Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

FREE / Heartbreaker  


ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!


kotaroblog_fre_hb.jpg 

Free / Heartbreker 1973年
ゲイリー・ムーア繋がりでフリーのラストアルバムとなったハートブレーカー。ラストにして大ヒットした「Wishing Well」のオリジナルが入っているアルバム。 ドラッグにおぼれたコゾフを何とかしようとコゾフ・カーク・テツ・ラビットにP・ロジャースが乗っかって作製されたが、やはりドラック依存のコゾフは全曲ギターを弾けず、スナッフをゲストとして1曲、後は自ら兼任している。コゾフ・カーク・テツ・ラビットが主体となっているので以前のフリーの感じとは違うが、辞めるのは惜しいほど楽曲が良いし、B面ラストの「Seven Angels」の様な壮大な曲も実に良い。


kotaroblog_free_hb2.jpg

やはりこのアルバムの最大のヒットとなった「Wishing Well」は、単調なリフがメインの曲だがフリーの中でも率直に食いつけるポップな曲。ギタークレジットが無いのでロジャースが担当してる風なのだが、所々入るギターがコゾフぽい音がするのは弾いてるのだろうか?ゲイリー・ムーアよろしくキメのソロを入れてもらいたかったが..ドラッグでヘロヘロだったと言うがA面2.4曲目に弾いているソウルフルな泣きのソロはグッと来るものがあるのだが。ラビット(コンポーザーのクレジットはジョン・バンドリック)の曲だがB面1曲目の「Muddy Water」は名曲です。総合すると最後なのにこんなツボなアルバムを作って勿体ない...がこの後バドカンを結成するのだからしょうがないか、です。コゾフは心不全で亡くなりましたが、ロジャースはクィーンと、他のメンバーも音楽関係やっているようですが、山内テツは完全に引退したようです。
islandレコード、Robor製ジャケ。

kotaroblog_fre_hbin.jpg

kotaroblog_fre_hbin2.jpg

歌詞入りのインサートが付く。

kotaroblog_fre_hblab1.jpg

ILPS 9217 A-2U (STERING刻印あり)

kotaroblog_fre_hblab2.jpg

ILPS  9217 B-2U (STERING刻印あり)

kotaroblog_fre_hbmat.jpg 

手書きのマトA-1 B-1の1を横線で消して、マシンタイプのA-2U B-2Uを反対側に打ち込んである。1を消しこんでの2Uなのでこれがファーストプレスだろう。音質的には少し靄が掛かったような籠りがちではあるが、楽器の線が元々極太(笑)なので結構な音圧である。ただ好きな音質ではない。

スポンサーサイト

category: FREE

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/205-2476403b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。