Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

アニマルズ /Pink Floyd ~もうすぐ20年ぶりの新譜「永遠」の発売!  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 


kotalog_animals.jpg

ピンク・フロイドの20年ぶりの新譜が出ますね。「対」からの「永遠」だそうです。→Sony Musicの公式サイト
リック・ライト亡き後、ギルモアとメイソンの2人で最終章と呼べる作品で、1993~4年頃の音源が元となっているらしい。リック・ライトの生前の演奏も収録されているらしいです。11月19日発売予定。 ニック・メイソンはギルモアやウォータズが「アニマルズ」のリミックスもやりたいとか(まだ取り掛かっていない)、映像を整理しているとかインタビューで語っているので、この新譜の後にはそういうアーカイブスが多く出てきそうですな。私は通常盤を購入予定。
上画像は1977年発売の「Animals」。このアルバムはよく聞きましたね。まさにリアルタイムなのはその2年後の79年のウォールなのですが、このアルバムは高校生の頃に相当聞きましたよ。ジャケットについては語りつくされている位有名なバターシー発電所で、本当に豚の風船を飛ばしたけど逃げて行って農場に落下、農場経営者がオタクらの豚がうちの牛を怖がらせている、と電話してきた(笑)有名な話ですが一応書いておきます。ストーム・トーガソンは生前のインタビューで、「どこかで何か悪い事(ハプニング)でも起きないとフロイドなんてやってられないよ」と語って、このアルバムの制作は楽しかったと語ってますね。豚を飛ばす前に撮影したこの一枚の雲の様子がとても素晴らしかったので飛んで行った豚は後で合成で入れるしかなかったようですね。一度雑誌でこのジャケになる前にヒプノシスが提案したラフなジャケ絵コンテを見たことがあるが、絶対こちらの方が良いかったし、確かに素晴らしいジャケだと思う。そういえばロンドン・オリンピックの開会式の映像にも出てきましたね。

kotalog_animals_sleeve.jpg
 

やはり英国の階級社会への皮肉として犬、豚、羊とアニマルに置き換えてのコンセプトなのでしょうか?まぁその辺のフロイド的な哲学や思想は凡人の私には全く分かりませんので、演奏の格好良さとかその辺の低レベルでの書き込みとなります。前作の「炎~あなたがここにいてほしい」ですでに「You've Gotta Be Crazy」がドッグ、「Raving and drooling」が「シープ」となる原型となる曲が出来あがっていたので、サウンド的にもなんとなく繋がる節も感じられる。動物ってイメージ的に癒しの反面、残酷でハードな面も持ち合わせているのでこのアルバムの3曲も非常にアグレッシブに出来あがっている。その尖った感じはこのアルバムが一番かも。とにかくギルモアのギター・サウンド、フレーズ、アレンジが素晴らしく、17分を超えるドッグでのあのギルモア的なソロに魅了されるし、結構トリッキーなプレイも見せている。バックで流れるリック・ライトのシンセも相変わらず綺麗で、その物悲しい雰囲気を助長させているし流石だ。当時一番好きだったのは「ピッグ」であのギターのリフレインが脳裏に焼き付いていたのを思い出すし、最初のキーボードのフレーズにもぴったり合っていて実に良い曲だと思う。どことなくドッグにも繋がる印象もあり、ここまで通して聴くとかなり強烈なサウンドだった。一番毛色の違う「シープ」で、イントロのエレピからのハードサウンドで、終盤またもギルモアのギターアレンジがインパクトあって長尺3曲のアルバムだけどすんなり聞ける。ドッグの途中の冥想のアレンジは疲れるが。その頭とお尻をアコウステックな小曲「翼をもった豚」で挟み込んでいるところが、べタなくらい起承転結がなされていて気持が良い。どうしてもライブ盤が聞きたくて当時まだ動画サイトなど未知の産物だったころアナログのブートを購入して聞いたことがあったけど、曲順どおりじゃなくてシープがオープニングに演奏されていた。その後翼をもった豚でドッグ、ピッグと演奏されていて実に衝撃的だった。
kotalog_animals_in.jpg

不時着した風船豚や荒れた発電所の画像などヒプノシスのオーブリー・パウエル他が撮影。原子心母は2人でやったが、アニマルズは30人以上のスタッフを要したとインタビューで言っていた。スリーブデザインはロジャー・ウォーターズで、アルバム・ジャケットに仕立て上げたのはストーム・トーガソンとオーブリー・パウエル。クレジットはヒプノシスではない。
kotalog_animals_spine.jpg

ワイドスパイン。かなり背広で作られている。
kotalog_animals_inbag1.jpg

kotalog_animals_inbag2.jpg
黒のインナーバッグ(歌詞付)が付く。
kotalog_animals_label.jpg

SHVL 815 A-2U B-2U
結構オークションや業者のサイトを見ているが、これより若いマトを見たことがないのでこれが多分ファーストプレスではないだろうか?ウォーターズもギルモアもこのアルバムの音質はあまり良くないのでリマスタリングしたいと2人とも言っていた、とニック・メイソンが言っているので早く作業に取り掛かって自身によるリマスターを聞いてみたい。十分迫力なサウンドには仕上がっていると思うが、綺麗に掃除すればもっとクリアーな音になるのかも。

スポンサーサイト

category: Pink Floyd

tb: 0   cm: 2

コメント

すっかり忘却の彼方・・・

でした。りレイヤーの5.1ch。そしてこれ!
考えてみたら、最近レコ屋に行ってません。
直近でタワレコに行ったのは7月頃だったか・・・。
アニマルズは当時エアチェックで聞きましたよ。その後LP。
なんだかリマスターも出るたびに買ってるような・・・。
実は、70年代に出た楽譜も持ってます。POWのPT1とPT2が逆になってたりするいい加減なシンコーミュージックのですが・・・。
永遠は、一応買いですね。
あと洋書やでfloydの豪華本も発見して置いてきたばかりだったので、回収に行かねば・・・。

URL | 虹羊(aka羊) #99DFA69w
2014/11/17 21:23 | edit

羊 さん、

リレイヤーはおすすめですよ。5.1ch環境あるのなら錯乱して下さい(^O^)/
アニマルズはほんと良く聞きましたよ。ギルモアって何か自分がコピーして弾いてみても上手くいかないのであまりコピーしなかったですね。豪華本是非アップして下さい。
来週イエス行ってきま〜す。
ジェフのキーボードの危機
…(≧∇≦)ちょっと不安。

URL | Kotaro #vTu02RJ.
2014/11/18 11:03 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/169-3fabcf35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。