Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

RED / King Crimson   

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!


kotaroblog_kc_red.jpg 
1974「RED」 / King Crimson
クリムゾン来日記念で今度はREDです。ジェネシスじゃないけどそして3人が残ったのか追い出したのか、抜けていったのか。ただこのアルバムではデビッド・クロス、メル・コリンズ、イアン・マクドナルド、そして「Islands」で参加したオーボエのロビン・ミラーやコルネットのマーク・チャリングまでゲスト参加している。初期メンバーであるイアン・マクドナルドを入れカルテットでと言う話もあったが突如解散宣言してしまう。この黒いジャケもレコード・ジャケでメンバーの写真を初めて使ったのも後から思えば解散する気だったのか?と憶測を呼んだ。2014年のオルフェユムのライブでもRED、再び赤い悪夢、スターレスなどセットリストに上がっている事を見ればフィリップにとっても最終で集大成なアルバムだろう。
kotaroblog_kc_red2.jpg


レベルオーバーしている所だけ赤が使われているのがインパクトで、バンドとしてのオーバーヒートを表しているのか。1曲目のタイトル曲「RED」はフィリップの得意技ディストーションを効かしたロングトーンのフレーズにリフ...技術的には全く複雑ではないこの旋律が21世紀の精神異常者に匹敵するくらいのクリムゾン感でして、フィリップ翁の生まれ育ち、生活、思想、感性からしか生まれないフレーズが魔力だ。ただ2曲目「Fallen Angel」ではやっぱりウエットンだなぁと思わせる、こんなにメランコリックにこのアルバムで歌い上げられる人はこの人しかいないあでしょう、3曲目「再び赤い悪夢」ではビル・ブラッフォードのパーカッションはイエス時代のそれとは全く異なるテンションであり、同時にウエットンのボーカルがロックしている。フィリップが完全に信頼を寄せる3人ががっちりとプレイすると隙間がない。各所に配置されているクロスのヴァイオリン、マクドナルドのアルトSax、メル・コリンズのソプラノSax、ロビン・ミラーのオーボエ、マーク・チャリングのコルネットがプログレの最終系を表現している。B面も凄いの一言。D・クロスのヴァイオリンから始まる「Providence」はレッドメーターに差し掛かるのを押さえながらのインタープレイが余計に生唾ごっくん、手に汗である。ここでのビル・ブラも凄いな~ファズの効いたベースをかき鳴らすウエットンベース力も凄い。この手の曲は正直よく分からないが凄い。最終「Starless」静寂から怒りに変わるような激しく燃え盛って散りゆく、何か切ないような怒りに満ちているような、如何にもフィリップの手法だ。元々Starless and Bible Black(暗黒の世界)にこのままのタイトルで収録される予定が急遽脚下になり、タイトルを半分削ってここに入ったが、それは良かったのか?な。衝撃なデビューを飾った宮殿よりは華やかさは無いものの、聞けば何度聞いても必ず衝撃を受ける名盤。

kotaroblog_kc_redhikaku.jpg 

向かって左は初期の邦盤左はUKオリジナル盤。実は英国初期盤は真っ黒でなく艶消しの黒でつるつるにコーティングされた紙質のジャケである。UK盤はPrinted in England by Robor Limited

kotaroblog_kc_redin.jpg

ブルーのislandレコードCSが付属。

 kotaroblog_kc_redlab1.jpg 

ILPS9308 A-3U


kotaroblog_kc_redlab2.jpg 
ILPS9308 B-6U 


UKアイランドオリジナル。このマトが初期のようだ。これ以上の若いマトの出品を見たことがないので。
邦盤は音の境界線がぼやけているので音の広がりに欠けている。特にパーカッションの奥行きが感じられない。ただやたらと音がデカい。同じポジションでもUK盤よりもパワフルだがうるさく感じる。UK盤は落ち着いているしメロトロン、サックス、オーボエなどが交わっても立体感があり心地よいし、ビルブラのパーカッションの細かい所もはっきり聞こえる。スターレスは邦盤と比べてもずば抜けて綺麗な音がしている。


スポンサーサイト

category: King Crimson

tb: 0   cm: 1

コメント

葬式に掛けてくれ!

初めまして、札幌のpopontaと申します。

かなり好きです。このアルバム。
発売から40年以上になるのでしょうか?

全く色褪せなしです。popontaの中では。

popontaの通夜には少なくとも' STARLESS'だけはかけて欲しいと思ってます。

そうしてもらうため、この曲の終盤のように人生を激しいものにしなければならない。
今のまま、のほほんとした日常を過ごして死んでしまっては、フリップ先生に申し訳ができない。

「そんな人生でこの曲を葬式で使わんでくれ」と言われないためにも。

またお邪魔させて頂きます。

お暇があったらpopontaのブログも覗きにきてくださいね!m(_ _)m。

URL | poponta #JfQHE9vw
2016/02/11 14:20 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/209-9a9e977c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。