Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

レインボー/ Down To Eath ~ モンスターズ・オブ・ロック Rainbow’sコージー・パウエル ラストスタジオ&ライブアルバム  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

kotalog_downtoearth.jpg
1979年発売のレインボー「Down To Earth」。
ボブ・デイズリーとデビッド・ストーンをクビにしてコージーだけを残してメンバー不在のまま作成に掛かり、完全にリッチーの頭にはアメリカ進出を目論んだ新生レインボーを作るべく旧友ロジャー・グローバーを迎えて始動した。リッチーはロジャー・グローバーのポップセンスを買っており出来上がったアルバムは、ロニージェームス・ディオの持つヘヴィーでダークなイメージから転換してハードポップなアメリカラジオソース向けの音楽に変わった。コージーがコロシアムⅡのドン・エーリーを連れて来て、一番最後にはボーカルのグラハム・ボネットが決まるが一発OKだったらしい。私はマイケル・シェンカー・グループやアルカトラズを含めても非常に上手いボーカリストだと思っていて、特にスーパー・ギターリストと組んだ時にその才能を発揮するボーカリストだ。レインボー加入の時には全く畑違い(ブルース系ボーカリスト)のサウンドに戸惑ったという信じられない経歴があるが、それほどどのジャンル、音楽にも嵌れる才能があるのだと思う。ソロの曲も大変良かったネ。
kotalog_downtoearth2.jpg

でも「Since You Been Gone」を聞いたときは衝撃だった。次作の「アイ・サレンダー」もそうだがラスバラードの曲でオリジナルもたいして変わらないほどポップに仕上がっている。やはり米では大うけでライブでも演奏されたがコージーは絶対にしたくないと言っていた。ドン・エーリーがフィーチャーされた「Eyes of The World」やコージーのドラミングが魅惑の「Lost In Holywood」など大作風のものもあるが、「Rising」が好きな人には到底受け入られない密度の低い楽曲が多くなっている。リッチーのギターフレーズを聞いていると流石にリッチー節は健在だが。この布陣もこれ1作のみでコージーも抜けMSGに、グラハム・ボネットもジョー・リン・ターナーに代わる。このメンバーでもう一枚聞きたかった。
kotalog_downtoearth_insert.jpg


kotalog_downtoearth_insert2.jpg

インサートの表裏だがやはりリッチーのプライベートフォトは無い。

kotalog_downtoearth_flyer.jpg 


リリース当時はこの2枚のフライヤーが添付されていた(らしい)。この盤はほぼ手つかずの美品を購入出来たので2枚とも残っていた。




kotalog_downtoearth_lebel2.jpg


kotalog_downtoearth_lebel.jpg 
 
POLD5023 A//1▽E B//1▽E STERLING刻印あり
Side-AはRisingラベル、Side-BはPolydorの赤ラベル。
リアルタイムは中学生の頃で、お年玉持ってレコード屋へ行って当時試聴が出来たので試聴してから買ったっけ。その店長さんがリッチーにはがっかりだよ、って話していたのを今でも覚えています。そのレコードをずっと聞いていて、このUK初盤を聞いた時にあまりの轟音にびっくりした。正直邦盤は音が籠っていてメリハリがなくあまりいい印象ではなかったけど、この盤は音の主張が凄く迫力大の音質だ。因みに発売初期にはクリアー盤も出ている。これも購入の機会があったがスルーしました。
激お薦め盤です。
kotalog_downtoearth_shmcd.jpg 

これは2011年にでたSHM-CDの紙ジャケデラックス・エディション。2010年の最新リマスター。
kotalog_downtoearth_shm.jpg 

ディスク2には「ワーク・イン・プログレス」としてアウトテイク集。どれもこれもかなりラフテイクで、ボーカルが入る前のものやキーボードが入っていないものなど、これを聞いてから本編を聞くと作られていく過程が垣間見られて面白い。それと楽器がかなり近いのでリッチーのフレーズをこれを聞いて弾くとか、バンドスタイルの練習にもなりそう。ただ何度も聞く ものではないので2枚組で3800円はどうなんだろう?紙ジャケにディスク1が、インナーバッグにディスク2が、英国版のブックレット、日本語解説が付いている。
kotalog_monsterrock.jpg 

「Down To Earth」時期と言うと有名なのがやはりこれ↑
1980年英ドニントンパークで行われたモンスターズ・オブ・ロック・フェスティバルのライブ盤で、レインボーとしてはコージー・パウエル在籍最後のライブとなった。私はロニーが抜けようが「スターゲイザー」のライブテイクを聞けることに興奮して、買えなかったので当時流行っていた貸しレコードで借りてカセットにダビングしたものだった。まぁあまりのギャップにがっかりしたものだけど..オールナイト・ロングではグラハム・ボネットが6万人にコーラスを求める大合唱が入っているし、何故か終わった後にリッチーが良く演奏するブルースもオマケに入っている。この時期にスターゲイザーをリストに入れたのはコージーへの贈り物だったんじゃないかと言う説もある。
kotalog_monsterrock2.jpg

このアルバムは各グループごとにプロデューサーやエンジニアがそれぞれついているのでライブ感の印象が違う。レインボーはそれなりにコージーが最後だよって感じのライブ感を出していて雰囲気満点。スコーピオンズはダブルギターの利点を生かした音質で、好印象だつたTOUCHは極力ライブ感を消した感じで、曲もなかなかなのでファン層を広げた。因みにTOUCHはロジャー・グローバーがプロデュースとリミックスを担当している。SAXONはゴリゴリ感満載だが、やはりモーター・サイクルマン辺りのヒット曲で行ってほしかった。ジューダス・プリーストも参加しているがなぜ割愛されたのだろうか?契約的な関係だろうか?2枚組にしても売れたと思うのだが..


スポンサーサイト

category: Rainbow

tb: 0   cm: 2

映画「All You Need is kill」とYESの新譜「Heaven & Earth」  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

All_You_Need_Is_Kill.jpg
明日は休み~フルタイムで休めるのは何か月ぶりだろう?テンション上がってレイトショーで「All You Need is kill」を見てきました。トム・クルーズはどんな作品に関わらず好きなので全部映画館で観てます。無条件で好きだなぁ、これぞムービースターって感じで。あれ?前にも書いたかな?桜坂 洋氏著で、安倍 吉俊氏イラストの日本のライトノベルなんだけど、その一切を見ていなくて何の情報も受けないまま見てきました。このタイトルが鍵となっているので、この原作通りのタイトルが良いと思うのだけど、米はキルってワードに敏感なのかな?「Edge Of Tomorrow」という如何にもというショーもないタイトルに変えられている。日本人はドラえもんのタイムマシーンや比較的SFチックな未来道具に憧れがあるのでこの手のタイムループをテーマにした映画はご馳走である。SFの王道を行くノベルをトム・クルーズが演じれば面白くないわけが無い!トムが演じることで非常にスムーズで物語に引き付けられた。まぁ最終的にも王道で終わるのだが最後のトム・クルーズの表情にやられてしまうのだ。一応エイリアン侵略がストーリーなんだけど、そこは特に触れなくてもOKな所が良いですなぁ。まぁこの手の映画はこけ落とされるのが一般的なんだけど、私はトム・クルーズが好きなのでパーフェクトです。

kotalog_yes_heavenearth.jpg

で、帰ってきたらこれが届いてました。YESの新譜「Heaven & Earth」です。新ボーカル、ジョン・デイヴィソンを迎えたスタジオアルバム。何も確認しないで初回限定の3400円+税のを購入したのだけど、DVDでも付いているのかと思ったらコースタ^とポスター、意味不明なICカードステッカーが付いていてSHM-CDと紙ジャケの値段..んー使わないポスターとコースターは要らないのでライブDVDでも付けて欲しいね。紙ジャケはOKだけど。相変わらずビューティーなロジャー・ディーン氏のアートワークにちょっと過去にはない幾何学的な模様のイエスロゴ。まだ聞いてません。ただ評価見てるとかなり酷評ですねぇ。多分最近のエイジア的な音になってるんだろうなぁ?しかも過去にオファーして実現しなかったあのロイ・トーマス・ベイカーがプロデュース、何となく音が見えたな(--;オレンジのステッカーは今秋来日するスケジュールです。なんと連休に東京ドームシティホールでのライブなので見に行くことにしました。もう友人にチケット頼みましたよ。今回のライブはこの新譜からもするけど、「こわれもの」「危機」の両アルバムを完全再現するとのこと。メンツは違えど「危機」をステージで見るのは最後になるのかなぁと思い目に焼き付けておこうと思います。ああぁ聞くのが怖い、プログレってなかったらどうしょう?

連休中にレインボーの「Down To Earth」アップします!





category: Movie

tb: 0   cm: 0

ブラインド・フェイス / スーパー・ジャイアンツ  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 



kotalog_blindfaith.jpg 

本当はスコーピオンズの「ヴァージンキラー」の後に続けてアップしようと思ったのですが、ちょっと2連発少女ヌードは御法度かなと思いましてたびたびエロジャケを..(--;
2011年にウィンウッドとクラプトンのジョイント来日公演を見ましたがクラプトンだけを見たい人も多く、このブラインドフェイスからの選曲もあったので賛否両論はありましたね。時代の流れから、過去へ戻ってこのアルバムを聞くとどうしてもクラプトン寄りのサウンドを期待するとダメで、楽曲のポップさからS・ウィンウッドのアルバムに近い。S・ウィンウッドはソロも聞いてるけど分かり易いメロディをたくさん持っている人でこのアルバムでもそのセンスを存分に発揮している。

kotalog_blindf_in.jpg

やはりアメリカでは児童ポルノはご法度で、このセッションフォトの内側がジャケに使われている。
とにかく捨て曲のないアルバムで1曲目の「泣きたい気持ち」(ジョイントライブ・イン・ジャパンでもオープニングの曲だった)のイントロリフからもうKOされる。イントロおークラプトン、ボーカルわーウィンウッド!ってくらいはっきり持ち場が分かれている。が、それが曲の良さか上手くいってるから不思議。ここがスーパーグループか。「歓喜の海」でも同じパターンだがここではヴァイオリンが挿入されていてこのギャップも上手く嵌っている。名曲「Can't Find My Way Home」(これも来日公演でやりました)のイントロ部分もたまらなく英国の叙情感たっぷりでたまらない。このアルバムでも秀逸が「プレゼンス・オブ・ロード」だろう。クラプトン自身もライブで演奏し続けている名曲で、哀愁漂うメロディからのワウ全開のソロがこのアルバムで一番激しいく食い込む。何回聞いても飽きませんね。かなりセッション的な録音ではあるが、ラストの「君の好きなように」ではジンジャー・ベイカーの強烈なドラムソロもあり一気に聞いてしまう名盤だ。スティーブ・ウィンウッドのあのねちっこいボーカルが問題なのだが、私は好きだ。
kotalog_blindf2.jpg

バックは地味目に抑えてあるがあまりにも地味。表の少女が持っている飛行機(クレジットにはスペースシップと書かれている)の作成にも名前がクレジットされている。昔からロックがよくなっているようなバーやカフェに行くと必ずやこのジャケが飾られたりしていたものだ。あの頃はこんな名盤とは知らず...
kotalog_blindf_cdlp.jpg


スコピオの「ヴァージンキラー」ではリマスター盤はオリジナルジャケは再現されなかったが、このアルバムはどのリマスターにもオリジナルジャケが使われている。児童ポルノには変わらないものの、「ヴァージンキラー」は確かに視覚効果が悪影響を与える可能性が大きかったのかも。まぁ少女のクオリティ..いややめておこう。現代ではこちらも相当やヴぁい部類ではあると思うのだが..
kotalog_blindf_label.jpg


583059 A // 1 ▽420 B // 1▽420
UKオリジナル盤だが、多分このアルバムを買って聞く事をお勧めします。音がぶっといです。ベースがかなり聞いてますし、ギター音のメリハリも効いていて良い音が鳴っている。

category: Blind Faith

tb: 0   cm: 0

LED ZEPPELIN ⅠDELUXE 3LP Set On 180g Vinyl !! パートⅡ  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

kotalog_zep1re_back.jpg 


前回に続くZEPリマスター3LP セット、裏面です。ネガポジ反転のようなジャケに曲目リストが..直接書いてあるものではなく、シュリンクとの間にセルロイドに印刷されたものが挿入されており非常にこのシュリンクを外しがたい雰囲気になっております。


kotalog_zep1re_1.jpg


表面を広げるとこんな感じ1面に1LPずつ入れていくがEL&Pの「レディース&ジェントルマン」並に盤が動くので扱いにくい。

kotalog_zep1re_all.jpg


向かって左が邦盤(見開きグラモフォン初盤ではない)、今回のリイシュー盤、BOXセットのSHM-CDUKセカンド?(赤/A-1B-1の修正マト)。US盤は持っていないがZEPタイトルのレタリング位置がUKより下なので米盤に準じた仕様となっている。レタリングのオレンジも少し違いがある。

kotalog_zep1re_ura.jpg 


クリス・ドレアの撮影裏面ジャケは今回は内側に回っている。若干コンポーザーのクレジットに著作関連の付け加えが施されている。時代の経過を感じる。

kotalog_zep1re_inside.jpg

>LP2,3は1969年10/10フランス、パリのオリンピア劇場の未発ライブ。かなりデジタル処理してあるだろうけど、当時の録音でこれだけの音質ならオフィシャルとしてもOKだ。オープニングの「Good Times Bad Times」は冒頭の部分のみでほぼコミュニケーション~なので過度の期待は禁物。ただこのメドレーはレアなので嬉しい。初期の「ハートブレイカー」もこの頃のオフィシャルとして前出したロイヤルアルバートホール1970にも入っていなかったので嬉しい。

kotalog_zep1re_reco.jpg


ライブテイクに関しては、上画像のDVDのロイヤルアルバートホールの映像でほぼ雰囲気を掴んでいたので目新しさあまりなかったが本編のリマスターが素晴らしかった。レココレの6月号で特集を組んでいたが、ジミー・ペイジはアナログLPのリマスタリングを重視したそうだ。テスト盤を作製し、何度もチェックし最高峰のアナログ盤を完成させたと書いてある。CDに関しては20年前のリマスターはただアナログをCDに落としただけで、今回はこちらも最新技術でリマスタリングされている。未発表音源に関しても山ほどあるそうで、しかもブートにもなっていないものもかなりあるそうだ。全スタジオアルバムは今後リマスタリングされ発売されるが、その後は未発音源にてライブアルバムも検討されているらしい。期待しよう!

kotalog_zep1re_label.jpg 

kotalog_zep1re_label2.jpg

「グッドタイムス・バッドタイムス」の冒頭ギターブレイクからの衝撃が違う。オレンジレタリング修正マトのUK初盤もかなりの迫力だったが、この盤は楽器が何もかも立体的で浮き上がっている。デジタル技術でここまで音を洗練させられるのか、と思ってしまう。ボンゾの頭抜き3連バスドラのドコドコさと言ったら.. DVDフォーマット以外でここまで音が良いのは凄い事ですねぇ。「ゴナ・リーヴ・ユー」のアコギの一音一音の綺麗さには溜息「ブラック・マウンテン・サイド」もしかり。奏でた音の反響まできっちり聞こえるし、ジミー・ペイジが過去こけ落とされたアコウスティックを大事にしてきた意地を感じる。CDは聞いていないが、どうも3LPセット以外にも本編一枚のものも発売されている?ようなので、正直このライブLPはどうでも良かったかな(DVDでいやほど見たので...)と思うほど本編のリマスタリング精度が凄いと言う事だ。20kもするデラエディは要らないかなぁ~ああⅡ、Ⅲ、Ⅳとかフィジカル~、プレゼンスどうしよう? 


この3LPセットは品切れで現在再入荷未定なので、ライブ盤が付いていない1LP

category: Led Zeppelin

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。