Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Ritchie Blackmore's Rainbow / 銀嶺の覇者  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 
935.jpg 
また悪魔のZEPリマスターがでますねぇ~いい加減にしろ!どこまで財布をすっからかんにさせる気だー
と言う事でとりあえずⅠ、Ⅱ、Ⅲまで発売されるそうです。以下内容は..
とりあえずファーストの内容は..
_____________________________________
(CD1)  最新デジタル・リマスターによるオリジナル音源(紙ジャケット仕様)
(CD2)  パリ、オリンピア劇場で行われた1969年10月10日のライブ音源(未発表音源)
(LP1)  最新デジタル・リマスターによるオリジナル音源(180g重量盤LP/初期ジャケット 再現)
(LP2&3) パリ、オリンピア劇場で行われた1969年10月10日のライブ音源(未発表音源)
(DLカード) HD音源のDLカード(オリジナル 96kHz/24bit/ ライブ48kHz/24bit))
(特典ジャケット)ハイ・クオリティ・プリント・ジャケット(LPサイズ・シリアルNo.入り )
(豪華ブックレット)未発表の貴重な写真とメモラビリアを含む特別ブックレット
(プレス・キット)アトランティック・レーベルの初期プレス・キットのレプリカ

他の2枚もまぁ大体似た内容でしょう。ジミー・ペイジが自身でリマスタリングしたというもう究極と言うか、こりゃ作り直し!?現在ののハードに対応すべく焼き直しみたいなものですな。これで21,000円は高いか?安いか?ZEPサイトを運営されている諸氏にとっては地獄ですな。ただリマスターと未発表ライブ音源を集約した2CDで2,940円という逃げ道も用意されているので大体はこちらの方で我慢だろう。
で、今回はそのZEPと70年代のハード&ブルースの双璧と言われたパープルを脱退後にリッチーが立ち上げたレインボーのファースト。向かって左が日本盤、右が英国初盤。
kotalog_rainbow.jpg 

当時パープルの前座を務めていたELFを乗っ取った格好となったが、第3期パープルはグレン・ヒューズがファンクに突っ走って、もううんざりという感じで、ライブツアーの水面下でエルフとレコーディングを終了させ脱退した。ヒューズ、デビカバは寸前まで知らされていなかったようでショックを受けたそうだ。なので、メンバーを集めている余裕もなく第1期レインボーとなるが、よく見ればリッチー・ブラックモアズと冠が付いているのでほぼワンマンバンド。この後すぐにロニー以外は首にしてしまうので、それからもずっとワンマンのイメージが残るが、そのサウンドを聞いていけば確かにそのチョイスは的確でセールスを考えても当然のことだった。私もその後の三頭政治となる「Rising」がフェバリットだが、それはのちとして..
kotalog_rainbow2.jpg 
パープル・レーベルからまたまたパープルマネージャーが起こしたオイスターレーベルでの発売で、日本盤ディストリビューターはポリードルなのでポリドールからの発売。UKはラミネートコーティングされている。Garrod & Lofthouse社製。リッチーのトレードマーク、ストラトのお城が聳え立つまさに俺様的な絵画はDavid Willardsonというディズニー公認のイラストレーターで日本でも有名な画家だ。他にもカーペンターズなど印象的なジャケを何枚も残している。写真よりも実物は紫ぽい。日本盤の裏ジャケのB面2曲目「王様の神殿」に綴りが「The Temple of The King」とThe が付いているがUK初盤にはThe が付いていないので正式タイトルとして変更になった可能性がある。16世紀のグリーンスリーヴスの歌詞のみ書かれているが、許可的な事が書かれてあるのでこれのみ載せてあるみたい。(わからないけど)
kotalog_rainbow_inuk.jpg 
kotalog_rainbow_injap.jpg 
上がUK初盤で下が邦盤。向きが逆。UKは内側もコーティングされている。

kotalog_rainbow_label2.jpg

kotalog_rainbow_label1.jpg 
この盤のみ牡蠣のピクチャレーベルで、この後は通常の赤の無地レーベルとなる。
やはりこの後の展開を知っているのでドラム、ベース、キーボードが弱い。特にキーボードが地味。リッチーの楽曲をやっていくには演奏スタイルがかなりオーソドックスで、もう少しプログレッシブな感覚を持ち合わせていたら変わっていたかも..でもこの後がコージー・パウエルだからねぇ..第3期パープルの憂さからか、この後も演奏されていく代表曲的なものが数曲入っていて良いアルバムだ。特に「 銀嶺の覇者」はリッチーの真骨頂的なリフで、マンネリと言えばそれまでだが全盛期パープルファンはこれを待っていたと思う。ソロもリッチー節全開で納得だが如何せんテンポが遅い。もう少しアップにしてもよかったのでは?A-3の「黒い羊」は知る人ぞ知る 「クォーターマス」のカバー曲だがこれは本家の方がキーボードアレンジが素晴らしく勝ち。リッチーはこのキーボードのMickey Lee Souleを信用してなかったのかな?とにかく地味なプレイだ。次の名曲「Catch The Rainbow」でのメロトロンも綺麗には鳴っているがあまり存在感を感じない。ライブではコージーの独演上となる「Still I'm Sad」はインストだがもうすでにパープル時代に何度も演奏されているフレーズ満載の曲。ロニー・ジェームス・ディオを獲得するが為に組んだようなバンドだが、後のレインボーには無くてはならないなので、きれいにコーティングされたこの牡蠣レーベルUK盤で聞きたいものだ。高くても5K前後で入手可能。
OYA 2001 A-1U B-1U

スポンサーサイト

category: Rainbow

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/138-2b5046f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。