Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

スティッキー・フィンガーズ / ストーンズ~自身レーベルが放った傑作  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  

kotalog_stickyfingers_all.jpg

1971年「スティッキー・フィンガーズ」
デッカからの契約を前作の「ゲット・ヤーヤーズ・アウト」のリリースで終わらせ(正式にはEPもあったが未発売)、新たに自身のRolling Stones Recordsを立ち上げた、その第一弾アルバム。このアンディー・ウォーホルのジッパー付ジャケに、代名詞的な代表曲となる「ブラウン・シュガー」でストーンズの中でも1番インパクトの強いアルバムでしょう。

kotalog_stickyfingers_uk.jpg


UKオリジナル盤です。ちょっとジッパー部分が錆びついていて上げ下げがスムーズにいかなくなってますが(--;。UK盤はハンコ調(何でもブートレッグのハンコを模した様だ)ののタイトルが押されている。米盤、英盤カタログナンバーが同じなのでこのロゴの位置が見分けの判断となる。このジャケはヴェルベット・アンダーグランドのバナナと並んでロック史の財産として残されるべきアートワークだろう。ジッパー部分はYKKをはじめメイカー違いや、ラージタイプ、スモールタイプなどいろんなバージョンがあるが、どれにどれがついているからと言って最初期盤の区別には関係ないようだ。アンディー・ウォーホルの関係者(スタッフ)がモデルらしいが、かなりもっこりとした腰から下の写真にファスナーを取り付けると言うこの感覚は凄いけど、人のイメージを最大限高ぶらせる危ないジャケギリギリの線だろう。

kotalog_stickyfingers_ukbac.jpg


ジャケ裏側。新しくデザインされたベロマークが。

kotalog_stickyfingers_ukin.jpg


ジッパーを下して中を覗けばアンディー・ウォーホルのサインが入ったブリーフ姿のボードが見える。ここにももっこりがちゃんと写っている。スペインでは卑猥扱いで別バージョンのジャケットで発売された。かなりの所までジッパーは付いていたが、確か凄く後に出たプレスにはジッパーも画像になっていたような気が...

kotalog_stickyfingers_top.jpg


UK盤はトップオープン。米盤はサイドからの取り出しとなっている。

kotalog_stickyfingers_inner.jpg



UK盤のインサートは袋ではなくてカードとして添付されている。袋はプレーンの白のインナーバッグが付属。大欠伸のミック、ちゃーり・ワッツやミック・テイラーも若い!

kotalog_stickyfingers_in2.jpg 

裏面?は新しくデザインされたベロマークが全面に。アンディー・ウォーホルのデザインに思われがちだが、普通の美大生がデザインしたようだ。米盤、邦盤にはアンディー・ウォーホルのクレジットしかないので全てアンディー・ウォーホルのデザインに思えてしまう。やはりインスピレーションはミックの口元だったようだ。

kotalog_stickyfingers_jap.jpg


この邦盤は79年ころに発売された再発の廉価盤だが、仕様は完全に米盤と同じ。ファスナーはYKK。UK盤と違いロゴはベルト付近にこじんまりと書かれてある。ブリーフ部分は同じだがサイドオープンの取り出し口。

kotalog_stickyfingers_injap.jpg

インサートはカードではなくてレコード袋になっているのが米盤。ロゴのデザインが微妙に違うし、曲名の印刷部分も違うし内容も少し違う。逆面の写真は同じ。

kotalog_stickyfingers_liner.jpg 

立川直樹氏のライナーが書かれている。1979年のものなので写真がもうロン・ウッドになっている。

kotalog_stickyfingers_uklab.jpg
COC59100 A3/B4 Rolling Stones Records刻印両面あり。

UK盤はあのスタンプ調のロゴ印刷と赤一色のベロマークが。両面3/3が一番若いマトらしい。とにかく昔よく聞いたアルバムで、一時聞き過ぎて飽きてしまった思い出が..ブラン・シュガー(若い頃はブラウンシュガーって何の事?ってホントに分からなかったし、時代背景も今よりは殺伐としていなかったよなぁ~)、「Sway」、「Wild Horses」の流れは完璧だった。とくにSwayのストリングスと絡むところなんか、ビートルズにはない野獣と美女的な興奮を覚えた。「You Got ta Move」はキースとミックのライブ演奏を映像で見てから一段とこの格好良さに魅了されたし、B面の「Sister Moorphine」ではスライドの名手ライ・クーダのスライド・プレイが秀逸だ。ミック・テイラーとは違う旋律とカントリーな雰囲気で凄く面白いが、Swayなどでみせるミック・テイラーのロックテイストなスライドフレーズは気持ちが良い。まぁあんまり好きになれないポップな「Dead Flowers」の様な曲もあるが「Bitch」も含め大ヒットする要素満載の中期~後期の代表作と皆認めるところでしょう。オルガンにビリー・プレストン、ピアノにはニッキー・ホプキンス、イアン・スチュワートが参加。

kotalog_stickyfingers_jlab.jpg

これは邦盤だがレーベルのデザインとしては米盤に準ずるところで、ベロマークは向かって右端に赤、白、黒のベロが。ちょっと簡素な感じ。UK盤は中音域と低音のずしっとした迫力のあるサウンドでメリハリが効いているが、この邦盤は音が軽い。Swayのイントロもずっしりして無く流れている感じ。これだけ違うとUK盤しか聞く気がしない。ただジャケットの作りは邦盤は凄く丁寧で、チャックの部分の切込みは端が少し丸くカットされていたり、切り抜き部分もUKとは違う。多分YKKの方がファスナーの開閉がスムーズなんじゃないかな?(笑)



スポンサーサイト

category: Rolling Stones

tb: 0   cm: 0

「メイン・ストリートのならず者」/ストーンズ~王道2発目。  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  
kotalog_exilemainst_all.jpg 

年明けから王道中の王道が続きます。

ストーンズの「メイン・ストリートのならず者」。ストーンズ初のスタジオ2枚組。1972年リリース。

昔、貸しレコ屋(完全に死語ですね、今の時代)からテープに落として聞きましたね。「ダイスをころがせ」がフェバリットだった私はA面ばかりを聞いてて、正直他のサイドはあまり興味なかったですね。歳を取ればとるほどスィート・ヴァージニアなんかの渋い曲の良さが分かってくるものです。今では「レット・イット・ブリード」に次ぐストーンズのフェバリットアルバムです。念願のUK盤を手にしたのは3年前で、昨年の夏に米盤を購入、それまではSHM-CD他CDで聞いてました。
とにかく日本人には考えられないほど無茶苦茶な背景の中(ヘロイン摂取等のドラッグ、場所を転々としたレコーディング・セッションなど)で作られており、その積み重ねの中でもこれだけ上手くアレンジされているのには凄さを感じる。
とにかく曲の配置が素晴らしく良い。適当ではない、凄く考えられていると思う。特にSide2のアコウステックセットが素晴らしい。

いきなりの「Rocks Off」で掴まれますね~ このギターリフといい、ホーンセクションが加わってからの盛り上がりと言いオープニングを飾るにふさわしい曲だと思う。カジノ・ブギからダイス~も最高です。スウィート・ヴァージニアは聞けば聞くほど良い曲です。トーン・アンド・フレイドも最高。キースのアコウステックやホンキートンクなピアノも、なんであんなラリってこんな繊細な曲数多く作れるのか本当に謎ですね~ 「ダイスをころがせ」に次ぐ好きな「ハッピー」はこれはキースの真骨頂でこれも最高な1曲。大好き。ミックのスライドやソロも好きで、リードとしてはミック・テイラーが好きですね。4面辺りにまぁ駄作だなぁって曲もありますが聞けば聞くほど味が出るスルメですわ。ホーンやピアノ、オルガン、コーラスなどのセッション・ミュージシャンの仕事も絶大な効果をもたらしている総合的なアルバム。ただLPのキャパとは言えちょっと曲数的に物足りない感じもする。まぁバランスを考えたのかもね。

kotalog_exilemainst_uk.jpg

kotalog_exilemainst_us.jpg
上がUK盤、下がUS盤。ロバート・フランクの撮った写真の数々が良いですね。荒廃的だとかのイメージもありますが、そこに赤で殴り掛かれたタイトルフォントと相まってアートを感じますね。UK盤は生成り掛かったセピア色で、US盤はモノクロ、白黒で雰囲気が違う。

kotalog_exilemainst_ukin.jpg

kotalog_exilemainst_recin.jpg
内側もミックの写真が印象的なモノクロ写真。レコード取り出し口は内側からの出し入れで、そこに厚紙インナーに入って2枚分挿入出来る。紙一枚の表紙にレコード2枚分のワイドなスパインでかなり特殊な仕様である。ビートルズの「For Sale」と同じ仕様。

kotalog_exilemainst_iner4.jpg

kotalog_exilemainst_iner3.jpg

kotalog_exilemainst_iner2.jpg

kotalog_exilemainst_iner1.jpg

このインナーに曲目やスタッフ・クレジットが。このアルバムは色々あってドラムをプロデューサーのJ・ミラーが担当していたり、ベースをキースやミックが担当したり、ニッキー・ホプキンスやビリー・プレストンなどのセッションプレイヤーの情報もあって重要。

kotalog_exilemainst_lppost3.jpg


kotalog_exilemainst_lppost2.jpg

上画像は米盤のポストカードで、残念ながら英盤には付いていなかった。このアルバムのオリジナル盤の半分位はこのポストカードが紛失しており、完品は結構な値が付いている。安く売り出されている場合はこのカードが付いていないのが殆どだ。英盤の完品は結構な値が付いており、米盤は完品でも英盤の半値か4分の1位のプライス。因みに米盤は赤でタイトルが書かれていて、英盤は白抜きのタイトル。

kotalog_exilemainst_cdpost.jpg

これはSHM-CDについている英盤仕様のポストカード。
kotalog_exilemainst_ukla2.jpg

COC69100 A2  B1 両面Rolling Stones Recordsの刻印あり。
kotalog_exilemainst_ukla.jpg  

COC69100 C1  D1 両面Rolling Stones Recordsの刻印あり

kotalog_exilemainst_usla2.jpg

ST-RS-722508  B  ST-RS-722509 C 両面Rolling Stones Recordsの刻印あり。

kotalog_exilemainst_usla.jpg

ST-RS-722509  C   ST-RS-722510 C 両面Rolling Stones Recordsの刻印あり。
英盤米盤とも特徴があって印象が違う。ハッキリ分かります。英盤は楽器の位置がはっきりとバランスよく鳴っていて、凄く安定した音の響きがする。高音も低音も響きよく中音域増幅と言う感じ。米盤は、他のレコードにもありがちな高音低音に力強くパワーのある音がする。どちらも聞いていて楽しく2者2様で聞く事が出来る。値段を考えれば米盤でも全然大丈夫だと思う。


category: Rolling Stones

tb: 0   cm: 0

Revolver のUKモノとステレオ~2015の1発目  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  

年が明ければ明けたで猛烈に忙しく、本日も早朝から半日溜まった仕事を処理。寝不足で11時に断念。午後爆睡。そのストレスでまたレコード購入(笑)Roxy MusicのサイレンのUK盤。ジョブソンの「She Sells」が大好きなアルバム。ロクシー・ミュージックは初期の頃はどうしても馴染めないけど、この頃からは聞き易くなったけどアヴァロンかサイレン位かなぁ、好きなの。
で、リボルバーなんですが、ラバーソウルとリボルバーっていうのは、私すっごく聞いたのがレイトでして、勿論ポールのヒット曲と黄潜水艦は聞いてるけど、アルバムとしては20歳過ぎてからの出会いでした。

 
kotalog_revolver_ms.jpg 

ビートルズとしては相当な革新的なアルバムですね。ジョージの曲も多くピックアップされてるし、その1曲目の「Taxman」なんかレノンの曲だと思ってたくらいグイグイ押し込んでくる曲で驚いたし、圧巻はB面の「Got  To Get You Into My Life 」と「Tomorrow Never Knows」のポールとレノンのこのライティング能力。お互いの持っているセンスの全てを出したような衝撃的な曲ですよね。これが49年も前に作られた曲とは、こうやって文字打ってても改めて×100位驚いてしまう。本格的にラーガロックを取り入れたジョージに、「Eleanor Rigby」「Here,there and Everywhere」「For No One」などバラードロックを確立したポール、ルーツはやはりR&Rなんだけど、とにかく音にメッセージを込めるジョンと、完全に皆のベクトルが分かれ始めてますね。これ以降のアルバムも可能な限りの録音技術に対する挑戦を試みる事からやはり革新だったアルバムですね。まぁ何と言っても凄いアルバムですわ。サイケだと評価されたのはただ単に「Tomorrow Never Knows」に対するもの(ジャケもその雰囲気あるね)だろうと思う。
上の画像は向かって左はUKモノ、右はUKステレオ盤です。ジャケはドイツ時代の旧友クラウス・フォアマンですね。ジャケ右端に自身のフォトとサインが入ってますね。日本のバンド「Glay」のジャケもフォアマンが担当したけど完璧にこのアルバムをオマージュしたアートワークになってますね。笑っちゃうくらい。

kotalog_revolver_ura.jpg  

MONOは本当は「Tomorrow Never Knows」の別ミックスのマト2/1が、あるバーゲンで売れ残っていて購入しようと思ったのですが、マト2/3のものを購入しました。何故かと言うとErnest J.Day製のジャケだったのでミックスよりジャケを選んでしまった。最近E J. Dayジャケも少なくなってきしたね~早めに購入して良かった。数年前だったので今よりはかなり安く手に入りましたよ。2/1も諦めてないけど。ステレオ盤はマト1/1、Dr.Robert表記なので初期盤だろう。
表側はモノ、ステレオの表記以外はさほど変わりはないのですが、裏側は濃さが少し違う。モノの方がコピー感が強い。ポール、ジョージ、ジョンの顔がモノ盤は不鮮明。この辺やはりサードプレスの宿命か。
この写真はあのブッチャーカバーのロバート・ウィテカーの撮影、「ペイパーバック・ライター」の収録時の写真らしい。

kotalog_revolver_printed.jpg

モノ盤はGarrod & Lofthouse製、モノ盤はErnest J.Day社製。作りは同じ方法だがフリップバックの太さが2,3㎜大きい。この辺
ステレオとモノの違いなのか、製作会社の違いなのか、プレス時期の違いなのかは分かりません。やはりファーストプレスのモノラル盤をゲットしなくては!
kotalog_revolver_rogo.jpg 
mono、stereoはこのように。
kotalog_revolvers_label.jpg 

kotalog_revolvers_drkt.jpg
UK Stereo PCS 7009 YEX 605-1  Mother 2  スタンパーRH  YEX 606-1 1 RO
Side2にKTのタックスコードあり。DR.ROBERT表記のファーストプレス。
モノ、ステレオに限らず最初期盤はベースの威力が凄い。ヘッドフォンで聞くと少し聞き辛い(あ、良い意味でね)ほどブーンと鳴っている。この辺、無防備な感じがアナログでしか体験できない魅力なんだよね。たまらん。


kotalog_revolver_innerbag2.jpg 


オリジナルはこの白のインナー。ステレオ盤はこれに入っていた。PATENTS APPLIED FOR(特許出願)表記。


kotalog_revolvers_labelmono.jpg 

kotalog_revolvers_monokt.jpg
UK MONO PMC 7009 YEX605-2 Mother 2 スタンパー PTO YEX606-3 4  RHO
Side1にKTのタックスコード DOCTOR ROBERT表記。
ジャケにつられてかなりレイトな3rdプレス。でもそれなりにベースも効いてるし凄く迫力あるのだけど..まぁ拙なオーディオではこの辺しっかり判断できない辛さかな。Remix11ってどんな音なのか聞いてみたい。でも高いものねー


kotalog_revolver_innerbag1.jpg

後期プレスはこのUSE 'EMITEX'のタイプのインナーなのかは分からないが、すり替わっている可能性大。


category: Beatles

tb: 0   cm: 0

2015新春初漁り  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  

平成27年 謹賀新年

であります。

本年も週一のゆるゆるなブログでありますが、どうぞよろしくお願いします。

大晦日はまたこれ?と言う位同じパターンで、12畳くらいのリビング、キッチンにテレビ2台置いて、家族が紅白とガキ使を見ながら年越しそばと寿司食べてつまみながら貰い物のシャンパン飲んで年越し。体重2㎏増し。

今年の羊をモチーフとしたレコードジャケを探したのですが、思いついたのはやはりポールの「ラム」位で、あと検索したらパールジャムの名前忘れたけどあるみたい。案外ないんだよね~ 曲ではレインボーの「黒い羊」とフロイドのそのまんま「シープ」。
kotalog_2015get.jpg


あまりにも動かないので、家族がブックオフの大型店に行きたいと言うので重い腰を上げ行ってみると、2階に新設されたコンプオフ、ハードオフの合体みたいなスペースになっていてそこにあるわあるわ国内盤中古。しかも綺麗な綺麗な新同クラスの美が全て300円の税込という..で、初回プレスのレインボー「オン・ステージ」とベックの「ゼア・アンド・バック」、ジャニーの「ライブ・エナジー」、コージー・パウエルの「オーバー・ザ・トップ」、ウィッシュボーン・アッシュの「ライブデイトⅡ」をとりあえずゲッチュ。まだあったけどとりあえず。ウィッシュボーン・アッシュ以外今まで所有していたけど、人にあげたか売ったかでないものを買い戻しました。全て帯付の美品。レインボーは前にも書いたかもしれないけど、中学生の頃に音楽専科の売りますコーナーで売ってしまって以来の買い戻しなので何か嬉しい。当時は初回プレスの特典(8ページ写真集)付ではなかったので得した気分ですね。これで税込1500円です。
で、上のヨッシーはイオンモールで妻と娘が買い物の列についてる間相当ヒマだったので、息子が400円かけて取りやすくしてあったUFOキャッチャーで200円で人生初のプライズゲットとなりました。ビックリ。
こんな感じで今年もゆるりと宜しくお願いします。 今「レボルバー」と「メインストリートのならず者」の写真は撮ってあります。今後アップする予定ですのでどうぞ宜しく。

category: 日々の出来事

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。