Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

キング・クリムゾン / Live At The Orpheum ~復活も物足りな過ぎ..新譜は期待。  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!


kotaroblog_kcorpheum.jpg 
昨日、仕事から帰ったらこのレコードが到着していました。
(皆様が拙ブログよりポチッとアフィリして頂いたおかげですm(_ _)m感謝申し上げてしっかりご紹介させて頂きま。)
再始動したキング・クリムゾンの2014年9/30と10/1、ロスのOrpheumシアターでのライブ盤のアナログ。勿論CDも出てますががあえてLPを注文しました。
ちょっとこの2日間のライブのセットリストをネットで調べてみました。下記

2014 Sep 30                                                  2014 Oct 1

Larks' Tongues in Aspic,P1                             Walk On : Monk Morph Chamber Music
1.One More Red Nightmare                             1. 
Larks' Tongues in Aspic,P1
2.VROOOM                                                      2.
Pictures of aCity
3.Coda:Marine 475                                          3.
A Scarcity of Miracles
4.A Scarcity of Miracles                                  4.
Hell Hounds of Kim
5.Pictures of aCity                                          5,Red
6.Level Five                                                   6.VROOOM
7.Banshee Legs Bell Hassle                            7.
Coda:Marine 475   
8.The ConstruKction of Light                           8.
Banshee Legs Bell Hassle  
9.Red                                                            9. 
The ConstruKction of Light 
10.The Letters                                               10.Level Five
11.Sailor's Tale                                              11.The Letters
12.The Talking Drum                                      12.
Sailor's Tale    
13.
Larks' Tongues in Aspic,Part 2                   13.The Light of Day
14.Starless                                                    14.The Talking Drum
Encore:                                                         15.
Larks' Tongues in Aspic,Part 2  
1Hell Hounds of Kim                                      16.Starless       
2.21st Century Schizoid Man                          Encore: 
                                                                                           1.21st Century Schizoid Man 


このリストから編集されチョイスされたのがこの7曲
Side One
1. Walk On : Monk Morph Chamber Music
2.One More Red Nightmare   
3.Banshee Legs Bell Hassle
4.The ConstruKction of Light  
5,The Letters   
Side Two
1.Sailor's Tale 
2.Starless

トータル40分強のお試しセット編集盤というイメージが強い。この布陣で活動していくにあたっての純粋な前宣伝ならまだしも、これは完全にフィリップの企みとしか思えない。現にこのライブの全容が気になって仕方がない。このセットであれば2枚組で行くしかないだろう、物足りないのもほどほどである。内容に関しては「再び赤い悪夢」は良いですね。まぁ言っても仕方ないのだが、ギター兼ボーカルのジャッコ・ジャコスジクはどうしてもウェットンのボーカル曲には合わなく甲高く細いがその分演奏がカバーしている。実に良かった。好きなメル・コリンズのオールパートも相変わらず安定していて素晴らしい。The Letters、Sailor's Taleの「Island」からのセットもスタジオと比べてもより洗練されているし、やはりラストの「Starless」はもっと崩してくるのかと思えばスタジオテイクにかなり忠実に演奏されていて、「USA」よりも音質が近くクリアな分良かった。(悪いけどボーカル以外は)となれば「Red」も「太陽と戦標パート2」も「トーキング・ドラム」も合わせてのワンステージの臨場感だと思う。

kotaroblog_kcorpheum_in.jpg 

この内ジャケのフォトグラファーはトニー・レヴィン。センターの写真はステージ上から撮られたものだろう。端の6枚の写真は非常にリラックスした写真で、右上の満面の笑みはロバート・フィリップ。滅多に見られない貴重なショットだ。左上のギターは”宮殿”のジャケ絵がペイントされているジャッコの使用ギター。
このステージは2段あるステージで、前面の一段目には3ドラムがセットされていて、後段にはメル、ジャッコ、トニー、フィリップ先生となる。面白いのは前列と後列のミックスが別と言う事。ドラムのミックスはGavin Harrisonが、後列はジャッコとフィリップがミックスを担当している。



kotaroblog_kcorpheum_0dust.jpg 

最近はこういうニュープレスのLPレコードを聞く機会も増えたけど、新品とは言えどうしても帯電してしまうのでこのLPレイザーで軽減してあげます。まぁ本格的なマシーンによるものではないので絶大な効果とは言えませんが、やはりそのプチパチ度は違います。


kotaroblog_kcorpheum_l1.jpg

DGMLV1 A-1(手書き) John LOUDの刻印あり

kotaroblog_kcorpheum_l2.jpg

DGMLV1 B-1(手書き) John LOUDの刻印あり

英国盤の200gの重量盤。マスタリングはJohn Dentで LOUD Masteringとクレジットされている。その刻印もあり。音質はとても音がクリアで綺麗だが、ん~どうも出力が弱いしそれでイマイチ迫力に欠ける気がする。ラウド・マスタリングなんて書いてあるのに(笑)まぁこのアルバムの意味合いがどんなものかよく分からないので鬼気迫るド迫力なんてコンセプトに無いのだ、とフィリップ大先生に言われれば分かりました!と思うしかないのだが。昔からクリムゾンを聞くときはそう言う姿勢で聞いてきたからね。
どうしても聞かなきゃというまで行くかどうか..新譜は多分今後出るだろうからそれを待つか、正直このライブを聞きたいと思うにはCDやDVDフォーマットでコンプリートバージョンを追加出して欲しい。その場合はCDで購入したい。



スポンサーサイト

category: King Crimson

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/188-ab3e35e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。