Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

あぁ宮殿..今年一番の買い物...驚愕のマト2宮殿  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  



今年もあと2日となりました。普段休めないので超自堕落な生活を送ってやろうと思っていたけど、結局家の用事があってなかなか..そんな中でも今日は一日ゆったりと、「24」が1週間レンタルと相成りまして、一気に6巻借りて見まくっております。おおークロエが出てるぅ、しかもニナ・ハーゲンかジョーンジェットばりのメイクで。今回もホッとする隙を与えない出来栄えで、流石ですなぁ。
午後からは超緊張感をもたらすバリー・ゴッドバーのジャケのこれを聞きまくっていました。聞きすぎて頭変になりそう。

kotalog_crimson_kyudens.jpg

ついに手に入れてしまった、マト両面2の初盤。海外オークションで勢いだけで購入したというか、してしまった。本当はマト2/4辺りのをと思っていたのがつい意地になってしまった。向かって右から初盤、パームツリー(ピンクリム)盤、UKポリドール盤、40周年記念アニバーサリーDVDオーディオ&HQCD。このアルバムと出会ったのは中学生の頃、あれから34年まさかこれだけこのアルバムを持つとは..

kotalog_crimson_kyupi.jpg 

両面マト1の盤をヤフオクで見たことがあるが(終了前だったが10万超えだった..引く)、ネットや雑誌を読んでいると、どうもテストプレスだとかその経緯がハッキリしていないのでこのマト2が初盤と思える。まずはジャケ。向かって右が初盤、左がピンクリム盤。ピンクリム盤はピンクiのセカンドプレスと同じジャケットと思えるのでその比較をすると、ピンクリム盤の方が赤みが濃く鮮明に見えるが、初盤は色のバランスが良く赤、青の色彩がアーティスティックな感じ。セカンドプレスは赤を強調してデフォルメが進んだ感じに見える。

kotalog_crimson_kyupi2.jpg 

表よりもハッキリ分かるのがこの青色。向かって右が初盤。ブルーの色彩が少し紫がかっているし、濃い薄いの強調がくっきりしている。この辺も作家が描いた通りだと思える。このブルーの色彩はこの初盤だけだと思う。


kotalog_crimson_kyupi4.jpg 

スミマセン、内側なので反対になりました。向かって左が初盤、右がピンクリム。一目でわかる位くっきり感違う。セカンドプレスはコピー感が強い。肌の部分もセカンドはオレンジ感が強くなるている。

kotalog_crimson_kyupi3.jpg

kotalog_crimson_iejday.jpg

色彩もそうだが、初盤はE.J.Dayの表記がある。これはプリントと言うよりスタンプな感じ。これがあるのが初盤。結構ジャケがすり替わっているのがあるみたいなので要注意。

kotalog_crimson_kyupoi.jpg

これだけ違うという例みたいなもので、向かって右が初盤、左が70年代後半のUKポリドール盤(POLYDOR DELUXE 2302 057)。赤みのみが強調されてブルーは薄く、これと比べると初盤が如何に絵画だと言う事が分かるね。(写真では分かり難いが..)

kotalog_crimson_inner.jpg

初盤のインナーバッグは白のこのタイプ。内側ビニール貼り。

kotalog_crimson_label.jpg 

kotalog_crimson_matrix.jpg

ILPS 9111 A▽2 B//2 
Pink i セカンドプレスのレーベルよりはピンク色が濃い。他のレコードのレーベルと比べてもピンクが濃い。
各楽器の音の際立ちが半端無く良いためスキゾイドマンはうねって聞こえるハードな音質。40周年アニバーサリーの音源で聞いたムーンチャイルドは今まで聞いていたものと何か違う印象を感じたが、この盤も凄く独特な空間だ。繊細な曲ほど違いが出る気がする。フルートやメロトロンなどの、メロトロンのサーっという響きも綺麗ね。

 kotalog_crimson_pinkrim.jpg

I L P S 9 1 1 1 +A3 (Porky刻印あり) I L P S 9 1 1 1+B3 (Pecko刻印あり)
ジョージ・ペッカムのカッティング。今まではLPはこの盤が一番良い音質だったが、やはりオリジナル・マスターにはかなわない。風に語りてやムーンチャイルドが凄く違いが分かるけど、音圧が高いのでスキゾイドマンなんかこの盤も迫力ある音質で悪くないと思う。

kotalog_crimson_polydor.jpg 


Polydor2302057 A//1 B//5
70年代後半に出たUKポリドール盤。まずもって盤自体が軽量化されている。表現すると音が薄いし、音も不鮮明。フルートなんか鮮明じゃないし、スキゾイドマンの最初のノイズもさらに濁った感じ。昔持っていた邦盤、と言うか邦盤を聞いた時のイメージに似ている。ただかなりジャケ、盤ともに状態が良かったので4K位した。


今年一年大変お世話になりました(特にアフィリ)m(_ _)m
来年もレコード漁りに精を出して、その為に馬車馬のように働きたいと思いますので、来年もどうぞよろしくお願いします。

スポンサーサイト

category: King Crimson

tb: 0   cm: 2

コメント

マト1

マト2捕獲おめでとうございます。
私もマト1レコ屋の壁でチラ見したことがあります。
触るのも怖い値段だったので見なかったことにしましたが・・・。
白レーベルだったら、それはそれで怖い価格になりそうですね。
このレコード、初めて聴いたときは演歌臭に相当抵抗がありました(特にえぴたふ)
最近また、たまに回してます。
リマスターは沖縄においてるので、国内盤(79年くらいの1500円シリーズ)でも回してみます。
手ごろなのを見かけたらオリジナルにも手を出しそう・・・。
かなり売れたはずなので、そのうち暴落しそうな気もしなくもないのですが、そんなうまくいかないかなぁ^_^;

URL | 虹羊 #99DFA69w
2014/12/31 09:32 | edit

虹羊 さん、

>私もマト1レコ屋の壁でチラ見したことがあります

私も調べたのですが、マト1は存在の経緯が定かでなく、ジャケもセカンドプレスだったりとよく分からないみたいです。が、メガレアなのは確かですが。本当にマト2なんて買う予定なかったのですが運悪く見てしまった~勢いで..

演歌臭はグレッグ・レイクでしょうね(^^ 中学2年の時に友人兄に聞かせられて一発KOでした、私。即お持ち帰り、カセットに落としましたよ。

>かなり売れたはずなので、そのうち暴落しそうな気もしなくもないのですが

いやいや、国内は価格が高騰してて、マト2/4でも業者なら30Kですからねー ボッタ。
どうしても海外に行っちゃいますが、それでも結構な値なんでね~
年内の目標のホワイトアルバムと宮殿はげっちゅ出来ました(^^/

URL | kotaro #vTu02RJ.
2014/12/31 15:44 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/176-c14617d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。