Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

The YES Album~CD&Blu-ray スティーブン・ウィルソンMIX第2弾!!  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

やっと休み...(--;;;

Blow by Blow」のつもりでしたが、昨日これが届いたものでこちらに↓
話題のS・ウィルソンMIX、「YES」編第2弾(?)です。私はCD&Bur-Rayの2枚組を注文。


kotalog_yesalbum_ukusbur.jpg 
向かって左がUK初盤、右がUSオリジナル盤、中央がスティーブン・ウィルソンMIXのCD&Bur-Ray2枚組。このSWミックス評判良くて邦盤が出ていないので売り切れたが、あるところで大量入荷されたのを購入(してもらった)。USオリジナル盤は本当に売ってなくて海外サイトから購入安かったけど結構ボロボロ..高校生の頃に500円で買った輸入盤はカビが生えて引っ越しの際に捨ててしまった。前々回にアップしたFlashのピーターバンクスが抜け、ボダストやトゥモロウ等で活躍していたスティーブ・ハウが加入したプログレッシブ・グループとして歩みを築く一歩となったアルバム。バンクスとは全くスタンスの違うマルチギタープレイスタイルなので音楽の規模が測り知れなく広がったことは事実で、今でも演奏される曲が目白押しだ。

kotalog_yesalbum_burlay.jpg 

1996年のデジリマ盤2001年の紙ジャケシリーズHDCD盤、今回のブルーレイ。何せブルーレイの内容が濃いので全部完聴するに至ってない。内容はこちら↓
kotalog_yesalbum_burlay2.jpg 
kotalog_yesalbum_burlay1.jpg

2014サラウンド5.1cnLPCM、DTS、ステレオMIXの最新ミックスにオリジナルステレオミックス、1971年のライブやシングルeditを色々、2014インスゥトゥルメンタル・ミックスにUK A1/B1のオリジナル盤の音源を落としたもの(Needle-Drop)など盛りだくさんすぎて聞ききれない。ライブテイクやシングルeditはそれなりに非オフィシャル音源を聞いていれば出会うものばかりだが、前回の危機にもあったようにインスゥトゥルメンタルMIXなどはここでしか聞けない貴重な音源だ。スティーブン・ウィルソンのNew Mixは結構中音域に拘ったようでやたら低音にいじりがなく米盤のようなメリハリサウンドを期待すると肩透かしである。だけどさすがマスターテープからのミックス、音の出所が聞いてきたものと違うので面白いネ。おおお!と思う所多々。「ユアズ・イズ・ノーディスグレイス」と「パーペチュアル・チェンジ」はこういうサラウンド対策し易く、効果満載の曲なのでお薦め。楽器の分離が半端無いので、その立体感と言うと.. オリジナルステレオミックスと言うのがあるがこれはどうも96年デジリマ音源ではなかろうか。低音ブンブン高音も鳴っているしボーカルもずんと前に出ている印象があるので。添付ブックレットには貴重なマスターテープの箱やスターシップ・トルゥーパーのトラック表など載っていてこれも初見なので嬉しいね。まだ在庫有りの所もあるのでイエスファンは必聴ですぞ。

kotalog_yesalbum_ukus.jpg 

トニー・ケイが事故で足の骨を折って座ったままという何とも安易なジャケで、ピアノ線丸見えのマネキンの首が良いのか悪いのか、まだロジャー・ディーンに出会う前のジャケだが中身はしっかりイエスである。US盤はさらに彩度を上げた感じの色合い。
kotalog_yesalbum_in.jpg  

トニー・ケイがメインになっている。
kotalog_yesalbum_uklabel.jpg 

2400101 A // 1 B //1 UKファーストプレス。Red / Maroon
 kotalog_yesalbum_uslabel.jpg 

SD8283 ST-A-712139 RI AA  Broadway表記。
UK盤A/1B/1はブルーレイにも音源が落とされているので聞けるが、スティーブン・ウィルソンのミックスのように中音域が主張するハーフトーンのような音質で、悪く言えば籠ったような音。展開が目まぐるしい曲が多いので派手に高低音を強くされるよりは安定した音がする。米盤はやはり主張が激しいというかメリハリがあってズンと押してくるような音がする。好みがあると思うけど両方甲乙付けがたい感じ。
kotalog_yesalbum_miss.jpg 

実はUK盤はサイド2のレーベルにZEP Ⅱのラベルが貼られている。まぁミス盤、レア盤として売られていたが、多分どこかのプレス工場で何枚もミスレーベルが出回っているようだ。他に2回ほどこれが売られているのを見た。どうせなら2曲目「Livin' Lovin' Wreck」の表記のものを貼ってくれれば良いのに...

このウィルソンMIX、「リレイヤー」と「海洋地形学の物語」もすでにMIXされているとのことでそれも楽しみだ。

スポンサーサイト

category: YES

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/142-a88d00cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。