Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

RAM~DXエディション もうすぐ五輪だからかな?  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 


kotaroblog_ram.jpg 
まだ1ヵ月もあるのかぁ~なんて言ってたロンドン五輪がもう始まる。なでしこがトップを切ってカナダと一戦交える。そう、テレビではキックオフ40分前にもう中継が始まってます。それを横目に開会式にはポールが「ヘイジュード」を歌うと言う噂を期待しながら昨年から随時発売しているポール・マッカートニー・アーカイブコレクションの「R AM」DXエディションを回してます。最近流行りのグッチャグッチャオマケ付けて1~2万円で売ってるスーパーDXエディションではありません。まぁオマケやDVD要らないよと言う人向きに色々出てて、各自選べるので文句はないか。これはRAMのリマスター盤と、アナザーデイを含めたシングルB面や未発表曲を収めたボーナスオーディオ盤の2枚組で、日本盤はSHM-CDとなって3,800円です。
kotaroblog_ram2.jpg
デジブック仕様の様な装丁で、ブックレットが貼り付けてあります。この写真なんかいいですねぇ。
kotaroblog_ram1.jpg
kotaroblog_ram3.jpg 
まぁこの頃のポールの楽曲にはジョンをあからさまに批判した様な歌詞が多く、ファンを推測の谷に陥れて喜んでいたのか(笑)やきもきさせましたね。私はとかく「バックシート・オブ・マイ・カー」が好きでよく聞いてましたね。ジョージ・マーティンが書いたスコアも素晴らしいし、キャリー・ザット・ウエイト的な感動に飢えてた時にすっと入って来た楽曲でもあります。このリマスターもなかなかで、アンクルアルバートなんてえ、今まで聞いてたのと違う?と初めて回した時には感じました。リンダの高音コーラスにも照準が置かれているので今までのものよりかなり2人のコーラスに耳が傾きます。
すでにマッカートニーやⅡやバンド・オン・ザ・ランは出てますが、今後ウィングスの3作が出るようですが、私はオーバーアメリカは絶対に行くつもりです。ずっと、ずっと 3枚組LPで聞いてきましたし、リマスタリングされた音も聞きたいですしね。スーパーデラエディでも行くぞ!2万か!3万か!(--#
kotaroblog_ram4.jpg 
赤い方はボーナスディスクで「Another Day」を含めたB面未発表曲集です。「Another Day」は私が中二の頃の淡い初恋(?)時代の頃に聞いてた(グレーティストヒッツで)ので、今だ聞くと胸がキュンとしちゃいます(笑、^^;;;) 孤独に働く女性のいつもと同じ一日、という切なくブルーな歌詞から来る淡く切ないメロディーが今でも胸を締め付けますね。この1曲だけでもこのボートラの価値あり<私は。
kotaroblog_ram5.jpg
私の主要CD機に光端子が付いてますので例のビクターSU-DH1に繋いで聞いています。
kotaroblog_ram6.jpg
マルチチャンネル音声ではないのでドルビーPLⅡが点灯していますね。音響ポジションはミキシングルーム程度の広さの残響を選びました。(自動にMusic ポジションに変わります)これを通さずに聞くとポールの歌声は両耳を結んだ顔の真ん中で鳴っているような印象ですが、これを通すと頭上少し前位から(丁度ステージがあるとしたらその中央位の位置付け)ボーカル、シャウトが聞こえます。楽器とのバランスも良くなりやはりこれを通した方がすんなり聞けますし、音質も良くなって聞こえますね。しかしベースの音圧が半端ないな~まぁBOSEのヘッドフォンと言う事もあるけど。

さぁなでしこ今丁度キックオフになりました!
開会式、日本時間午前5時...どうしようか。土曜日は仕事だし...頑張れ日本。
 


スポンサーサイト

category: Paul McCartney

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/35-f0dd25de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。