Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

レインボー/ Down To Eath ~ モンスターズ・オブ・ロック Rainbow’sコージー・パウエル ラストスタジオ&ライブアルバム  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

kotalog_downtoearth.jpg
1979年発売のレインボー「Down To Earth」。
ボブ・デイズリーとデビッド・ストーンをクビにしてコージーだけを残してメンバー不在のまま作成に掛かり、完全にリッチーの頭にはアメリカ進出を目論んだ新生レインボーを作るべく旧友ロジャー・グローバーを迎えて始動した。リッチーはロジャー・グローバーのポップセンスを買っており出来上がったアルバムは、ロニージェームス・ディオの持つヘヴィーでダークなイメージから転換してハードポップなアメリカラジオソース向けの音楽に変わった。コージーがコロシアムⅡのドン・エーリーを連れて来て、一番最後にはボーカルのグラハム・ボネットが決まるが一発OKだったらしい。私はマイケル・シェンカー・グループやアルカトラズを含めても非常に上手いボーカリストだと思っていて、特にスーパー・ギターリストと組んだ時にその才能を発揮するボーカリストだ。レインボー加入の時には全く畑違い(ブルース系ボーカリスト)のサウンドに戸惑ったという信じられない経歴があるが、それほどどのジャンル、音楽にも嵌れる才能があるのだと思う。ソロの曲も大変良かったネ。
kotalog_downtoearth2.jpg

でも「Since You Been Gone」を聞いたときは衝撃だった。次作の「アイ・サレンダー」もそうだがラスバラードの曲でオリジナルもたいして変わらないほどポップに仕上がっている。やはり米では大うけでライブでも演奏されたがコージーは絶対にしたくないと言っていた。ドン・エーリーがフィーチャーされた「Eyes of The World」やコージーのドラミングが魅惑の「Lost In Holywood」など大作風のものもあるが、「Rising」が好きな人には到底受け入られない密度の低い楽曲が多くなっている。リッチーのギターフレーズを聞いていると流石にリッチー節は健在だが。この布陣もこれ1作のみでコージーも抜けMSGに、グラハム・ボネットもジョー・リン・ターナーに代わる。このメンバーでもう一枚聞きたかった。
kotalog_downtoearth_insert.jpg


kotalog_downtoearth_insert2.jpg

インサートの表裏だがやはりリッチーのプライベートフォトは無い。

kotalog_downtoearth_flyer.jpg 


リリース当時はこの2枚のフライヤーが添付されていた(らしい)。この盤はほぼ手つかずの美品を購入出来たので2枚とも残っていた。




kotalog_downtoearth_lebel2.jpg


kotalog_downtoearth_lebel.jpg 
 
POLD5023 A//1▽E B//1▽E STERLING刻印あり
Side-AはRisingラベル、Side-BはPolydorの赤ラベル。
リアルタイムは中学生の頃で、お年玉持ってレコード屋へ行って当時試聴が出来たので試聴してから買ったっけ。その店長さんがリッチーにはがっかりだよ、って話していたのを今でも覚えています。そのレコードをずっと聞いていて、このUK初盤を聞いた時にあまりの轟音にびっくりした。正直邦盤は音が籠っていてメリハリがなくあまりいい印象ではなかったけど、この盤は音の主張が凄く迫力大の音質だ。因みに発売初期にはクリアー盤も出ている。これも購入の機会があったがスルーしました。
激お薦め盤です。
kotalog_downtoearth_shmcd.jpg 

これは2011年にでたSHM-CDの紙ジャケデラックス・エディション。2010年の最新リマスター。
kotalog_downtoearth_shm.jpg 

ディスク2には「ワーク・イン・プログレス」としてアウトテイク集。どれもこれもかなりラフテイクで、ボーカルが入る前のものやキーボードが入っていないものなど、これを聞いてから本編を聞くと作られていく過程が垣間見られて面白い。それと楽器がかなり近いのでリッチーのフレーズをこれを聞いて弾くとか、バンドスタイルの練習にもなりそう。ただ何度も聞く ものではないので2枚組で3800円はどうなんだろう?紙ジャケにディスク1が、インナーバッグにディスク2が、英国版のブックレット、日本語解説が付いている。
kotalog_monsterrock.jpg 

「Down To Earth」時期と言うと有名なのがやはりこれ↑
1980年英ドニントンパークで行われたモンスターズ・オブ・ロック・フェスティバルのライブ盤で、レインボーとしてはコージー・パウエル在籍最後のライブとなった。私はロニーが抜けようが「スターゲイザー」のライブテイクを聞けることに興奮して、買えなかったので当時流行っていた貸しレコードで借りてカセットにダビングしたものだった。まぁあまりのギャップにがっかりしたものだけど..オールナイト・ロングではグラハム・ボネットが6万人にコーラスを求める大合唱が入っているし、何故か終わった後にリッチーが良く演奏するブルースもオマケに入っている。この時期にスターゲイザーをリストに入れたのはコージーへの贈り物だったんじゃないかと言う説もある。
kotalog_monsterrock2.jpg

このアルバムは各グループごとにプロデューサーやエンジニアがそれぞれついているのでライブ感の印象が違う。レインボーはそれなりにコージーが最後だよって感じのライブ感を出していて雰囲気満点。スコーピオンズはダブルギターの利点を生かした音質で、好印象だつたTOUCHは極力ライブ感を消した感じで、曲もなかなかなのでファン層を広げた。因みにTOUCHはロジャー・グローバーがプロデュースとリミックスを担当している。SAXONはゴリゴリ感満載だが、やはりモーター・サイクルマン辺りのヒット曲で行ってほしかった。ジューダス・プリーストも参加しているがなぜ割愛されたのだろうか?契約的な関係だろうか?2枚組にしても売れたと思うのだが..


スポンサーサイト

category: Rainbow

tb: 0   cm: 2

コメント

自分のはクリアビニール盤でした。

昨年、Risingのファーストプレスと同時期に購入したのですが、届いてビックリのクリア盤でしたという、おちでした。
やっと新しいターンテーブルを購入出来たので聞いてみましたが、やはり音の太さ、迫力はRising同様素晴らしかったです。

デラックスエディションはこれはこれで良いんでしょうが、やはり迫力という面ではアナログ盤に軍配を上げざるおえないですね。

URL | まっつん #-
2014/07/24 16:28 | edit

まっつん 様

>届いてビックリのクリア盤でしたという、おちでした。

どちらが良いというわけではないですが、クリアー盤の方がラッキー?
私はどちらも欲しいことは欲しかったのですが、オークションだったのでえらく値段が吊り上ってしまったのでスルーしました。数が少ないと思うのでなかなか出てきませんね。

>新しいターンテーブルを購入出来たので聞いてみましたが

おお~それは良かったですね。さらに漁盤に加速掛かりますねぇ~(^^

>やはり迫力という面ではアナログ盤に軍配を上げざるおえないですね。

パープルにしろレインボーにしろ初期盤の迫力が違うので魅力ですね。よく爆音とか轟音盤とか言われている所以が分かりますよ。

URL | kotaro #vTu02RJ.
2014/07/25 11:01 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/155-436fd81b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。