Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

リレイヤー/ イエス Definitive Edition Cd/Blu-ray  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 


kotalog_relayer_bluray.jpg

31日の金曜日に、予約注文していたことを忘れていたリレイヤーのスティーブン・ウィルソンMixのCD&Blu-rayが届きました。何でも発売が繰り上がったそうで、まぁ遅くなるより遥かに良いでしょう。リレイヤーはイエスのアルバムの中でも危機の次くらいによく聞いたアルバムで、このシリーズ「危機」と「イエスアルバム」に次ぐ第3弾です。S・ウィルソンミックスはいい仕事してるので楽しみにしていましたよ。
kotalog_relayer_cdlist.jpg 


↑これはCDの内容。このブルーレイセットを購入してからこのCDは一度しか聞いていない。どうしてもブルーレイの内容が濃すぎて..
kotalog_relayer_bluraylist.jpg 
kotalog_relayer_bluraylist2.jpg
↑上2つはブルーレイディスクの内容。何と言っても5.1サラウンドMIXが面白い。プログレは楽器のパートやライブ再現がかなり無茶なコーラス等の多重録音なんかが多く、音が密集していて耳が音に追いつけないのでこのサラウンドで分離が進むと音を拾いやすくなるので演奏の形が見えてすごく面白い。そりゃ今まで聞いてきた音楽とは異なるが、S・ハウのシタールの音やモラーツの金属音的なキーボード、コーラスパート、錯乱の扉でのあの音の集合体などなどこれだけ音が分かれると正直、こんな演奏だったのかと気づく事が多く生々しくて..他にもオリジナルのステレオミックス、スタジオランスルー、お馴染みの最新リマスターのインストバージョン、ライブやアーカイブコレクション等々聞き切れないくらいの選択肢がある。
ステレオミックスも流石丁寧な作業をしていて、ハイハットの一音、キーンと抜けるキーボードの残響、コーラスパートのレフトライトでの際立ち、何と言っても錯乱の扉の戦争のパートでのあの音の集合体、過去のリマスターでも異常に歪んでいた所も綺麗にバランスが取れていて、所々のエフェクトもハッキリと聞き取れる。これを聞くとブルーレイの再生環境が無くてもCDだけでもこれまでとの違いが分かるのではないか。

kotalog_relayer_blurayset.jpg
↑操作画面
Addititonal Materialにはシングルエディット(聞いた事ない人は、これを如何にシングルに編集するかというテクニックを聞けるので面白いのではないか?)も多数ある。私も聞いた事なかった76年のコボホールでの「サウンド・チェイサー」のライブテイクや錯乱の扉のランスルーはかなりラフで曲作りの工程が聞けて面白い。これも初聞きの「サウンド・チェイサー」のデモテイクも信じられないほどラフで、私も非公式音源で数多く聞いたけどこの2つは初めてだった。それとこの企画でしか味わえないオリジナル・アナログ盤空の落としで、今回UKA1/B1のアナログ音源に加え、なんとUSプロモのアナログ音源も付け加えられた。これも面白くて「錯乱の扉」がパート1~3になっていて途中独立したテイクとなっている。USプロモなんて存在も知らなかったので目から鱗だった。ただアナログ音源の落としなのでそんなに良い音とは到底感じられなかった。
kotalog_relayer_blurayin.jpg 

やはり日本製の紙ジャケとは比べられないほどの未成熟な出来具合。まぁブルーレイ付いて2,900円ほどなので文句は言わないでおこう(笑) 貴重な写真が載っているブックレットが添付されていてジャケットに描かれているロジャー・ディーンの灰色の要塞は1966年に描かれていたものだと初めて知りました。他トラック別に書かれた楽器パートの見取り図の写真など、貴重なアーカイブが少しだけ見られます。(購入してご覧ください)
kotalog_relayer_bluraycd.jpg

kotalog_relayer_bluraydisc.jpg
上がディスク1のCD、下がブルーレイ盤。黒の紙袋にそのまま入ってます。歌詞カード付のインナーバッグは再現されていない。コストパフォーマンスも良いので環境が整っている方は是非お薦めします。

私の持っているUK初盤と米盤も次回にやります。あまりにも画像が多いので今回はこのブルーレイセットだけと言う事で。
スポンサーサイト

category: YES

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/167-84b832ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。