Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

RENAISSANCE / Live At Carnegie Hall  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!! 



 kotaroblog_renaissance_l.jpg


ルネッサンスの中心であったマイケル・ダンフォードが亡くなって2年以上経ちましたね、早いものです。3月に「Delane Lea Studios1973」と言うBBCラジオ放送用のスタジオライブ・アルバムが発売になります。このアルバムの魅力は一番旬な頃の演奏に加え、「燃ゆる灰」にアンディ・パウエルとアル・スチュワートが参加していると言う事。このカーネーギーのライブとは一味違った演奏が楽しめるのではないかと思います。

1976年「Renaissance / Live At Carnegie Hall」
1975年6月20,21,22日のNYはカーネギーホールでのライブ録音。 
アニー・ハズラム在籍当時の4枚のアルバムからのベスト盤的な内容で、ニューヨーク・フィルハーモニック・オーケストラとの共演があったりとルネッサンスファンにはたまらない内容となっている。この時期のルネッサンスはジョン・タウトのピアノ、ダンフォードの生ギターが中心となった完全アコウステックスタイルに、クリス・スクワイアをリスペクトしているベースのジョン・キャンプとテレンス・サリヴァンのリズム隊がメリハリを効かせると言うスタイルだった。何と言ってもただのフォークロックではない所が、「Ocean Gypsy」や「母なるロシア」「Song Of Scheherazade」などそのコンセプト、ストーリーが実に幻想的で、ふっと現実感から解き放たれる奥深い曲調が魅力なバンドだ。それゆえにプログレ扱いされるのも当然だろう。
kotaroblog_renaissance_l2.jpg 


イラストレーターのフレッド・マルチェリーノのジャケが秀逸。広げてみるのがベスト。
リッチー・ブラックモアも大好きな曲で、ブラックモアズナイトでもカバーした「オーシャン・ジプシー」や「カーペット・オブ・ザ・サン」などヒット曲もあるが、やはりアナログC面「Scheherazade」がこのアルバムのメインであろう。NYフィルハーモニックとの共演で28分を超える(冒頭オケのチューニングやダンフォードのMCが長く実際25分くらい)熱演である。付け焼刃での練習であろう少しタイミングがずれている感はあるが、やはり殿堂カーネーギーでの緊張感がビンビン伝わってくるので聞き入ってしまう。アラビアンナイトをモチーフにしたこの曲はクラシカルでじつにシンフォニック・ロックの王道を行く曲なので、ここでのオーケストラとの共演ライブは絶好の見せ場となっているし、アニーハズラムの声が無いとこのカーネギーの客をここまで沸かせないだろう。それほどクライマックスは感動的で素晴らしい。スタジオ盤と共にコンダクター、アレンジメントはトニー・コックス。またD面を占める代表作「燃ゆる灰」ではジョン・キャンプのブリベース・ソロがフィーチャーされていて、ここではロックテイストを前面に打ち出した面で対比して良いし、やはりクライマックスの盛り上がりは異常だ。これもカーネギーホールの雰囲気か。
kotaroblog_renaissance_l3.jpg 


内側のジャケデザインのアイデアはアニー・ハズラム。4枚のアルバムの画像と共に、メンバーライブショット、オフステージショット満載。
kotaroblog_renai_label1.jpg

BTM 2001 A-1E B-1E

kotaroblog_renai_label2.jpg

BTM 2001 C-2E D-1E

BTMレコードでこの後ワーナーに移籍する。
ポピュラー系のコンサートも行うが、元々はオーケストラが演奏するクラッシックのホールなので残響が大きくエコー感が強いので少し全体として引っ込んだ音質となって聞こえる。ピリッとした特有の緊張感がひしひし伝わってくる音響だが、良い音がするかと言えばイマイチ。最近のPAや録音設備であればもっと立体感は出ると思うのだが。


スポンサーサイト

category: RENAISSANCE

tb: 0   cm: 0

永遠の詩(狂熱のライブ) / LED ZEPPELIN マト1,1,1,2盤!  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  InstagramインスタグラムへGO!! 



kotalog_zeplive.jpg

LED ZEPPELIN 「The Soundtrack From The Film The Song Remains The Same」が正式名称の「永遠の詩(狂熱のライブ」です。言わずと知れた名盤ですが、このアルバムの元である映画を見たのは多分今から33年前の高校生の頃で、勿論リバイバルで、ウィングスの「Rock Show」との2本立て(当時の地方の映画館は殆どが2本立て)だった。チューブなど未来の産物だった頃、動くスーパースターに飢えてた私たち田舎者は、動くポールやZEPのメンバーの一挙手一投足に鼻血が出る思いで食いついた。映画館を後にする自分の姿は完全にジミー・ペイジになっていたものだ。70年代のロックバンドのライブ盤の凄い所は、殆どの楽曲がスタジオテイクを超えるアレンジ、アドリブフレーズ、ライブならでわのハイスピードのテンポなどここでしか味わえない魅力が詰まっている所だ。ここでも冒頭のロックンロールでの重量感、祭典の日などスタジオテイクよりギターのリフが素晴らしいし、レインソングでの幻想感も1.5割増しだ。「幻惑されて」はもうジミー・ペイジの独壇場だし、天国への階段のソロは完璧と言えるほど心地よい。ここでのソロが良すぎて他のライブテイクやブートを聞いてもこれを超えるものは聞いた事が無い。逆に他のあまりのグダグダ感にイライラすることが多い(笑)何と言ってもハイライトの「胸いっぱいの愛を」のテルミンを入れたあの構成はZEPの全てを網羅しているような気がする。


kotalog_zeplive2.jpg

ジャケはヒプノシスとジョージ・ハーディが担当。黒の色調に廃屋の映画館が印象的で、このLED ZEPPELINのロゴもデザイン的で、何度も学校の机に真似して書いたものだった(^^; どうでもいい事だがオープニングのボーナムの「OK、Let's Go!」と叫んでいるらしいが、未だかってそういう風に聞こえない。実際のセットリス(ムービー)とこのアルバムは曲順が違う。ノークォーターや幻惑されては結構違うが、LPのキャパを考えれば仕方ないがはない。「ブラックドッグ」、「丘の向こうに」、「ミスティ・マウンテン・ホップ」、「貴方を愛しつづけて」が「祭典の日」の後にバッサリ切られている。実際違うテイクも使われているので相互性は無い所もある。殆どオーバダブされていない所が驚きだが、結構細かい所ジミー・ペイジも粗々。


kotalog_zeplive_book.jpg


kotalog_zeplive_page.jpg 

ムービー中のショットの8ページブックレットが添付。邦盤はセパレート(米盤は知りません)だったが、英国オリジナルは内ジャケ取り付けタイプ。映画を見る前にこのアルバムを購入しているので食い入るように見つめていた10代..ジミー・ペイジのダブルネックに憧れたねぇ。


kotalog_zeplive_enbo.jpg  



kotalog_zeplive_book2.jpg 


UKオリジナルは外側ジャケ黒の部分がエンボス加工されている。内側は加工無しのつるっとしたタイプ。邦盤と英国盤ではこのタイトルのシルバーの色合いも微妙に違う。



kotalog_zeplive_inner.jpg
黒のインナーバッグが付属。


kotalog_zeplive_label1.jpg

SSK89402 A1

kotalog_zeplive_label2.jpg 

SSK89402 B1

kotalog_zeplive_label3.jpg

SSK89402 C1

kotalog_zeplive_label4.jpg


SSK89402 D2


kotalog_zeplive_matrix.jpg 

D面のみ2のファーストプレス。今の所これが一番若いマトらしい。全てWマーク付き。Made in UKは無いタイプ。
結構ファーストプレスがマトオール2だとされていたが、プロの方に聞いたら最近このマト1盤が出てきたのでこちらがファーストプレスではないかと言う事だ。音質的にはさほど変わりは無いかもしれない。ただ本当に見かけないのと、1を消して2と訂正してある盤もあるので、何かの理由で早めに移行したのではないか、と推測するが何の検証も保証もありませんので。
SHM-CDのリマスター盤(最強盤)と比べると、リマスターだけあってかなり誇張されている部分が多く伝わってくる雰囲気がかなり違う。アナログ盤はオーディエンスのざわめき、声すらリアルに伝わってくる。それほど臨場感に富んだところがアナログ盤の良い所だ。ただSHM-CDリマスターは楽器の線が非常にクリアになっている。ぼやけた線がピーンと張ったような感じ。これは一長一短あるところ。



category: Led Zeppelin

tb: 0   cm: 0

Curved Air / Air Cut エディ・ジョブソンの若かりし勇姿  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  InstagramインスタグラムへGO!! 


kotalog_curvedair_cut.jpg 
ロキシーからのエディ・ジョブソン繋がりでプログレから73年のCurved Airから「Air Cut」。ジョブソンがロキシーの前に居たバンドである。
前作「Phantasmagoria」で1作目2作目から徐々にサイケなサウンドを削ぎ落として、見事にブリティッシュ・プログレとしての纏まりを見せて一番聞き心地の良いアルバムを発表したが、ダリル・ウェイを含むメンバーが相次いで脱退、ヴァイオリン、キーボードにエディ・ジョブソン、ギターにKirby Gregory、ドラムにJim Russellを迎えこのアルバムを発表した。バンドの顔であるソーニャ・クリスティーナの存在感がCurved Airを支えているが、作品自体は早急に繕った感が漂っており、1曲1曲はそれぞれの持ち味が生かされており良いのだが、少しサイケデリックだが一番押しの強い1作目と少しサイケ感を抑え地味ながらもプログレ色を押し出した2作目、一番まとまりを得たアンサンブルの3作目が生まれた経緯からすると、バンドとしての纏まりが無く散漫な感じがセールスに影響したのか売れずバンドはこの後一時分解、その後再結成と解散を繰り返している。


kotalog_curvedair_cut2.jpg 
後々話題になったのは全くCD化がなされず、何と2004年まで正式なCDとしての発売は無かった。ずっと廃盤扱いされていたのでE・ジョブソンファンの間でも伝説のアルバムとなっている。それもそのはず、E・ジョブソンなんと17歳の若かりしプレイである。17歳でこの演奏能力、作曲能力は恐るべし早熟である。取り上げるべくはやはりジョブソン作の「Metamorphosis」で、プログレロック・ファンなら誰しも喜びそうな構成で、イエスにも通ずるところアリのシンフォ・ロックである。彼の経歴からしても、意外に前衛的な所は無く、割とポップで分かり易いサウンドを作るところが魅力である。こう書いておくと凄くシンフォの世界を想像させてしまうが、1曲目の「The Purple Speed Queen」(んーD・パープルをオーマジュしたようなこのタイトル)ではいきなりキレあるギター・カッティングのロックチューンで始まる。これは新規加入のカービー・グレゴリー色のサウンドで、この人は如何にもブリティッシュ・ロック・ギターリストって感じのなかなかツボを押さえたフレーズを弾くので好印象。まぁソーニャのボーカルのみがCurved Airしてるだけで、この辺がばらけてる印象を与えている原因だろう。2曲目の「Elfin Boy」でのジョブソンのバイオリンは、ダリル・ウェイのクラシカルで繊細な音よりももっとアグレッシブで型にとらわれていない旋律だ。この辺は好みにもよるだろうが、他にも1曲1曲は悪くないと思うのでジョブソンが在籍した貴重な音源として聞こう。
それにしてもこの裏ジャケの絵、なぜこのような絵にしたのか疑問である。当時の時代背景かもしれないがセンスを疑う。



 kotalog_curvedair_cutin.jpg

右端上のエディ・ジョブソンの美少年写真と言ったら..


kotalog_curvedair_cutlabel.jpg 

K46224 A1 Porky刻印あり B1Pecko刻印あり。

CDのマスタリングは聞いていないけどなかなか図太いサウンドで、Metamorphosisの冒頭のピアノからの緊張感がたまらん。でも結構ちゃちなムーグにつながるけどね。

category: Curved Air

tb: 0   cm: 0

ロキシー・ミュージック/ Siren   

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  
kotalog_roxy_siren.jpg 


1975年ロキシー5枚目のアルバム「サイレン」。
ミック・ジャガーの元奥の方がイメージ強いが、この当時ブライアン・フェリーの恋人だったジェリー・ホールがアルバムタイトルの「サイレン」、ギリシャ神話でのセイレーン風のメイクで、何とも言えない淫猥な目つきで見つめるブルーが基調となっているジャケットがロクシーらしい雰囲気だ。どうしてもブライアン・イーノがいた頃のロキシーは、イーノが居ると言うだけでアヴァンギャルドだと印象付いてしまうのと、やはりねちっこさがどうしても好きになれなかった。とは言え「カントリーライフ」や「ストランディッド」も殆ど聞いてないけど。私はボウイと比べたがってしまうのだが、あれほど潔くやりきっていないスカした感じがルックス、音楽性に反映されてて田舎のニューヨーカーのイメージで見てました(^^;でもこのアルバムは丁度AOR路線集大成の「アヴァロン」と初期の作品を2で割ったようなサウンドで、程よく軽快感があってロキシーの中では一番好きなアルバムです。決定付けたのはB面トップ(CDでは5曲目)の「She Sells」で、初めてエディ・ジョブソン(この頃はEdwin)がフェリーと組んだ作品で、イントロのピアノが抜群なポップ感と爽快感を持った曲で、その上プログレな要素も持ち合わす迷走ロックファンにはたまらない1曲に仕上がっている。最大のヒットとなった「Love Is The Drug(恋はドラッグ)」はオープニングに適した曲で、ベースの効いたテンポの小気味良い曲だが超ノリノリと言うわけでなく、そこは英国のグレーのフィルターで覆われております。ジョブソンのバイオリンが印象的な「End Of The Line」とフィル・マンザネラのアヴァンなギターが展開を予想させない「Sentimental Fool」、これが後半なかなかのメロディで唸ります。この辺でもうこのアルバムのヒット性が確証付いた感じはしますね。他にもマンザネラのギターが面白いB面の4曲目の「Nightingale」も良い感じですね。もうこれぞフェリー節「Just Another High」辺りはロキシーファンには必ず上げる1曲でしょう。いずれもポップスからプログレ畑を歩いたプロデューサーのクリス・トーマスが上手く売れるアルバムに作り上げてあると言った印象でしょうか。どちらかと言うとサウンドはアンディ・マッケイが鍵を握っているので、もう少しエディ・ジョブソンの音楽性をミックスすれば良かった気がするが...地味だけど「Both Ends Burning」のバックのシンセなんか如何にもっていうセンスなんだけど。 この一枚で一時解散する。
でも群を抜いて「She Sells」は素晴らしいなぁ~E・ジョブソン贔屓なのかな?


kotalog_roxy_siren2.jpg
ベースのJohn Gustafsonはゲスト扱いだったので裏面のイラストは5人のみ。

kotalog_roxy_binner.jpg
islandマーク入りのブラック・インナーが付属。

kotalog_roxy_slabel.jpg


ILPS 9344 A3 B4


A3/B3と言う盤が今まで見た中で一番若いマトで、どうもその辺が初回になりそう。
結構色んな楽器の要素が詰まったバンドなので、主力になるパートが分かりずらい。フェリーのボーカルは勿論だが、意外にベースに結構重きを置いているサウンドに聞こえる。それなりにズシ、ズシくるサウンドなんだけど、その分曇り掛かった音質になっている。





category: Roxy Music

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。