Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Bad Company / バッド・カンパニー パート2 ~音質は日本盤が一番良い  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!


kotaroblog_bc_uklabel.jpg  

ILPS 9279 A 1U

kotaroblog_bc_uklabel2.jpg 

ILPS 9279 B 1U

英国盤はアイランド・レコードの製造、販売なので iマーク入りのオレンジレーベル。「キャント・ゲット・イナフ」のカウントから来るドラムの音からメリハリのあるサウンド。ラルフスのギターはガリガリな尖ったサウンドではなく、ハーフトーンを生かした音なのでハードロック系の音でなくブルース系の軟らかい音だ。ボズ・バレルのベースもしかり、ブリブリな音ではなくフレットレス特有の丸みのある音がしている。英国盤ならではの音質。
kotaroblog_bc_uslabel.jpg

ST-SS 743137 E

kotaroblog_bc_uslabel2.jpg

ST-SS-743138 F

米盤はZEPでお馴染みのスワンソング・レーベル。
意外にも英盤と遜色ない音質。他の米盤の特徴として低音ブリっと高音シャリっと迫力サウンドのイメージがあるがそうでもない。ジャケやレーベルデザインが違うので2枚持っていても、英盤、米盤でも輸入ものならどちらでも良いかな...と思ったら...



kotaroblog_bcjaplabel.jpg 

ILPS 9279 A 1U

kotaroblog_bcjaplabel2.jpg 

ILPS 9279 B 1U

kotaroblog_bc_japmat.jpg 

レココレ情報だと東芝EMIが英アイランドから初期のマザーを輸入してプレスされたらしい。その証拠にマトリックスを見ると英盤と同じ刻印が打たれている。(上画像)ビックリ。鮮烈な音がすると書いてあったので半信半疑聞き比べると、拙のオーディオでも分かる位音のラインがくっきりしている。もうカウントから違いますぞ!この日本盤のファーストプレス、先日ハードオフで帯付、丸ステッカー付きで250円税込で売られていた。間違いなく邦盤ファーストをゲットせよ!




スポンサーサイト

category: Bad Company

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/200-8a16745c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。