Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Revolver のUKモノとステレオ~2015の1発目  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  

年が明ければ明けたで猛烈に忙しく、本日も早朝から半日溜まった仕事を処理。寝不足で11時に断念。午後爆睡。そのストレスでまたレコード購入(笑)Roxy MusicのサイレンのUK盤。ジョブソンの「She Sells」が大好きなアルバム。ロクシー・ミュージックは初期の頃はどうしても馴染めないけど、この頃からは聞き易くなったけどアヴァロンかサイレン位かなぁ、好きなの。
で、リボルバーなんですが、ラバーソウルとリボルバーっていうのは、私すっごく聞いたのがレイトでして、勿論ポールのヒット曲と黄潜水艦は聞いてるけど、アルバムとしては20歳過ぎてからの出会いでした。

 
kotalog_revolver_ms.jpg 

ビートルズとしては相当な革新的なアルバムですね。ジョージの曲も多くピックアップされてるし、その1曲目の「Taxman」なんかレノンの曲だと思ってたくらいグイグイ押し込んでくる曲で驚いたし、圧巻はB面の「Got  To Get You Into My Life 」と「Tomorrow Never Knows」のポールとレノンのこのライティング能力。お互いの持っているセンスの全てを出したような衝撃的な曲ですよね。これが49年も前に作られた曲とは、こうやって文字打ってても改めて×100位驚いてしまう。本格的にラーガロックを取り入れたジョージに、「Eleanor Rigby」「Here,there and Everywhere」「For No One」などバラードロックを確立したポール、ルーツはやはりR&Rなんだけど、とにかく音にメッセージを込めるジョンと、完全に皆のベクトルが分かれ始めてますね。これ以降のアルバムも可能な限りの録音技術に対する挑戦を試みる事からやはり革新だったアルバムですね。まぁ何と言っても凄いアルバムですわ。サイケだと評価されたのはただ単に「Tomorrow Never Knows」に対するもの(ジャケもその雰囲気あるね)だろうと思う。
上の画像は向かって左はUKモノ、右はUKステレオ盤です。ジャケはドイツ時代の旧友クラウス・フォアマンですね。ジャケ右端に自身のフォトとサインが入ってますね。日本のバンド「Glay」のジャケもフォアマンが担当したけど完璧にこのアルバムをオマージュしたアートワークになってますね。笑っちゃうくらい。

kotalog_revolver_ura.jpg  

MONOは本当は「Tomorrow Never Knows」の別ミックスのマト2/1が、あるバーゲンで売れ残っていて購入しようと思ったのですが、マト2/3のものを購入しました。何故かと言うとErnest J.Day製のジャケだったのでミックスよりジャケを選んでしまった。最近E J. Dayジャケも少なくなってきしたね~早めに購入して良かった。数年前だったので今よりはかなり安く手に入りましたよ。2/1も諦めてないけど。ステレオ盤はマト1/1、Dr.Robert表記なので初期盤だろう。
表側はモノ、ステレオの表記以外はさほど変わりはないのですが、裏側は濃さが少し違う。モノの方がコピー感が強い。ポール、ジョージ、ジョンの顔がモノ盤は不鮮明。この辺やはりサードプレスの宿命か。
この写真はあのブッチャーカバーのロバート・ウィテカーの撮影、「ペイパーバック・ライター」の収録時の写真らしい。

kotalog_revolver_printed.jpg

モノ盤はGarrod & Lofthouse製、モノ盤はErnest J.Day社製。作りは同じ方法だがフリップバックの太さが2,3㎜大きい。この辺
ステレオとモノの違いなのか、製作会社の違いなのか、プレス時期の違いなのかは分かりません。やはりファーストプレスのモノラル盤をゲットしなくては!
kotalog_revolver_rogo.jpg 
mono、stereoはこのように。
kotalog_revolvers_label.jpg 

kotalog_revolvers_drkt.jpg
UK Stereo PCS 7009 YEX 605-1  Mother 2  スタンパーRH  YEX 606-1 1 RO
Side2にKTのタックスコードあり。DR.ROBERT表記のファーストプレス。
モノ、ステレオに限らず最初期盤はベースの威力が凄い。ヘッドフォンで聞くと少し聞き辛い(あ、良い意味でね)ほどブーンと鳴っている。この辺、無防備な感じがアナログでしか体験できない魅力なんだよね。たまらん。


kotalog_revolver_innerbag2.jpg 


オリジナルはこの白のインナー。ステレオ盤はこれに入っていた。PATENTS APPLIED FOR(特許出願)表記。


kotalog_revolvers_labelmono.jpg 

kotalog_revolvers_monokt.jpg
UK MONO PMC 7009 YEX605-2 Mother 2 スタンパー PTO YEX606-3 4  RHO
Side1にKTのタックスコード DOCTOR ROBERT表記。
ジャケにつられてかなりレイトな3rdプレス。でもそれなりにベースも効いてるし凄く迫力あるのだけど..まぁ拙なオーディオではこの辺しっかり判断できない辛さかな。Remix11ってどんな音なのか聞いてみたい。でも高いものねー


kotalog_revolver_innerbag1.jpg

後期プレスはこのUSE 'EMITEX'のタイプのインナーなのかは分からないが、すり替わっている可能性大。


スポンサーサイト

category: Beatles

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/178-2003f3e9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。