Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

エルトン・ジョン / グッバイ・イエローブリック・ロード(黄昏のレンガ路)  

div style="text-align: left;">ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!

kotaroblog_ej_yellow.jpg
1973 Goodbye Yellow Brick Road(黄昏のレンガ路)Limited Edition 2LPset Yellow Vinyl
泣くに泣けないネットオークションでの失敗例。
元々このアルバムは通常盤(黒盤)を所有していたのだがイエローワックスが欲しくなって、ある日ヤフオクに開始価格335円で出ていて、締切あと半日位で入札なし。このアルバムのイエローワックスは業者でも高くて8,640円位、ジャケに限定版のシールが貼ってある盤でもある所では3,800円位で売られていたので一応4000円で入札しておこうかなぁと...入札した場所が悪く車の中。勿論信号待ちで(^^;入札したが、信号が青だったので慌てて入札したらなんと40,000円と桁一つ間違えて入札してしまった。まぁそんなにもレア盤でないので思惑通り落とせるかなと思っていて、その日の終了時間は忘れてしまってあくる日の朝に落札価格を見てみると何と19,000円!!!
で落札されているではないか!(号泣)どこかのばか誰かがよほどレア盤かと思ったのか何度も入札を繰り返しているではないか。この出品者様は昔から購入している方なので信頼はしているし、どうもオークション初心者にやられたみたいで。是非とも入札の際は色々他サイトを調べるなり研究してからやって欲しい。オークションの方が高くなる事もよくあるので。まぁ打ち間違えた私が悪いのですけど..皆さんもくれぐれも入札の際は慎重に。こういう事も稀にありますから。19,000円あったら結構なレア盤買えたなぁ(T T)

で、気を取り直して。エルトン・ジョンの最大のヒットアルバム。タイトル曲は「Your Song」に匹敵する代表曲。前回投稿したアルバム「Elton John」よりはかなりバンド色を打ち出してきており、やはりロック色がハッキリしている。初の2枚組だが曲調がかさばらない曲順で何回聞いても聞きあきない。特にサイド1から2の構成は見事で飽きない。このアルバムからストリングスアレンジがポール・バックスターからデル・ニューマンに変わっているが、これ以前のアルバムよりもその辺は軽くなっているがエンターテイメント性が強くなっているので合っているのかなぁと思う。1曲目はもトップに置くしかないだろうと思われるメドレーの曲で、「葬送」と言うインストからARPシンセとギターが印象的なプログレ要素のある曲から始まる。私も知らなかったが売れない時代にキング・クリムゾンとジェントル・ジャイアントのオーディションを受けて落ちている経緯もあるそうだ。このアルバムを好きな要素の一つに「キャンドル・イン・ザ・ウインド」が収録されている事。最もエルトン・ジョンの中で好きな曲で、かなり多くのミュージシャンがカバーしているが本家のこのアレンジは完璧だ。ピアノの旋律、邪魔しないほどのギター、他バンドアレンジ。余計にストリングスが導入されていない所もガス・ダッジョンの功績だろう。こんなに良いバラードはポール・マッカートニーにも匹敵するほどの出来。説明するまでもないけどノーマ・ジーンはマリリンモンローの本名で、後にはダイアナ皇太子妃の追悼曲としてリメイクされた。やはり同じ数奇な運命を辿った女性を描けるのは元曲が素晴らしいからだろう。英国ではB面扱いだったがアメリカではシングル曲に格が上がった「ベニーとジェッツ」もシンプルながらもエルトン・ジョンらしい繊細さがあって妙に頭にこびりつく曲。疑似オーディエンスも地味ながら妙に合う。他ステージでは定番の「土曜の夜は僕の生きがい」や「スィート・ペインテッド・レディ」など、ラストの「ハーモニー」でドラマテックに終わる。


kotaroblog_ej_yellowop.jpg
kotaroblog_ej_yellow3.jpg

ジャケットは屏風開きの3面ジャケで、表カバーのイラストはIan Beck。

kotaroblog_ej_yellowhi.jpg 

向かって左が限定イエロービニール、左がブラック/イエローレーベル。色合いも黄色色が強い。

kotaroblog_ejyellow_1or2.jpg

原盤のカタログ・ナンバーはDJLPD1001なので、イエロー盤はDJE29001と再発限定盤ナンバーになる。内ジャケの表記も画像の様に違っていて、背ジャケの右上には限定イエロー盤のみナンバーが表記されている。
kotaroblog_ejyellow_ylabel1.jpg

DJE-29001-A3 Yellow-Limited-Edition(手書き)Strawberry刻印あり

kotaroblog_ejyellow_ylabel2.jpg

DJE-29001-B3 Yellow-Limited-Edition(手書き)Strawberry刻印あ
kotaroblog_ejyellow_ylabel3.jpg

DJE-29001-C3 Yellow-Limited-Edition(手書き)Strawberry刻印あり


kotaroblog_ejyellow_ylabel4.jpg

DJE-29001-D3 Yellow-Limited-Edition(手書き)Strawberry刻印あり
画像では上手く色合いが出ていないが、このビニールの黄色は非常に綺麗で鮮やか。

kotaroblog_ejyellow_inner.jpg

限定盤はMade in Great Britain表記のインナーバッグ。セカンドプレスはMade in England表記のインナーバッグが付いていた。


kotaroblog_ejyellow_blabel.jpg 

この盤はセカンドプレス?ブラック/イエローレーベル DJLPD 1001 A3 B2 C3 D2のマト。もっと若い数字があるのかな?
2014年の4月にレアなライブCDとドキュメントDVDが付いたボックス、4SHM-CD+DVDのスーパーデラックス・エディションが出ている。

スポンサーサイト

category: Elton John

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/186-9840cc41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。