Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

レッド・ローズ・スピードウエイ / Paul McCartney & Wings まだまだ続くポール来日記念  


文字色
ランキング参加中です。ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)


kotaroblo_wings_red.jpg
Wingsとしての2作目、1973年発売の「Red Rose Speedway」です。前作のセールス不振、不評のあおりを受けて今回より冠にポール・マッカートニーを付けてより分かり易いバンドネームにする事を会社より強要されております。今作は「My Love」という強力なヒットシングルが入っておりますのでセールス的には成功、ポールもビートルズ解散後からの方向性を探る中、ウィングスをより確実なものにする為リードギターにジョー・コッカーやジョージ・ハリソン等のセッションで活躍していたヘンリー・マッカロクを加入させ、デニー・レーンはリード&サイドギター、ポールがピアノの時はベースと、全盛期に近いライブ演奏にも適した配置でよりバンドとして纏まろうとしているのが分かりますね。ただリンダのウィングスにおける存在理由が分からん!等とかなり不満も口にしていたヘンリー・マッカロクはバンド・オン・ザ・ラン前にドラマーのヘンリーと共に脱退する。ファンキーな風貌や、スワンプ寄りのプレイはどう見てもウィングスをずっとやって行くにはやはり不向きだったのだろうね、でも「Hi Hi Hi」などの純粋なロックンロールにはこういうファンキーなノリがピッタリだが。30曲以上録音された様ですが、「ラム」レコーディング時のお蔵入りだった曲も2曲入っていて、リードGが他メンバーによるものが収録されるなどレコード会社からの売れるアルバム作りのプレッシャーも相当あったと思われる。しかしポールにしか書けない様なメロディーライン目白押しで素晴らしいアルバムであります。
これを聞くと思うのですが..このメンバーで「バンド・オン・ザ・ラン」を聞いてみたい。ヘンリー・マッカロクは2012年に危篤状態に陥ったという情報が流れていたけどあれからどうなったのだろう??
kotaroblo_wings_red2.jpg
アルバムの顔であるオープニングの「Big Barn Bed」はRam Onのリプライズの終わりくらいにほんの数秒演奏されているパートの練り直しなのだが、まぁ何となくそれらしいがやはりヘンリー・マッカロクのスワンぴーな泥臭いフレーズから始まる、それとは随分違うポールならでわのメロディーでノリノリな曲。ここですでに心は掴まってしまいます。畳み掛ける様に「My Love」。メロディーといい構成といい全く隙のない曲で完璧なラブソングです。ヘンリー・マッカロクのおき土産となったギターソロも完璧すぎて素晴らしい。後のリードのジミー・マッカロック(名前似すぎでややこしい)も完コピでライブ演奏してますよね。昔ちょっと聴きすぎて飽きましたが...「Get On The Right Thing」はラムのセッションアウトテイクをそのまま収録した曲。ゴスペル調のノリのある曲でアルバムの路線とはやはり少し外れていると思う曲。1曲ライトな曲を挟み「Little Lamb Dragonfly」。これもアルバムの流れでは浮いている曲だが、その優しさあふれるメロディー・ラインはポール独自のものでこれはこれですんごい良い曲。終わりのら~~ららら~らなんてメロディー覚えるなって言っても無理な話。ポールの得意技ですな。B面でも「When The Night」のバーラード曲や、後半を締める4曲メドレーも後にウィングスの定番となる「あの娘におせっかい」的なポップ系サウンドが聞けるが、これが繋がると不思議な感動を呼ぶ所が計算高いライティングセンスとアレンジ力なんだろうね~
kotaroblo_wings_redtenji.jpg
英盤の裏ジャケ左上には点字で「We Love You」と打たれている。これは敬愛するスティービー・ワンダーに送ったもので、米盤はジャケ下の方に打たれている。後発のプレス盤には打たれていない。
kotaroblo_wings_redbook1.jpg
ジャケの内側にプログラムと表したブックレットが取り付けてあるが、私の購入したものは格安だった理由にこのブックレットが外れてしまっていた。本来はジャケにホッチキスで打ち付けてあります。全12ページ。全て公開↓
kotaroblo_wings_redbook2.jpg
2-3P 

kotaroblo_wings_redbook3.jpg
4-5P
今となっては貴重なライブステージショット。やはりウィングス時代はリッケンバッカーが似合うね
kotaroblo_wings_redbook4.jpg
6-7P
曲目とメンバーフォト。各曲目に参加メンバー&ミュージシャンが記載されている。デビッド・スピノザ等ソロ時代にセッションミュージシャンとしてゲスト出演したメンバーは3人。
kotaroblo_wings_redbook5.jpg
8-9P

kotaroblo_wings_redbook6.jpg
10-11P

kotaroblo_wings_redbook7.jpg
12P
歌詞カード。至れり尽くせりの豪華ブックレット。

kotaroblo_wings_redlabel.jpg
YEX903-3 904-3UKファーストプレス。
アラン・パーソンズを含め複数のエンジニアが参加しているのと関係あるのか分からないが、曲によっては結構音質が違うので結構バラツキがある。しょうがないが特にA面は特にだ。マイ・ラブの録音はあまり好きではないが曲が良すぎて..
オークションや業者の値付けはVG++~EXクラスで5K前後で売られているが、中のブックレットが外れているものが多いので要注意。(記載してない部類には)

スポンサーサイト

category: Paul McCartney

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/106-26e32903
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。