Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

デイブ・カズンズ / Two Weeks Last Summer 「ブルー・エンジェル」は飛び抜けた名曲!  


文字色
ランキング参加中です。ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 

kotaroblo_dcuusins.jpg 
先日東京出張だったのですが、行く所×2オリンピック招致のポスターや看板を目にしましたね。正直地方モンにとってはひがみの対象でどうせ見に行けないもん、と呟いてみるが東京が五輪で潤えば日本経済も潤う、これはやはり日本国民にとっては重要な事なのだ!ともっともっと地方に訴えかけるべきだった..ような。目が覚めたら万歳!三唱してる事に期待しよう。
それで今回は..ポール・マッカートニーまだ2,3枚あるのだけど、ちょっと立ち寄った(うそ、わざわざ時間のない中駆け込んだ、30分ででないと飛行機に間に合わなかった^^;)某レコード店で見つけたデイブ・カズンズのソロアルバムにしました。これが素晴らしい美ジャケ、美盤で、EXどころかM-クラスのものだったので時間もなかったのでお持ち帰りにしました。ストローブスはリック・ウェイクマン関連から聞くようになり、リックのコンピ・アルバムの「砂時計」でカズンズのソロの楽曲を聞いて海外サイトからCDを購入して聞いていました。デイブ・カズンズって人はまさに「The Strawbs」な人で、彼自身が持っている才能を別に披露したかったのか、とにかく凄い人脈で作ったアルバムで、リックを始めD・パープルのロジャー・グローバーやコロシアムのジョン・ハイズマン、ミラー・アンダーソン、ストローブスからD・ランバートやエンジニアにTom allomとやはり1972年は彼にとって円熟期だったのでしょう。

kotaroblo_dcuusins2.jpg
タイトル曲の1曲目はサンディー・デニーもフォザリンゲイ時にカバーしている曲で、このアルバムいわゆる本家は少しサイケデリック漂う幻想的な味付けが印象的だ。フィルターの掛かった様にエフェクトの効いたG、Bに囁く様なカズンズのボーカルがドリーミーなお伽噺の様で良いですねぇ。サンディー・デニーの方はトラッドフォークそのものの、癖なく歌い上げている。やはりどうしても取りあげなくてはいけないのはA-3の「ブルー・エンジェル」だろう。クラシカルなガットギターの旋律から始まる泣ける曲で組曲となっているが基本サビのメロディーの使い回しで、そんなにプログレ、プログレしていないので聴き易い。ここで歌い上げているD・カズンズの声が素晴らしいし、彼の作曲能力も凄い。この曲はストローブスには持って行けないし、この曲の為にソロアルバム作ったんじゃない、とも言えるんじゃない?(笑)ただその演出効果に一役かっているのがリック・ウェイクマン。一度聴けばこの独特な手癖で分かるのだが、この曲に合うアルペジオはリックにしか弾けないし、オルガンの調べも独特なものだ。B面はらしくない曲が頭とお尻に配置されている。R&Rな痛快な「The Actor」やM・ボランぽい「Going Home」などソロ向けのチェレンジ精神も見せているし、B-4「We'll Meet Again Sometime」のように鳥のさえずりをバックにミラー・アンダーソンのスライドG(Good Job!)と共に田舎臭さ満載のフォークソングもある。このさえずりはまるでheronのようだがD・カズンズにも似合う。 ストローブスでない自分自身に似合う曲をこれだけのクオリティーでアルバムにしてしまう作曲能力に感服のデイブ・カズンズのソロアルバムでした。 邦題も「忘れ得ぬ夏の日」とグッド!
kotaroblo_dcuusins_label.jpg
A&M Records AMLS68118A 1△W AMLS68118B 1△W UKファーストプレス。
まず盤にほぼ傷が無いと言う盤質だったので非常にクリアーな音が鳴っています。多分この人の声を聞くのはUK盤に限ると思う。こんなブリティッシュフォーク・サウンドはファーストプレスの繊細なMix、マスタリングで聞きたいものです。
これで千円札ほんの数枚で買えました。良い買い物だったぁ~

因みに白のPatent Nos, Made In Great Britain印刷のインナーバッグが付属します。



注意!!音出ます↓


スポンサーサイト

category: Dave Cousins

tb: 0   cm: 2

コメント

見事なすれ違い^_^;

ストローブスは骨董品で止まっております^_^;
目的地上空が悪天候で降りられず、飛行機が羽田に戻ってしまい、鉄道で往復してしまいました。その上、現地、雷雨のため、ふらっと出かけられず、某所3Fにあるという伝説の日本の有名ヴォーカル&ダンスユニットと同名のお店を荒らし損ねてしまいました^_^;
実は、この前に、現地に行ったときには、駅が信号故障で、湯沢発の終電にギリギリ間に合って帰れたという・・・。
鬼門かも(笑)
でも、観光で行きたい町並みですよね~(^^)

URL | 羊 #bi5J7TT.
2013/09/08 02:32 | edit

羊 さん、

金沢に来ていたのですねぇ~ 
この次お越しの際は声を掛けて下さいね。
ここ辺境地はパイロットも降りたくない空港ベスト3に挙げられておりまして(--;飛ばなかったり、戻って行ったりは日常茶飯事でございまして(^^;;とにかく天候が変わり易く、地元になりかわりましてお詫びを申し上げます(^^

>日本の有名ヴォーカル&ダンスユニット

??あれ何処でしょう

あと2年位すると新幹線が開通しますので飛行機よりも早く着く様になりますので是非観光でどうぞ~
しかし見事なすれ違いでしたね。

URL | kotaro #vTu02RJ.
2013/09/08 09:00 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/108-2b3157fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。