Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Betles1とラバーソウルのラウドカット  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!


kotaroblog_beatles1.jpg


先週の日曜日に結局我慢できずに購入してしまったBeatles1。タワレコ近くに行く用事があったのでつい寄ってしまった。色々月末の支払いが溜まっていて(--;躊躇していたものの、ビートルズの映像ってありきたりなものしか見てないので、今回HDリマスターなのでそちらを目当てに..と思っていてもいざ売り場へ行くとブルーレイ、うーんCDもSHM-CDがええ!って事で結局万越えのバージョンで。

kotaroblog_beatles1_cd.jpg

kotaroblog_beatles1_bray.jpg

収納はこんな感じ。もう2度ほどブルーレイ見ましたが未だCDは未聴です。

kotaroblog_beatles1_2.jpg

間にブックレットが挟まれて各映像の解説が英語で書かれているのだが、勿論日本盤にはその和訳が付いている。これは私には必須だが正直これ見ながらは見ていない。


kotaroblog_beatles1_book.jpg


こんな感じ。でもこのブックレット見難くないかい。CD収納の表紙ケースが重くて広がらない。
映像は勿論見たことあるものが多いが、この時代の映像にはあり得ないほどのクリアー映像で、彩度くっきり輪郭ハッキリ驚くほどのリマスター力だった。巷では有名なのかもしれないが、私は初めて見たハード・デイズ・ナイトのパリのライブには興奮したし、デイ・トリッパーのバージョン違いには笑ったし、I Feel Fineのいきなり皆でファーストフードをむさぼっているPV?なんか面白かった。この手のものは結構複数回は回さないのだが、これは盆正月には見ていそうだ(笑)ブルーレイにはよくあるジュークボックスと言う機能が付いていて、自分で曲順を構成できるおまけ付き。まぁ今回はこの映像が売りなんだろうけどね。

kotaroblog_rubbersoul.jpg 

先月、今月はジョージとジョンの命日と言う事でネット周りではソロだのビートルズで盛り上がっていたので、私も御多分に洩れずレコード引っ張り出していた。1965年にリリースされたビートルズの中でも分岐点となった革新的なアルバムではなかろうか。非常に好きなアルバムであるのは私が生まれた年のリリースアルバムだから。50年も前にこんな凄いアルバムを作る先見性、未だ古さを感じさせない曲作り、録音技術って何だろう?返ってデジタリーな方が陳腐な音に錆びれていく証拠ではないかな?次のリボルバーでさらにその技術は発展していくが、その辺まではやっぱりモノラル盤が良いと思う。やはりモノラル主流の時代、ミックスもモノラルで聞いた時の事を焦点に絞って作られているからね。

kotaroblog_rubbersoul2.jpg

フリップバック仕様。表コーティング、裏はコーティング無し。Garrod & Lofthouse社製。


kotaroblog_rubbersoul_lab1.jpg



kotaroblog_rubbersoul_lab2.jpg


UKオリジナルMONO、両面マト1のいわゆるラウドカット盤。この盤は一度脚下されかけたものが、クリスマスシーズンに間に合わせるために復活プレスされたものなのでプレス数も多くないはず、なので2015年現在は状態の良いものは値段が高騰している。音圧が高く音が大きく迫力がある。まぁ何せ1曲目がDrive My Carなのでベースがブンブン唸っている。バランスがどうのこうのより迫力サウンドはこの盤だけならマト5辺りまでの盤を買い揃えると色んなバージョンで聞けるかと...お金があればの話ですが...



スポンサーサイト

category: Beatles

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/210-2a3379f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。