Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

SACD「究極」これまた究極のサウンド  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

トップの画像を変えてみました。本当に貴重盤を収集してる方から見れば全く大した事無いですが、趣味程度にUKを中心としたオリジナル盤を買っては喜んでます。色々調べて当たりはずれを一喜一憂して購入する喜びはやめられませんね。
これからも1週間に一度程度の更新でやって行きますのでどうぞ宜しく!
と言いながらも今日も仕事だったので時間が無くCDで(^^;;
最近LPばかり買っていてドリームシアター以来のCDの購入でした。
kotaroblo_sacd_going.jpg 
kotaroblo_sacd_going2.jpg
7月28日投稿のAudio Fidelity社のスーパーオーディオCD「究極」。危機のSACDからの第2弾で、イエスのはとりあえずこの2枚だけの発売となっている。危機はSHM-CDのあと聞いた事もあり凄く良い音だったけど何となくぼーっと聞いた感があったけど、この究極はアルバム自体かなり久しぶりで、いきなりSACDを聞いたので素晴らしく良い音に感動した。とにかく音の分離が良く、はっきりとした楽器の位置が分かるし、コーラスひとつとっても浮き上がる印象だ。「Going For The One」のクリス・スクワイアのベースのスクラッチ音までくっきり聞こえる辺り、これが通常聞こえない音なのかと驚愕する。「Turn Of The Century」のイントロのアコギの音にもため息が出る様なクリアな音だ。終わりのSEもくっきり存在感を持っている。「悟りの境地」の様な静と動の入り混じった大曲も生の楽器パートとエレクトリックの音の分離が良く迫力の中にも澄んだ音が響いているので凄く奥行きの深い音空間になっている。いずれの曲にせよイエスの楽器の一つであるコーラスパートの浮き上がりが今まで知っている音源より遥かに効果的になっている。このアルバムの曲調、構成がこのフォーマットに嵌っているのだろう。これは再生機所有の方には激お薦めの一枚である。もちスティーブ・ホフマンのマスタリング。
kotaroblo_sacd_goingin.jpg 

kotaroblo_sacd_goingin2.jpg 
6面体のライナーが付いているが、まぁオマケみたいなもので。重要なのは中身ですから..


スポンサーサイト

category: YES

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/115-53e069cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。