Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

SACD「危機」を聞く  

文字色ランキング参加中です。ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 

sacd_ctte.jpg 

発売が遅れましたがAudio Fidelity社より「危機」のSACDが発売されております。現在は「究極」も発売されております。
歌詞が載っているちょいとしょぼいジャケがケース裏に入っております。リミテッドNO入りで2202番でした。どれくらいプレスされているのか分かりませんが5,6千枚と言ったところでしょうか。
YESに関してはライノより最強Boxセットとなる「High Viblation」16SACDディスクセットも発売されます。

kotaroblo_sacd.jpg   

Audio Fのスティーブ・ホフマンのリマスタリングによるもので、SHM-CDと聞き比べてみました。勿論フォーマットとしては全く別物なので どちらが良いとかではなく、どれだけ平凡なオーディオでも感じ取れるかと言う事です。通常のCDのリマスター盤は聞く度にその音圧と言うか音量のレベルの高さにおおっ良い音と感じてしまうのですが、画像奥の40周年記念紙ジャケSHM-CDはその中でも迫力と音の粒のきめ細やかさでは結構のレベルの高さだと思います。で、SACDの方。Pure Directモードで観賞。「危機」冒頭の鳥の声、川のせせらぎのSEから全く違いますね。こんなに臨場感のある綺麗な音は他では聞いた事ありません。
S・ハウのソロ部やリック・ウエィクマンのオルガン等が凄く誇張されている感じではないようです。シベリアン~でのソロ部分などはSHM-CDは凄く浮き立つ前面に押し出されていますが、このSACDではバランス良く鳴っていますし、パイプオルガンシーンでも迫力には欠けますが、妙に音割れもなく綺麗な音がします。UKのアナログ盤をかなり意識した音になっていますね。それでいて音の細部に磨きがかかっているのだからクリアーな音で間違いありません。こうなると最近のユニバーサルプレイヤーの普及で安価なSACDが出てきてもおかしくないはず。期待しましょう。ハードに合わせて良い音が聞ける時代が来ましたが、ソフトをもっと安く提供してくれないと困りますね。 SACDのサイトはこちら 最新の情報はこのYES BOXになってますね。
kotaroblo_sacdgenesis.jpg  
ジェネシスもファーストからハイブリッド盤を所有しておりますが、正直まだ真剣に聞いたのは「月影の騎士」のみ。ファーストまではいつになるやら..
ただDVDも付いていて、特に紙ジャケの方はインタビューに加えかなりレアな特典ライブ映像も付いているので魅力です。



スポンサーサイト

category: YES

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://kotarotail.blog.fc2.com/tb.php/101-0d15b23d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。