Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Leon Russell ~今年も大物が旅立ちました(T T)  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓
ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!


kotaroblo_russell1rd.jpg

Leon Russell 1970年
今年も沢山のミュージシャンがこの世を去りましたね。ボウイ、グレン・フライ、モーリス・ホワイト、ジョージ・マーティン、キース・エマーソン、プリンス、冨田勲、ピート・バーンズ、グレッグ・レイク、ジョージ・マイケルなどなど...60,70年代に活躍した大物が次々と旅立ってしまいました。このアルバムのレオン・ラッセルもその一人。私は高校生の頃、レコード数千枚所有のロック好きの先生にバングラデッシュ・コンサートをテープにダビングしてもらい、その時にレオン・ラッセルを色々教えて貰った想い出のミュージシャンなので惜別の思いも一入。
A Song For Youの切ないメロディがより切なく聞こえます。
kotaroblo_russell2rd.jpg

実にミュージシャンズ・ミュージシャンで、カバーされること数多く、このアルバム他でもマスカレードやスーパースターなどソングライティングでも才能は認められている素晴らしいミュージシャンだ。風貌もそうだけど、その演奏スタイルは怪演で感情の全てをぶつけるようなスタイルは記憶にも残る。このアルバムはスワンプ色満載だったり、それでいても優しいメロディを持った曲もあり多彩である。
若すぎるし、早すぎる死にショックだった。

kotaroblo_russell3rd.jpg 

AMLS 982 A1*T

kotaroblo_russell4rd.jpg

AMLS 982 B1*T
英国オリジナル盤



2017年も変わらずゆったりやりますので宜しくお願い致します。m(_ _)m

スポンサーサイト

category: Leon Russell

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/221-fd15fa4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。