Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

「こわれもの」 / イエス~23日のイエスライブに参戦。「こわれもの」「危機」全曲再現ライブ!  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 


Yes-w690.jpg

ピンク・フロイドの最終アルバム「永遠」の話題で..と思ったのですが、日曜日からイエスの日本ツアーが始まり、私も遥々一泊して23日の初日に行ってきます!今回はアルバム全曲再現がメインをなっています。新譜からもやるそうですが、やはりそれよりも「危機」を演奏すると言う事。元々クルーズツアーでイエス・アルバムと究極のアルバム再現ステージを繰り広げてきたけど、ついに今回「こわれもの」と「危機」の2大アルバムをやることになった。イエス名義では日本では初来日以来演奏していないClose To The edgeが聞けると思うとワクワクしますが、リックもジョン・アンダーソンもいない中でどこまで再現できるのか?新ボーカリストのジョン・デイヴィソンはアンダーソンに酷似しているが、やはりジェフ・ダウンズのキーボードがどうなのか..すでにイエス・アルバムの再現ツアーのライブ・アルバムは発売されているが、全く雰囲気を知らずに臨みたいので聞いてませんです。もう危機を演奏するのも多分ラストになるんではないかと思われるので楽しみです。詳しくはUDOサイトで

と言う事で我が家の「こわれもの」達です。

kotalog_fragile.jpg 


あるイエスサイトをやっているために溜まるにたまったフラジャイル達。家族からは完全に呆れられてますが、まぁ良く集めたなとプチ自慢っす。
kotalog_fragile_lps.jpg
LPから。向かって右よりUKファーストプレス、2ndプレス、日本初盤、米盤ファーストプレス、米盤2nd、結成10周年記念盤、廉価盤1,600円。

kotalog_fragile_cds.jpg

右よりSHM-CD、紙ジャケコレクション盤、オーディオ・フィデリティ盤、96年のリマスター盤、86年の日本初CD盤。

たくさんあるので今回はUK盤のみで、
kotalog_fragile_uk1stlp.jpg

UKファーストプレス。まだイエスロゴが完成する前のロジャー・ディーンが描いたイエスの初ジャケです。まぁ書かなくてもだが、リック・ウェイクマンが加入した事でぐっとプログレッシブに、さらにクラシカルなサウンドに変化した記念アルバムだが、元々はライブアルバムと合わせた2枚組になる予定だったがボツになっている。ラウンドアバウトや燃える朝焼けなど主な4曲は出来上がっていたが、一枚のアルバムに仕上げるために各メンバーのソロ的な楽曲で埋め合わせた印象が強い。その中でも面白いのはビル・ブラッフォードが書いた無益の5%で、イエスの元マネージャーにビルが印税の5%を払う賭けをしたことから作られた曲。実に安易だがビルが好んだジャズフィーリング満載の曲だ。最近ではテレビの効果音に「燃える朝焼け」をよく聞く事があるが、緊迫感と静の部分が完全対比した完璧な曲で、これ以上計算され尽くされた曲はロックではあるだろうか?クリス・スクワイアも最高傑作と言っている。トニー・ケイのオルガンに拘ったプレイから、リック・ウェイクマンが加入したことで無限に演奏能力の幅が広がったことは確かで「南の空」でのピアノでも息を飲むような美しくも攻撃的なピアノも弾いている。とにかくイエスが今でも活動し続けているのもこのアルバムがあってこそなので、イエスの金字塔なのだ!!
kotalog_fragile_uklpura.jpg
裏側もファンタジックワールド。
kotalog_fragile_ukuslp.jpg
向かって右はUKセカンドプレス盤で、やはりファーストの方がブルーの色合いが濃い。セカンドは紫がかっている。ファーストプレス盤の中には真ん中の船が無いものが稀に出回ったようで、一度オークションで見たが10万以上の値がついていた。ただ単位プレスミスなのか、意図的なのかは分からないが確かに船が描かれていなかった。
kotalog_fragile_uklpuchi.jpg
ブックレット付だがUK盤のアーリー版はジャケに貼り付けとなっている。米盤と邦盤はセパレートタイプ。
kotalog_fragile_uk1label.jpg

kotalog_fragile_uk2ndlabel.jpg

上 2401019 A//1B//1 red/Maroon 
下 K50009 A  B

(下画像)このセカンドプレス盤はアトランティックの過渡期で、ディストリビューターがケニーレコードグループと渡りカタログナンバーも変更になったばかりの盤で、マトリックスがK50009と2401019の両ナンバーの刻印が打たれてある。レーベルの色は違うがほぼプレス時期は早いものだと思う。ファースト盤の「南の空」は必聴。

スポンサーサイト

category: YES

tb: 0   cm: 2

コメント

Yesっていつのまにか

毎年来るようになってたりして・・・ってことはないですよね(^^;;;
いやぁ、バグルスな危機ですか。
ドラマの頃とかにはやってなかったんでしたっけ。
・・・って、もう、大分、記憶の彼方。
頑張ると、意外と鬼のように弾けたりして・・・。
ぜひ、レポを聞かせてくださいまし・・・。

URL | 虹羊(aka羊) #99DFA69w
2014/11/24 15:58 | edit

虹羊さん、

>いやぁ、バグルスな危機ですか

結構真面目にコピッてましたよ。初日しか行けなかったのですが、2日目のアンコールは
スターシップだったそうで見たかったなぁ。何でも無益の5%をやり直したと言う情報も。
ジェフリーがカンズ&ブラームス完コピ演奏したり、ハウ爺がロンリーハートのソロラビン
のハーモナイザー風の音出したり、完全再現に一応拘ってました。
風邪で無理して頑張ったので、今日はしんどくて..記憶が一部飛んだり..何とかレポ
書きます...

URL | kotaro #vTu02RJ.
2014/11/25 23:19 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/170-975be770
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。