・ペイスがミックスを施して「made in japan」として発売した経緯があるらしいですね。色んなライブ盤を聞いてきても爆音と言う言葉が適切なのはこのアルバム位でしょうね~ 世界一ラウドなバンドとしてギネスにも載る位ですから、その楽器一音一音の太さは半端じゃないですね。
ファーストプレスなので、すでに40年たったジャケなので傷つきやすいラミネートはかろうじて持っている。これが状態が良いと結構高値なんですよね。CD等には枠が黒色になっているがオリジナルはゴールドだ。これはジパングを想像した事なんだろうか?まだゲイシャ、フジヤマ、サムライなんて時代だったんだろうね。。
kotaroblo_deeppurple2.jpg
大阪フェスティバル2デイズ、武道館1日で「ミュール」と「Lazy」が武道館テイクですね。私は中学生の頃金欲しさに日本盤の「Live In Japan」とレインボーの「On Stage」を、当時「Music Life」と音楽情報誌業界を二分した「音楽専科」の売りますコーナーに出品して無事奉公に出した経緯があり、その後はこの2枚は意地でも買い直さずカセットテープでやり過ごし、CDリマスター盤や完全版を購入して、1年半ほど前にこのオリジナル盤を手にしました。アナログ日本盤がどんな音出してたかは覚えていませんが、このファーストプレスはぶっ太い爆音を鳴らしています。耳痛い位。私も中学生の頃「ホワイトスネイク」を地元で見た時、デビカバの「カモ~~ン」ってシャウトの恐ろしくでかい音に本当に腰が折れるかと思った位で、この当時オープニングのリッチーのフィードバックを耳が劈く~とのけ反ったジャパニーズが思い浮かびますね。いいなぁこの頃を体験できた世代は。日本人のレコーディングスタッフも曲中に、しかもアルバム用に録ってるよっちゅうのに「ハイウエイ・スター」の途中でチューニングし始めるリッチーに困惑したんじゃない?(あくまでも推測です^^;)完璧型日本人にとっては信じられないアバウト加減。でもリッチー・ブラックモアの用な芸術家は傍から見て無駄な行為とも思える行動、仕草が皆アルバムに置き換えると無くてはならない曲の一部になっている所が天才の由縁なんでしょうね。この頃のミュージシャンには型破れなアーティストが多かった。イアン・ペイスのラディックの最小編成セットに於いても、あの手数多いドラムの音色、イアン・ギランは金切り声だけじゃなく、R&Bボーカリストの上手さも十分に聞けるし、「スペース・トラッキン」でも聞ける、とにかく聴衆の盛り上げ方、まさにリハーサルをやるって来たかのようなアドリブののせ方もまさにライブ盤の真骨頂ですよね。つい先ごろ亡くなったジョン・ロードにはハードロックにおいてのオルガンの使い方教室の様な演奏でしたね~ あのファズの掛かったバッキングこそ縁の下の力持ちで、ソロは流麗にバックは力強くです。 ここ数年でギターがスティーブ・モーズが就任して2回パープル(老)を見ましたがイアン・ギランが痛々しくてたまりませんでした。あの頃の幻影を追い求めて、多分これからも出るであろう完全版よりさらに完全版なCDを待ちたいと思います。
kotaroblo_deeppurple3.jpg 
カバーデザインにもロジャー・グローバーのクレジットがあります。なかなか東洋ぽくて良いですね。ジャケの色と言いライブ・イン・ジャパンの先駆けの頃だったから、意識し過ぎやろ!と言う位東洋チックです。
kotaroblo_deeppurple4.jpg 
made in GB、グラモフォン、Printed & made by Garrad & Lofthouse Ltd です。
kotaroblo_deeppurple5.jpg 
白のmade in GBのインナーバッグ×2
kotaroblo_deeppurple6.jpg 
side1 TPS3511 A-1U Porky 刻印 side2 B-1U Delta Pork刻印 side3 A-1U Pecko刻印 side4 B-1U Peckie刻印
グラモフォンリム↓がファースト、これ以降はEMIリムとなる。中古市場ではEMIリムになるとぐんと 値が下がる。とにかく音がぶっ太い、が音の感想(笑)
kotaroblo_deeppurple7.jpg 

画像が多すぎたのでCDの事は次回にします。
スポンサーサイト

category: Deep Purple

thread: 洋楽 - janre: 音楽

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/43-88e37440
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。