Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ピンク・フロイド/ The Wall   

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!



kotaroblog_pfwall.jpg

Pink Floyd / The Wall 1979年
1977年のツアー、モントリオール・オリンピックプールでのライブで、ロジャー・ウォーターズは観客との間に壁を感じたと言う。客が求めているものと自分が思う音楽との間の壁だと言いそれがこの一大コンセプトに繋がっている。D・ギルモアも有名になればなるほど、大きくなればなるほど壁は大きくなっていくのを感じる、とインタビューで言っているのを読んだことがある。正直そのコンセプトは分かるが日本人で、しかも当時中学生の私には、この2枚組を初めて聞いた時には何を言いたいのかは全くチンプンカンプンだった覚えがある。ただ丁度深夜ラジオを聞き始めた年頃の私は、連夜結構なヘビロテでラジオソースに乗っかる「Another Brick In The Wall Part2」の一度聞けば鼻歌になっちゃうシングルヒットに夢中になって聞いた覚えがある。ギルモアとの共作は3曲程度で、あとはロジャー・ウォーターズとプロデューサーのボブ・エズリンが作成している。この手のコンセプトアルバムにしては意外にすんなり聞けてしまうのは重軽の対比がうまく、かなりドラマテックに音作りがなされている所だろう。この辺はボブ・エズリンの手腕ではないだろうか。いきなり「In The Flesh?」の重厚なギターサウンドに掴まれた人は多いのではないか。まさにミュージカルのオープニングでこのイメージとアナザー・ブリック・イン・ザ・ウォールのイメージでストーリーが進んでいく感じ、この辺の対比が上手く嵌っていると 思う。当時アナザー・ブリック・イン~P2のギターソロを羨ましく聞いた。こんな音が出せるギター・リストはD・ギルモアしかいないなと自覚したものだった。このアルバム全てにおいてギターサウンド・メイキングは素晴らしく、特に彼の代表作でもある「Comfortabry Numb」での終盤のギターソロは何度聞いても引き付けられるしあの表現力は真似できない上手さがある。ロジャー・ウォーターズがシド・バレットとの関係を「炎」のクレージー・ダイアモンドでその思いを乗り越えたという一節がこの曲にはあるが、基本的にやはりシドをリスペクトしたり距離を置いたりとその思想にはシド・バレットの影がずっとあったのだろうね。何かこのアルバムで壁を壊すことで全て吹っ切った思いも込められているのではないかなぁ、なんて思う。(なんてね)基本的にはロジャー・ウォーターズの作る曲は暗い背景を背負った陰鬱なものが多いがアコウステックなものが多いのが特徴だと思う。ここでも「Mother」や「Hey You」など。 このコンセプトは、ボブ・ゲルドフ主演によって映像化されており(監督はあの鬼才アラン・パーカーだが私には分かり難かった(><))、1990年にはベルリンの壁崩壊時期にもロジャー・ウォーターズが壮大な舞台セットを使いその全てを再現している。

因みに画像のタイトル文字のステッカーは取り外し可能のセルロイド製のものが付属。表ジャケには一切の文字が印刷されていないのでこのステッカーが代わりとなる。


kotaroblog_pfwall_in.jpg


イラストはGerald Scarfeで彼の代表作となっている。実にファンタジックなイラストでより一層このアルバムのイメージを膨らませる効果に一役買っている。ステージでもオブジェが活躍している。昔からこの絵を見ると不思議の国のアリスの世界を連想してしまう。あの絵本のイラストもこんな幻想的な絵だった気がする。


kotaroblog_pfwall_cre.jpg

初期ジャケットのゲートホールド内にニック・メイソン、リック・ライトのクレジットが表記されていないのが初期ジャケとなる。後発ジャケはここにメンバーのクレジット、Produced by david gilmour~の所が違う。

kotaroblog_pfwall_iner1.jpg


kotaroblog_pfwall_iner2.jpg


kotaroblog_pfwall_iner3.jpg

kotaroblog_pfwall_iner4.jpg

角丸のインナーバッグが初期。

kotaroblog_pfwall_cre2.jpg
garrad and lofthouse製。右端にあるSHDW411 OC-15863410 SHSP4111の表記が初期マトのものとは違う。初期のものはSHDW411➀のみの表記なのでこれはセカンドプレスの部類かもしれない。もう一枚のものは初期プレスのものと同じだった

kotaroblog_pfwall_label1.jpg

SHSP 4111 A-3U TML-M刻印あり

kotaroblog_pfwall_label2.jpg

SHSP 4111 B-2U TML-M刻印あり

kotaroblog_pfwall_label3.jpg

SHSP 4112 A-3U 

kotaroblog_pfwall_label4.jpg

SHSP 4112 B-2U TML-M刻印あり

画像のものは3U2U3U2Uのもので、2U2U1U2Uや1U1U2U1Uのものがあると聞いたのでセカンドプレスの部類みたい。レーベルのイラストも各面違うので結構視覚的に楽しめる。私はこのアルバムはリアルタイムだが2枚組で手が出ずずっとテープに落としたものを聞いていたし、CD類も買わずにこのオリジナル盤が初のLPとなったので、音質の違い的な事はよく分からない。ただ冒頭のSEからあのギターリフの重厚感は迫力満点で、今日も大音量で聞いたら素晴らしい音質だと思う。巧妙に使われているSEのリアルな雰囲気や、繊細なアコウステックの音まで多角サウンドの宝庫なのでオリジナル盤で楽しみたい。




スポンサーサイト

category: Pink Floyd

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/187-1143c6de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。