Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

オールマンブラーズ・バンド「フィルモア・イースト」とレココレ10月号  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 


kotalog_all,man  

レコードコレクターズの10月号に、オールマンのフィルモアの凄いLPレコードに関する記事が出ていたので、アップしようと思っていたらもう11月号が発売されていた(^^;;
私が初めてオールマンを聞いたのは過去にも書いたが、このフィルモアは大学時代に先輩がテープにダビングして聞いたのが初で、デュエイン亡き後のオールマンブラザーズ・バンドしか知らない私にはこのパワーに圧倒されて、レコードに合わせて下手なブルースギターを弾いて悦に入っていた19歳を思い出す。まずもって1曲目の「ステイツボロ・ブルース」のスライドギターの微妙なフレーズの切り方、そのフレーズに口があんぐり、KOされた人は数多いと思う。よく語られていることだが改めて効いても24歳かこいつ!と思うよね。スタジオアルバムでは自分たちの表現が表れにくいと、3枚目にしてライブアルバム、しかも全7曲で5曲が新曲と言うライブバンドの真骨頂を表し示した超重量アルバムである。デュエインとディッキー・ベッツのダブルギターではヘッドが重すぎてツインドラムとベリー・オークレイのベースが強力な屋台骨で支えている、これが見事に噛み合っている、音の重さでは最強のライブアルバムではないだろうか。片やもう一人のリードG、D・ベッツ作の「エリザベス・リードの追憶」なんて言うラテンブルースな異色なギターもゾクっとしてしまう。長尺曲はサイド2の「You Don't Love Me」とサイド4の「Whipping Post」で、ほぼインプロが占めているが、どちらも一度エレキギターを、リードギターを弾いた事のあるものなら分かるソロフレーズのこれほどの陶酔感は他では味わえない。お互いがソロを取るときのリズムギターのグルーヴがまた素晴らしい。この若さでこの域に達するこいつらは天才か!?私は一番熱くなるのは「アトランタの暑い日~Hot'Lanta」で、あのキメのリフの掛け合いの中にギター、オルガン、ドラムのスピーディーなインプロビゼーションの応酬が何度聞いても格好ええしか出てこない。ああ~ギターが弾きたくなる。
kotalog_all,man_reco


オリジナル盤についての徹底的な研究の特集である。この方のHPは何度か訪れたことはあったが、とにかく買い集めてその違いをまとめた凄いサイトだった。この度レココレに見やすくまとめてくれたので早速自分の盤はどの時期のどこでのプレスか確かめてみた。気になる方はバックナンバー取り寄せて見てみてください。

kotalog_all,man2

裏ジャケローディーのフォト。ベリー厳ついヤンキー達だ。この重厚感が70年代のアメリカンなのだろう。オリジナルには「CARPRICORN」のロゴ表示がある。
kotalog_all,man_in
内側はコーティングされていないキャンバス地のざらっとした質感。アルバムジャケとフォトグラフィーはジム・マーシャル。プロデューサーは名匠トム・ダウドで、「デレク&ザ・ドミノス」にデュエインを引き合わせたのもトム・ダウドが仲介している。ただデュエインはこのアルバムの7か月後バイク事故でこの世を去る。実に太く短い人生だ。
kotalog_all,man_inner2kotalog_all,man_inner1

カンパニースリーブが付く。アトランタレコードの有名どころ、しかもカラー刷りの豪華版。
kotalog_all,man_label3 

レココレの記事から行くと、この下のあたりの表記がプレス時期、場所を表すものとなる。私の所有盤は割と初期プレスの様だが、マトに関してはこちらの記事に出ていないDD-Reというマトリックスもあった。この辺も興味ある方はレココレ取り寄せて読んでみてください。面白いです
kotalog_all,man_label

Side One ST-CAP-712223DD AT/GP Side Four ST-CAP-712224DD-Re AT/GP
Side Two  ST-CAP-712225DD AT/GP Side Three ST-CAP-712226EE AT/GP
カプリコーン ピンクレーベルがオリジナル。ブロードウェイ表記。
サイド1の裏面がサイド4、サイド2の裏面がサイド3があてられている。なんでもこれはミスプレスではなくて、わざわざプレイヤー2台で連続再生が可能という配慮らしいが、プレイヤー2台持っていないと曲順って言うのは全く無視と言う事になる。ややこしい。
このミックス自体が非常にライブ感満載な雰囲気を出しているので、楽器も近いうえに小さいホールのドライブ感が凄い音質だ。特にベースがブイブイ来ててあのギターにも負けないくらの大迫力である。リマスターCDは聞いていないので分からないが、絶妙なバランスなのでリミックスは難しい作業だろうなぁと推測する。



スポンサーサイト

category: The Allman Brothers Band

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/166-d8165f1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。