Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ロンドン・タウン / ウィングス ~ロンドンの汚れた地面に銀色の雨が降り注ぐ~  

文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  
kotaroblo_wings_londont.jpg 
1978年発売「ロンドン・タウン」。1977年にレコーディングを開始するも、スタジオ生活にうんざりしてヴァージン諸島にヨットを借りて船上レコーディングを開始するも帰国後「マル・オブ・キンタイア~夢の旅人」のレコーディング時にはジミー・マッカロクは脱退し、その後ジョー・イングリッシュも脱退。ウィングスは再び3人でのレコーディングに入るが、リンダは9月に長男ジェイムズを出産しているので一部録音には参加していない。私はこのアルバムがリアルタイムで(中学2年)初恋真っ最中の中「幸せの予感~With A Little Luck」のエレピの響きにキュンキュンしていた頃(バカ)なので想いで深いアルバムだ。当時誰でも知っていたミュージカル・ムービー「サタデイ・ナイト・フィーバー」によりずっと1位を記録していた英国ランキングも途絶えたが、先行シングルは「夢の旅人」は「She Loves You」の売りげ記録を抜く驚異的ななヒットを達成している。メンバーが抜けた為、途中で何曲かはデニー寄りの作品が入っているが、ヒット間違いなしのポールの作品に絡んでスムーズな小作品の流れがバランス良くて、メンバーの縮小、船を含む5回に渡りスタジオが変わると言う通常なら一過性のないアルバムになりがちだが、不思議に今までのアルバムの中でも凄くスタイリッシュに出来上がっていると思う。ポール・マッカートニー自身の製作意欲が年齢的にも充実していたのではないかと思う。
kotaroblo_wings_londont2.jpg
 
ある文献を読むと、もともと「Water Wings」とタイトルが付けられていたらしが、多分メンバーの脱退で楽曲であった「London Town」に変更されたのではないかと推測する。このジャケットはこの3人のアイデアで、タイトルに合わせたジャケットデザインになっている。良いか悪いかは別として、ロンドン・ブリッジのバックがやはりベストだったのだろうね。 内容も英国の叙情詩たっぷりの曲が多いからね、皮肉りもあるけど。
kotaroblo_wings_londontin.jpg
インサートには歌詞と、何処で録音されたかの記述が記載されている。タイトル横に船マークが付いているのがヴァージン諸島でのレコーディング。タイトル曲の「ロンドン・タウン」はポールの英国に対する愛情と皮肉がたっぷりの曲だけど、ポールにしか作られないメロディーが素晴らしい。このアルバムの最初の頃に録音されているのでツアー中に作った曲なのだろうけどそんな状況で良くこんな凄いポップな曲が出来るものだと今でも凄いと思う。PVはポールとデニー・レーンが終盤のスライド・ギターを弾いている映像だが実際はジミー・マッカロックが弾いている。スライドの名手だったからね。A2曲目「セーヌのカフェテラス」はバージン諸島の船上レコーディングでの最初に録音された曲で、この雰囲気はウィングスとしての息がまだ残っているし、疾走感がたまらない。A3曲目「I'm Carrying」はポール1人の多重録音で、ゴドレー&クレームが開発した「ギズモ」の独特なチェロの様な音がバックで鳴っているが、曲は今までにも何曲も作ってきたポールのアコウステック楽曲の一つ。A6曲目「Chldren Chirdren」はデニー・レーンの曲で、如何にもデニー・レーンの曲とすぐ分かるように牧歌的で、民俗音楽に影響を受けていたデニーらしいケルトな雰囲気を醸し出していてメロディーも優しく覚え易い。A7曲目「ガールフレンド」これも本で読んだけど、元々マイケル・ジャクソンに送った曲で、実際マイケルも収録しているし、そもそもポールもファルセットでそれ風に歌っているんだから辻褄も合うよね。マイケルはポールに曲の作り方の指南を受けたとされているが、当時からマイケルとの関係は深かったようだ。A8曲目「別れの時~I've Had Enough」はセカンドシングルで、軽快なR&Rな曲でバージン諸島での録音。あまりヒットしなかったようだがやはりポールはシャウトする曲が似合うし、単調と言えば単調でヒットしなかったのはそんな理由だろうがポップに纏まった好きな曲。
kotaroblo_wings_londontin2.jpg
先にも書きましたがB1曲目「With A Little Luck~幸せの予感」は中学生の幼い心を揺さぶった曲で、意外にもまだウィングスとしての5人メンバーでの録音で(雰囲気はポールとデニーだけで作ったように聞こえるが..)バージン諸島でのレコーディング。英国よりも米国で1位を獲得した。ほぼキーボードでの曲だけどポールのボーカルが素晴らしいし、「ちょっとした運があれば成し遂げられる」と言った歌詞が心を癒してくれる、私には想いで深い曲。B2曲目「伝説のグルーピー」3曲目「子供に光を」もバンド・オンザ・ランやビーナス&マース頃の楽曲という感じだが実際「子供に光を」はビーナス時代に書かれている。でも録音時代はメンバー2人が抜けた後の録音。ボーカルはデニー。ラストの「モース・ムースとグレイ・グース」もバージン諸島船上レコーディングで、エンディングを飾るには相応しい6分半の大曲で、このアルバムでも「ロンドン・タウン」なんかがそうだがポールとデニーの共作はお互いが持ち寄った曲をセッションで繋げ合わせていくという作風が多く、この曲もハードな部分を多く締めているが、多分デニーの作風であるケルト調のパートが中間を締めていて、そこからフォーク調の雰囲気を保ちながらハードなエンディングを迎えると言ったなかなかインパクトのある曲でこのアルバムでも一番格好良い曲だ。
kotaroblo_wings_londont_pos.jpg
結構な大きさのポスターが付いている。真ん中の丸抜き部分が例のバージン諸島に浮かんだ豪華ヨット「Fair Carol」。雨が多いロンドンに嫌気をさして船上で録音したのだが、そのおかげでロンドンタウンって名曲も生まれているのだから..
kotaroblo_wings_londontpost.jpg

表面?抜けた2人のメンバーは裏面にも殆ど写っていない(後ろ姿位?)この面も3人のみ。そりゃそうだろうけどね。
kotaroblo_wings_londontlabe.jpg 
YEX 975-1 976-1 A面にMasterd by Nick Wの刻印あり。英国ファーストプレス。昔出た国内盤のCDと聞き比べてもこの盤は音圧が凄い。バンド・オン・ザ・ランなども顕著に表れていたがベースの低音が半端なくブンブン鳴っているし、ポールのボーカルも前面に出てて立体感がある。プロデュースはポールでエンジニアは旧友ジェフ・エメリックである。
kotaroblo_wings_londont_lab.jpg 
Side-2はカラーのロンドンブリッジのレーベル。A,B面マト1はそれほど出てこないので出たらすぐゲット!

  ↓注意!音出ます


スポンサーサイト

category: Paul McCartney

tb: 0   cm: 2

コメント

・・・こんなに明るい感じだったんですね。
ということは、このLP、お店で一度も裏側をひっくり返して観たことがありません。
ちなみにスピード・オブ・サウンドは持ってるのですが、裏側が顔写真だってことに、いまさらながら気づきました。
オーバーアメリカばかり聴いていたからかなぁと・・・。

URL |  #99DFA69w
2013/10/01 07:05 | edit

羊 さん、

>・・・こんなに明るい感じだったんですね。

ポールの本で読んだのですが、ロンドンの気象にはほとほと嫌気がさしていたようで、その感情の表れがこのグレー基調のジャケットになったのではないでしょうか。せめて裏面は澄んだブルーにとか。

>裏側が顔写真だってことに、いまさらながら気づきました

正直言って全く好きではないです..あの写真。因みに米盤は一部あるメンバーの写真が反転してます。
オーバーアメリカとグレイティスト・ヒッツ聞いてたら事足りますものね~

URL | kotaro #vTu02RJ.
2013/10/02 00:06 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/111-5ae8298b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。