Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

バンド・オン・ザ・ラン / Paul McCartney & Wings  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 


kotaroblog_bor.jpg 
結局早朝5時前に起きて開会式見てしまった..その日の仕事は最悪でした、寝ない様に必死の一日で。やはり噂通りポール出て来ましたね~あの頬の肉のたるみ具合が痛たましいほどお年を取られまして...って世界中でそう思っただろうね。マイク・オールドフィールドが生チュブラーベルを演奏したのもかなりビックリしましたけど。北京の閉会式でジミー・ペイジが登場したりもしてたので、正直、もっとサプライズでロックミュージシャンが登場する事を期待して早起きしたけど肩透しでしたね。映像でごまかされました。オープニングの映像ではフロイドのアニマルズのバターシー発電所にちゃんと空飛ぶ豚まで写っていて、P・フロイドも英国を象徴させるミュージックなんだなぁ~としみじみ思いました。ビックベンの横を通過の際はTime掛かってたし。やはり英国は切っても切り離せないほどロック音楽とのかかわりが深い事を再認識する五輪です。英国最高の輸出品ですものね。
kotaroblog_bor2.jpg
ウイングスの最高傑作との評価の高い「バンド・オン・ザ・ラン」です。ジャケットの写真の他6人はジェームズ・コバーンやクリストファー・リー以外は政治家、TV司会者?、ボクサーあと1人何だっけ忘れました、で訳分からんエキストラと撮るよりはかなりインパクトありますね。特に向かって左端の方が何かを表現してる様で面白い。
ナイジェリアで録音作製されたのでこんな写真なのかな?バンド・オン・ザ・ランで何処まで逃げたんだよ~って感じです。バンド・オン・ザ・ランは名曲ですね~あの展開からあの展開へなんてどうやって作るのだろう?って思いますね。あの霧が晴れたようなあのアコウスティックのコード進行。「Jet」はウィングスで初めて買ったシングル盤で、ジャケ写のポールがあまりにも格好良かったので購入しましたが、当時プログレかぶってた頃もあり、あの安物クサイムーグ音が耳に着き、曲としてはあまり好きではなかったですね。まぁ今でもそんなに好きじゃないですけどね(笑)因みに飼っていた犬の名前らしいですね。ブラックバードのアンサーソング「bulebird」や「Mamunia」等の小曲は良いですね~実にポール・マッカートニーの哀愁がメロディーに乗り移ってて。「ピカソの遺言」はピカソのラストワードをポールなりに面白くアレンジしてます。ジェットのメロディーに乗せたり、「ミセス・ヴァンデビルト」のインパクト大のホ!ヘホ!が組み込まれていたり。こういう遊び心がメガヒット・メロディーメーカーなるものですね。ラストの「西暦1985」も実にポールらしいあのピアノのフレーズ、壮大なエンディング..本当に捨て曲なしの名盤ですが、やはり聞き終えると頭に残るのは「ミセス・ヴァンデビルト」なんですね~実に嵌る曲です。ポールのメロディーはいつでも口ずさめるし、覚えやすいのですが、この曲のようにHo!Hey Hoの様なイレギュラー的な発声とブルージーな展開との対比が癖になりますね。
kotaroblog_bor3.jpg
保護袋の表側には歌詞が印刷。ラストにはピカソのラストワードの引用や解説が。昔ウィングスの特集本で読みましたが、ピカソの遺言はダスティン・ホフマンと食事をして、ピカソの遺言の話をホフマンがポールにした後即興でこんな感じで曲は簡単に出来るんだ、と言ったノリであっさりこの曲を作って、ホフマンはえらく感動した、という話を読んだけど、こんな話いっぱいあるんでしょうね。
kotaroblog_bor4.jpg
このアルバムは英国オリジナル初盤もので、ポスターも完璧に綺麗に残っていて、これをみるとレコーディング風景が感じられる。劣悪だったらしいが楽しそうだ。黒人の人も数人写っている。
kotaroblog_bor5.jpg
YEX929-1 3GPA YEX930-1 3GMOの両面マト1.よくマーケットではラウドカットと呼ばれているが、他のマトとは聞き比べた事が無いので分からないが、ベースのブンブン感は半端ではない。音が太い感覚は強いと思う。市場ではこのマト1とマト3が非常にハイプライスです。



スポンサーサイト

category: Paul McCartney

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/36-a1b39921
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。