Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

It's Only Rock'n Roll!今年もあとわずか、R&Rで新年を!!  

文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

今年もあと1日ですねぇ~大晦日と言うものは日本人にとってはやはり特別な雰囲気をもたらせますね。でも今年を振り返りしみじみ感慨にふける...って事は無く毎年年越し蕎麦に寿司食って、片やガキ使見て、こっちでは紅白見ながらペンネアラビアータ(私が作ります)をつまみにシャンパン飲むって言うのが我が家の決まりになっている。毎年同じ、そう娯楽快楽食欲に没頭する晦日なのだ!!まさに「快楽の奴隷」。今年最後の一枚もロックンロールで新しい年を迎えようじゃないか!と言う事でこれ↓
kotaroblog_stonesi_iorr.jpg 
1974年「イッツ・オンリー・ロックン・ロール」。ミック・テイラーが残した最後のアルバムだ。前作はファンキーな曲やソウルフルなボーカルスタイルの曲が多かったが、このアルバムはタイトル通りR&Rな曲がインパクトを与えているのでストーンズの真骨頂だが意外にセールス的にはブレイクしていない。「If You Can't Rock Me」「Ain't Too Proud 」「It's Only Rock'n Roll」この3曲の流れは鉄板で何度聞いても高揚する、まさに掴みはOKで、こういう疾走するストーンズはイイネ。でも「Time Waits for No One 」のような日本で言えば歌謡曲のような分かり易く味わい深い曲もあり、この曲ではミック・テーラーのソロが何とも心をくすぐるし、このアルバムの中においてこの1曲の存在感は大である。ラストの「Fingerprint File 」では前作の流れから今後の「Miss You」に繋がる様なディスコ調のファンキーな曲なども取りあげている。着実にストーンズの音楽は変化してきているし、ミック・テーラーの時代が終わって次のストーンズミュージックの布石になった一枚ではないだろうか。ミック・テーラーって地味な扱いだけど、「Time Waits for No One 」で見せたギタープレイのセンスから見てもストーンズに与えた影響力も大きく、キースとの相性も良かったのに評価低いよね..
kotaroblog_stonesi_iorr2.jpg
ピアノにはまぁお馴染の大物たちビリー・プレストン、イアン・ステュアート、ニッキー・ホプキンスが参加している。ビリー・プレストンのクラビネットのグルーヴは最高だね。
ジャケットアートはGuy Peealertという人でボウイの「ダイアモンドの犬」のジャケアートも手掛けている人だ。遠巻きに描かれているが5人の表情が見事に特徴を掴んでいる。
kotaroblog_stonesi_insert2.jpg 

kotaroblog_stonesi_insert.jpg 
インサートの表裏。ジャケに一切の情報が無いのでここに記されている。逆面にはセッションメンバーの写真が。
kotaroblog_stonesi_label.jpg 

coc-59103-A1 B2  両面にROLLING STONES RECORDSの刻印あり。
これはA面のマトリックスが1のレア盤で、大体市場に出てるのはA-2B-2です。とにかく低音がブンブン鳴っていて音圧が高い。迫力満点の音質だった。「If You Can't Rock Me」はギターの切れ、ベースの鳴りとも素晴らしい一枚。

今年は後1回アップ出来るかなぁ~酔い潰れたら無理かも知れないので、今年も大変お世話になりました(特にアフィリエイトの面でも(^^;;)m(_ _)m
来年もゆる~りやりますので「コタローの日常」どうぞ宜しくお願い申し上げます。


スポンサーサイト

category: Rolling Stones

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/127-8bf79d30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。