Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

オールマンブラーズ・バンド「フィルモア・イースト」とレココレ10月号  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 


kotalog_all,man  

レコードコレクターズの10月号に、オールマンのフィルモアの凄いLPレコードに関する記事が出ていたので、アップしようと思っていたらもう11月号が発売されていた(^^;;
私が初めてオールマンを聞いたのは過去にも書いたが、このフィルモアは大学時代に先輩がテープにダビングして聞いたのが初で、デュエイン亡き後のオールマンブラザーズ・バンドしか知らない私にはこのパワーに圧倒されて、レコードに合わせて下手なブルースギターを弾いて悦に入っていた19歳を思い出す。まずもって1曲目の「ステイツボロ・ブルース」のスライドギターの微妙なフレーズの切り方、そのフレーズに口があんぐり、KOされた人は数多いと思う。よく語られていることだが改めて効いても24歳かこいつ!と思うよね。スタジオアルバムでは自分たちの表現が表れにくいと、3枚目にしてライブアルバム、しかも全7曲で5曲が新曲と言うライブバンドの真骨頂を表し示した超重量アルバムである。デュエインとディッキー・ベッツのダブルギターではヘッドが重すぎてツインドラムとベリー・オークレイのベースが強力な屋台骨で支えている、これが見事に噛み合っている、音の重さでは最強のライブアルバムではないだろうか。片やもう一人のリードG、D・ベッツ作の「エリザベス・リードの追憶」なんて言うラテンブルースな異色なギターもゾクっとしてしまう。長尺曲はサイド2の「You Don't Love Me」とサイド4の「Whipping Post」で、ほぼインプロが占めているが、どちらも一度エレキギターを、リードギターを弾いた事のあるものなら分かるソロフレーズのこれほどの陶酔感は他では味わえない。お互いがソロを取るときのリズムギターのグルーヴがまた素晴らしい。この若さでこの域に達するこいつらは天才か!?私は一番熱くなるのは「アトランタの暑い日~Hot'Lanta」で、あのキメのリフの掛け合いの中にギター、オルガン、ドラムのスピーディーなインプロビゼーションの応酬が何度聞いても格好ええしか出てこない。ああ~ギターが弾きたくなる。
kotalog_all,man_reco


オリジナル盤についての徹底的な研究の特集である。この方のHPは何度か訪れたことはあったが、とにかく買い集めてその違いをまとめた凄いサイトだった。この度レココレに見やすくまとめてくれたので早速自分の盤はどの時期のどこでのプレスか確かめてみた。気になる方はバックナンバー取り寄せて見てみてください。

kotalog_all,man2

裏ジャケローディーのフォト。ベリー厳ついヤンキー達だ。この重厚感が70年代のアメリカンなのだろう。オリジナルには「CARPRICORN」のロゴ表示がある。
kotalog_all,man_in
内側はコーティングされていないキャンバス地のざらっとした質感。アルバムジャケとフォトグラフィーはジム・マーシャル。プロデューサーは名匠トム・ダウドで、「デレク&ザ・ドミノス」にデュエインを引き合わせたのもトム・ダウドが仲介している。ただデュエインはこのアルバムの7か月後バイク事故でこの世を去る。実に太く短い人生だ。
kotalog_all,man_inner2kotalog_all,man_inner1

カンパニースリーブが付く。アトランタレコードの有名どころ、しかもカラー刷りの豪華版。
kotalog_all,man_label3 

レココレの記事から行くと、この下のあたりの表記がプレス時期、場所を表すものとなる。私の所有盤は割と初期プレスの様だが、マトに関してはこちらの記事に出ていないDD-Reというマトリックスもあった。この辺も興味ある方はレココレ取り寄せて読んでみてください。面白いです
kotalog_all,man_label

Side One ST-CAP-712223DD AT/GP Side Four ST-CAP-712224DD-Re AT/GP
Side Two  ST-CAP-712225DD AT/GP Side Three ST-CAP-712226EE AT/GP
カプリコーン ピンクレーベルがオリジナル。ブロードウェイ表記。
サイド1の裏面がサイド4、サイド2の裏面がサイド3があてられている。なんでもこれはミスプレスではなくて、わざわざプレイヤー2台で連続再生が可能という配慮らしいが、プレイヤー2台持っていないと曲順って言うのは全く無視と言う事になる。ややこしい。
このミックス自体が非常にライブ感満載な雰囲気を出しているので、楽器も近いうえに小さいホールのドライブ感が凄い音質だ。特にベースがブイブイ来ててあのギターにも負けないくらの大迫力である。リマスターCDは聞いていないので分からないが、絶妙なバランスなのでリミックスは難しい作業だろうなぁと推測する。



スポンサーサイト

category: The Allman Brothers Band

tb: 0   cm: 0

「レッド・ゼッペリン登場」~悩ましいのは帯になりけり..  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 


kotalog_zep1_jap.jpg

金曜日に 地元の中古レコード屋さんが、全国の中古レコ屋を呼んで開催しているレコード市があったので行ってきた。何枚か昔買い逃した日本盤を持ち歩いていたら偶然この盤が出てきた。ZEPファーストのグラモフォン盤で、裏名前ミスプリのやつである。勿論、勿論帯は無しなので安かったが1,680円って結構安い!?実物はもっと、もっと生成り色が強いです。
kotalog_zep1_obi.jpg

これはもち紙ジャケボックスの帯だけど、もしこの盤にこの(一応ターコイズを模したんだろうね)ブルー帯が付いたら最近のオークション価格だと最低でも10万、高くて14万はする。オレンジ(これは2ndを模したと思われる)が付いた盤は3万前後で取引されている。あーーくわばら、くわばら。帯が無くてもボッタな業者だったら8K、9Kで売っているところもあるね。何せこのターコイズ帯の中身がオレンジとは全然違うから憎らしい。よく考えるとこの帯が一本10万はすると言う計算になる。怖いねぇ~C・ZセールのCZってクリームとZEPの略だったんだってね、この前知りました(^^;;
kotalog_zep1_name.jpg 

この時代ならミスプリなんて当たり前。帯の価値さえこの当時から分かっていればそれなりに稼げたかも。向かって左からR・プラントにボンゾ、プラントにJ・P・ジョーンズ、ジミー・ペイジは知られていたようで(笑)ジョンジーにボンゾと。
当時の価格は1,800円なり。
kotalog_zep1_in.jpg


当時の世界販売で唯一の見開きジャケ。解説はTBSのデレクター北山幹雄氏による、書き出しが非常に哲学的な文章で、ドラムの叩き方ひとつとってもニューロックだ!と。まぁその通り時代の先端を行くビッググループになるのだけど。
kotalog_zep1_artrock.jpg
アートロックシリーズのロゴマークがLED ZEPPELINの下に、上にはST33 SMT-1067のカタログナンバーが打たれている。このグラモフォン盤ならでわのアルバム・ジャケットだ。
kotalog_zep1_label.jpg




SMT1067A、 B グラモフォン盤。
音質はいくら日本でのアーリー盤だとは言ってもやはり音が籠っている。UK盤のマト1の2ndの盤と比べると歴然だ。ギターの音は立っていないし、プラントのボーカルも奥に引っ込んで籠っている。低音も効いていないし..UK盤はエレキはエッジが効いていて、低音は邪魔にならないくらい鳴っているし、ボーカルの存在感が違う。やはり日本盤か.. 
と言う事はこのグラモフォン盤にとって最大の価値はあの悩ましい帯だと言う事か。私は時代を懐かしむ事が出来てこの盤を買って非常に良かったです。



category: Led Zeppelin

tb: 0   cm: 2

Let It Be 日本盤ボックスセット  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 


kotalog_letitbeje_hikaku.jpg
kotalog_letitbeje_hikaku2.jpg 

えーでわでわ「Let It Be」の続きですが、向かって左からUKオリジナル盤、エクスポート盤、東芝音工のボックスセット盤。
表も裏も日本盤は相当コピー感が強い。メンバーの背景もうっすら白みがかっているし、裏側のフォトも白くフィルターが掛かっている感じ。エクスポート盤はレイトのものなので紙質こそは光っているがラミネート加工はされていない。
音質は日本盤はぱっとしない。ぼやっとした雰囲気の中、ベースもずんと響いていない。全く腺がくっきりしていない印象だ。UK盤はかなりレイトのものだが悪くない印象。日本盤を聞いた後だからだろうか?でも初盤は音の線のキレも低音の響きも良いのでそれから比べるとね。



kotalog_letitbeje_jred.jpg 

kotalog_letitbeje_ex.jpg

日本盤はボックスセットと言う事で赤リンゴが採用されているが、UKオリジナル盤と比べると赤みがリアルなリンゴの色になっていて、他の画像の再現度から見ると非常に違和感がある。下はエキスポート盤でリンゴの位置にパローフォンのロゴが付く。この盤はナンバーPCS7096で多分80年代前後のものだろう。70年だ初頭のものはPPCS7096表記。Garrod & Lofthouse製

kotalog_letitbeje_boxset_1.jpg

日本盤BOXはUK発売1か月後に発売された。私のは帯は無いし黒盤。
kotalog_letitbeje_boxset.jpg

ブックレットをセットできる専用箱付で、UK盤で言うとこのボックスに入っていた2U2Uのレッド・アップルが初盤。日本盤は初盤はレコード赤盤が発売されているのでこれは違うが、何せ発売期間が短かったのでそれなりの値段で流通している。この中にUKオリジナル盤を入れたらUKボックスセットの気分に...ならないか。
kotalog_letitbeje_booklet.jpg
なかなかの装丁で表紙もラミネートコーティングされているが、多分一度滑落するともろいかも。日本版はこのブックレットに関しては輸入本を使用しているのでUKと共通。ただこの本にも初版二版三版とあるので注意。初版は7ページ目の表記が「by apple publishing」で終了し他は白紙。私のは下までずらっと書き込まれているので3版位ではないかと思う。
本のタイトルは「The Beatles Get Back」と本来のこのアルバムのタイトルが付けられている。表紙を入れなければ160ページと豪華版で、撮影所のピリッとした貴重なショットや、ルーフトップ・コンサートの模様で網羅されている。裏には輸入元のシールが貼られていたらしいが、ビニールの特性か剥がれてしまい後だけが残っている。

kotalog_letitbeje_box.jpg 

大体どの商品を見てもこの四つ角がやられて(破れて)いる。それほど重みのあるブックだが、UK盤で新品に近い状態のものを一度見たが15万円位していた。
kotalog_letitbeje_book2.jpg
中でも好きなショットはリンゴの後ろから撮られたこの写真。私もバンドでドラムを担当した時こういう目線でした。何時もジョンの横に居るヨーコ・オノを見ると他メンバー、特にポールが良く思わなかったのも分かるね。まぁポールの娘も写っているけど。

category: Beatles

tb: 0   cm: 2

Let it be ~リンゴはやっぱり赤アップル  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

kotalog_letitberecords.jpg

先日書き込みましたが、今まで聞いていたのがCD類、LPレコードでは少しレイト(80年代初頭だと思われるが)のエクスポート盤を聞いていましたが、今回ヤフオクで2U/2Uのレッドアップルを購入しました。画像真ん中は東芝音工のBOXセット。

kotalog_letitbe.jpg

一部にラミネートに皺、剥がれはあるが背もしっかり残っているのでまぁまぁの部類。ジャケットの装丁はE式、A式と違いがあるが、東芝音工の日本盤はあまりにもオリジナルとはかけ離れている。次の投稿時に比較してみます。
私は「A Day In The Life」を聞いてロックを聞くようになったのですが(それまでは映画音楽ばかり)、「Let It Be」はやはりよく聞きましたね~Nakedはもち購入しましたが、わたしゃフィル・スペクターのストリングスが無いとダメ派なんです。元々ロック聞き出す前は映画音楽ばかり聞いてたので、ロック聞き初めに感じたこのストリングスが心に響きましたね。「I Me Mine」なんか何回聞いても痺れますねぇ。確かにビートルズとしてはいかにも危機的状況を反映したようなとりとめのない内容ですが、フィル・スペクターのストリングス処理が一層その終焉に向かう雨が降り出すような悲しげな感情を表しているようで、ビートルズとしては録音時期に関わらず終止符を打ったアルバムの雰囲気となってますね。
kotalog_letitbe2.jpg
ジャケはGarrad and Lofthouse 。

kotalog_letitbe_redapple.jpg

初期のE式ジャケはレタリングが一部剥げ掛かっている感じの文字質で、後期になれば結構しっかりした文字になる。この2U/2Uは赤リンゴで、3U以降はグリーンに赤が掛かっているような不思議な色のアップルに変わる。日本盤はまた後日
UKボックスセットが1970年の5月から半年くらいの販売だったので、このレコードがその後の通常盤としてのレコードなのか、ボックスから外れたレコードなのかは分かりません。ボックスがわずか半年間の販売だったので、その後もこのマトで出ていたのか分からないが2U/3Uでも赤リンゴの盤があるので、もしかしたらこの盤はボックスから外れたレコードなのかな?その辺歴史が不認識なので教えて下さい。
因みにこのUK盤のインナーバッグは白です。

kotalog_letitbe_label2.jpg



kotalog_letitbe_label.jpg
YEX 773-2U 774-2U Motherナンバーは1/2 スタンパーはHT(79)/HH(77)  ダークアップル。
やはりマスターが初期であればあるほど、若ければ若いほど音の際立が良いねー ポールのボーカルの際立ち、ストリングスの響き、特にベース音が全然違う。籠った邦盤は聞けない。(多分私が聞いてもそう思ったので、誰が聞いてもそう感じると思う)
「I've Got A Feeling」を大音量で聞いた時の爽快感はこの盤がぴか一。Long and Winding Roadのストリングスの盛り上がり、音量響きもパワフルで、特に終盤は良いですね~ 
最近この盤も価格高騰で手に入りにくくなっているので、盤質重視に安めの価格で出たらゲットした方が良いともう。ジャケ、盤エクセレントなものは数万の値付けなので、国内海外オークションを小まめにチェックかな?

category: Beatles

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。