Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

レコードの静電気にはこれで一発解消!ゼロダスト LP raiser  

kotablog_lpraiser.jpg 
昔からLPレコードの大敵は、あのプチプチ、パチパチの帯電、静電気、埃でしたよね。ナガオカのスプレー買って思い切りシューとしてもそんなに効果が無かったような...2年前にネットでONZOW Labo(オンゾウ ラボ)から発売されているLP raiserを使ってからはその辺のイライラが少し解消されました。何が優れているかと言うと、その静電気の除去率。ほぼ静電気は無くなります。しかも一度液をすりこめば再帯電する事が無いと言う優れモノ。しかも3,000円前後で買えるコストパフォーマンス。さすがにプチプチ。パチパチは静電気だけが原因でないので、埃の一粒まで取り除けるかと言うとハッキリ言って無理です、しかし中程度の汚れや、古いレコードの再生には十分でしょう。最近漁盤した時に500円で救出したFacesの「Long Player」のグリーンレーベルの米盤でやってみましょう!
kotablog_lpraiser2.jpg
専用のクロス(予備にもう一枚付いているけど、洗って干せば何回でも使えるクロスです)にわずか1滴たらして、反時計回りにレコード盤面に擦り込んでいきます。1滴で足りる?と思われるでしょうが、これが結構もちます。酷い汚れにはもう1滴加えます。作業はわずかこれだけで1分程度で終了です。しかも乾かす事も要らずすぐにプレイ出来ます。

kotablog_lpraiser3.jpg
保護袋にも入って無く、ジャケにそのままインされて、相当の年月経っていたようでかなり帯電されて埃や少し盤面にも汚れが付着していましたが、これこのように虹の様な輝きが..ま、まぶしい、レインボーです。次回より埃の付着は相当軽減されます。勿論ノイズも軽減されるのでこの作業の楽さから言えば圧倒的な効果と言えますね..いえいえ業者の回し者じゃないですよ。

kotablog_lpraiser4.jpg 
セットで買えばよりレコードに優しい、これもオンゾウラボのスタイラスクリーナーです。刷毛状のもので針にペロペロの時代はもう古い。このゼリー状のスタライスクリーナーなら半永久的に使えるし、針先の細かい埃、汚れも取れます。買う所によって値段はマチマチですが2,000円前後と効果を見ればなかなかのGoodコストパフォーマンスです。洗えば何度も使えます。
 
kotablog_lpraiser5.jpg
針先をゼリーの山に当てるだけで、このゼリー部分に汚れが付着するので針先は綺麗になります。この手軽さね。勿論アンプの電源オフかセレクターはoffにしておましょう。


kotablog_lpraiser6.jpg 
この蓋がルーペになっていて針先が鮮明に見えるようになっています。写真なのでハッキリしませんが、かなり鮮明に見えます。

何万、何十万のクリーナーは到底買えないので、これ位のクリーナーで十分対応出来ますよね。あきらめていたレコードが素晴らしく蘇るこの喜びは何事にも変えられません..です。しかしこのコストパフォーマンスは素晴らしい!



ちょっと気になっているドイツ製のクリーナー DISCO-ANTISTATです。1万チョイなので購入を検討中。
ひどい汚れや、溝の埃を落とし、盤には輝きが戻るそうです。↓
スポンサーサイト

category: オーディオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/18-3d808129
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。