Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

パリの散歩道~羽生の音源はマーキーのライブだった  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓
ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1) 

ソチ五輪も終わりましたねぇ~ 私はメダル取らずしても日本人を感涙の渦に巻き込める浅田真央のフリーの演技に魅了され、ラフマニノフの音楽が終了した瞬間の泣き顔に何度見ても涙腺が緩むのでした、何せ歳なんで..あの演技を見れば軽口など叩けませんな。肝心なところでこけても肝心なところで決める、これが浅田真央なのだ。
で、羽生結弦のショートPの音源が巷で話題になっているが、あの音源、やはりこのマーキーのライブ音源だった。私は2010年の来日時に紙ジャケ限定プレスされたSHM-CDを購入したが、商魂逞しいものでなんと再発が決まった。しかもこの音源入りのG・ムーア兄貴のベストまでリリースされるようだ。兄貴もあの世でほくそ笑んでいるだろう。まさか五輪で、まさか日本人がって。
kotalog_gmoore_live.jpg

このアルバムは、1980年のシン・リジィとソロの谷間の契約のややこしい時期に録音されたそうで、ちょっとブートレッグ的な雰囲気を持っている。キーボードにドン・エーリー、ドラムスにオジー・オズボーンにいたトミー・オルドリッチ(この人はテクあるし、パワーもあってイイネ)がバッチリ固めているので、ハードからブルースまで安定した演奏だ。正直ボーカルがイマイチかな。例の「パリの散歩道」は組曲サンセットからの入りで泣きのギターを披露しているが、この曲がインストで録音されているのはこのアルバムのみらしい。確かに他はゲーリー・ムーアがボーカルを取っているライブテイクだった。この時期はグレッグ・レイクとのコラボやソロの曲など幅広い曲層が魅力の時期で、ブルースプレイだけでなくハードでトリッキーなギタープレイが聞けるノリに乗った時期ではないだろうか。
kotalog_gmoore_bs.jpg 
こちらはコロシアムⅡ後のファーストソロで、「パリの散歩道」のオリジナルテイクはこちらに収められている。羽生結弦のBGMはこちらではなくライブテイクを選んだのは、スタジオテイクはフィル・ライノットのあのボーカルが入ってて渋すぎるから?(笑)これで滑るとエキシビジョンになってしまう(笑)このアルバムはハードロックからコロシアムⅡ風なフュージョンロック、ブルースなどバラエティに富んでいてなかなかのソロアルバムだ。コロシアムⅡの3枚も伝説的に素晴らしかった+もっとハードな部分を押し出した一皮剥けた若き日のゲーリー・ムーアが聞ける。バックもサイモン・フィリップスやコロシアムⅡからのジョン・モール、フィル・ライノットなどゲーリー関連としては外せない強者ぞろいの豪華アルバム。何かマイケル・シェンカーのソロの頃に似ている感じがする。
急逝してしまったことが残念でならない。好きなギターリストの一人で、よくギターフレーズをコピーもした。もう一度世界的に注目されるきっかけを作ってくれた羽生君に感謝。



スポンサーサイト

category: Gary Moore

tb: 0   cm: 0

YESSONGS~ソチの開会式「火の鳥」での点火は感動した!このアルバムのオープニングも感動した!  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓
ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
  kotalog_yessongs.jpg
ソチ五輪始まりましたねぇ~ メダル取れれば良いのだろうけど、取れないときは取れない時で一つの喜びがあって感動するよね。荒川静香の時のように。ともあれ開会式の点火シーンは良かったね~ 荘厳な「火の鳥」がより一層華やかに演出してたので。
「火の鳥」と言えばこのアルバム。そのパフォーマンス、再現率では群を抜いているライブアルバム、イエスの「YESSONGS」。
写真LPは向かって左US盤、UK初盤、CDは向かって左2001年のオリジナルジャケットコレクション(HDCD仕様)と2009年の紙ジャケコレクションSHM-CDエディションです。中学生の頃欲しくてたまらなかったレコードだったけど、中学生にこの価格は酷でその後レンタルレコードにてカセットテープへ。ずっとそれを聞いてたのでその反動でこれだけ集まった。でも邦盤はないのだ。
画像がこれまでの中で一番多いのでここからは続きをクリックしてくらはい。
-- 続きを読む --

category: YES

tb: 0   cm: 0

マジカル・ミステリー・ツアー~2月4日はビートルズの日なんだって..  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 
kotaroblog_bmmt_lpep.jpg 
今日(正確には昨日、もう0時過ぎたので)はビートルズの日みたい。ビートルズの愛称、Fab4のFabulousを強引に 2月のFebruaryと掛けてFabulous4..Feburuary4..2月4日。苦しいけどまぁそういう時には聞きたくなるもの。今日は車中でも掛けっぱなしだった。画像は「Magical Mystery Tour」の英国EP盤と、当時は輸入米国編集盤を発売後のUK盤。なので発売は1976年になる。この編集盤については、米国キャピトル盤の方がメリハリあるパンチの効いた音質みたいなので是非そちらも欲しいところだ。この頃のポールのイマジネーションは底なしだったのだろうね。まぁ元々は音楽と映像が一体化すると言う発案なので、ストーリー云々の良し悪しなど必要ないのである。なので肝心の音楽は6曲だけではLPには足りず、EP2枚組という変則ではあるが今となってはそこに面白味がある、といいたい所だが当時はEPを2枚も掛け直す手間は面倒だったろうね。商魂逞しい米国はそんなコンセプトはクソくらえで、さらに完璧なシングルヒットソングを加え半ベストLPとして売り出す。でも現在引き継がれている音源というか仕様はこちらのLPの方なのでビートルズとしては何がオリジナルなのかわかったもんじゃないですよね~ もうこんな事私が書かなくても知れ渡っていることで、おこがましくてこれ以上は書けませんです、ハイ。 海象の英語を初めて知ったけど、よく考えたら使うことないなと思った「I Am The Walrus」と、このノスタルジックな雰囲気と切ないメロディーが何とも言えない「Your Mother Shpuld Know」がフェヴァリットだ。この曲はTV映画のラストの白のタキシードで歌うあのシーンがとても印象的だった、勿論リアルタイムでなくビデオで見たのだけど..
kotaroblog_bmmt_booklet.jpg
内容はほとんどLPサイズとEPサイズという感じでブックレットに関してはほぼ同じ(紙質違い)でもEPの方が絵本感覚で面白いし、とても愛着がわく。ただ違う点が..
kotaroblog_bmmt_lysep.jpg

kotaroblog_bmmt_lys.jpg
歌詞がEPは中間に、LPは最終ページ(裏表紙)にある点で、EP盤は薄いブルーのページが初盤で、再発は黄緑のページになる。

kotaroblog_bmmt_list.jpg
 
当然曲目も違うし、表記も違う。EP、LP盤ともにGarrod & Lofthouse社製で、EP盤はフリップバックの所にその表記が。両表紙裏にEPレコードの差込口がある。(画像)
kotaroblog_bmmt_insert2.jpg

 kotaroblog_bmmt_insert.jpg
EP盤は白のインナーで切り口が波型がオリジナル初盤。LPは上画像のインナー。
kotaroblog_bmmt_labelep.jpg
7XCE 18435-1 7XCE 18434-1 7XCE 18436-1 7XCE 18437-2がマトリックス。これはモノラル盤で、プッシュアウト式(真ん中押し抜くとドーナツ盤に)。これはジュークボックス全盛期で、それの対応に作られたもので、他にも通常のセンターホールだけのタイプのものもある。MONOは中央にはSOLD IN U.K. SUBJECT~の表記がある。ステレオ盤にはない。グラモフォンリム。
EP盤はEP盤としての音質があるので、しかもモノラルと来ればやはり唯一無二の音源となるのか!?でも面倒であまり..いやほとんど掛けたことがない(笑)

kotaroblog_bmmt_labellp.jpg
YEX 959-1 960-1 EMI2ブロック。
1粒で2度美味しいとはこの事か..A面でマジカル~を楽しみ、B面で数あるヒット曲が聞ける。




category: Beatles

tb: 0   cm: 0

「眩惑のブロードウェイ」  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

kotaroblog_genesislamb_3.jpg
 
1974年「眩惑のブロードウェイ」 これもヒプノシスのアートワークで、スティーブ・ハケットによるとS・トーガソンが一番脂の乗っていたころの作品らしい。モノトーンが基調となり、この戯曲の内容を表すかのような連続写真が並び、幾何学調のジェネシスロゴ。これまでの作品は絵画が使用されてきたが、これまでのファンタジックなお伽話的なモチーフから一転した表れだろうか。正直内側ジャケのタイポグラフィ的、羅列された文字群を読んでいない(訳出来ません)ので詳しい内容は分からないが、ブリッティシュロック集成読んだりして内容を解きほぐすと、ニューヨークのプエルトリコ人「レエル」(Rael、Real現実のアナグラムだろう?)が兄探しの旅で時空を超え様々な人物と出会い、最終的には彷徨っていたのは自己内面、自分自身を探しえるという結末。前作からのゲイブリエルがジェネシスに本当の居場所を求めたフラストレーションがこの作品に被っている内容ではないか?多分、日本人で言語も達者でない凡人の私には丁寧に訳されても理解できない世界なんだろうなぁ..上のジャケ写にある画像を飛び越えてお互いが手を握っているシーンなどは急流から救い上げた兄が実は自分自身だった、というこのコンセプトの肝にあたる内容にマッチしているので、ヒプノシスが作り上げたこのアートワークは結構リアリズム溢れたジャケになっている。アルバムとは音楽もジャケアートも一体と成り得るものという、この頃のヒプノシスの思考にぴったりのアルバムジャケットではないだろうか。画像左からUKオリジナル盤、SACD&DVD Audio1970-1975Set Boxからデジブック仕様、200g重量盤ハーフスピードカッティングのリイシュー盤。
kotaroblog_gelamb.jpg
画像はUKオリジナル盤。画像では再現出来なかったが、実物はもっと生成りぽい色味である。
何せコンセプトアルバムなので掴みどころなく、その上ヨーロッパ人にも難解だという内容の上、世界的に発売上ジャケットに関する規制まで付いたと言う事で日本での評価、売れ具合はイマイチだったらしいが、内容は知らなくとも楽曲が粒揃いで良い。タイトル曲はもとより「Fly On a Wind-Shield」「In The Cage」「Gounting Out Time」「Carpet Crawlers」「Lilywhite Lilith」などコンセプトアルバム曲を無視して独立した曲としても十分素晴らしい曲が集合していて、以外でもイメージ曲だけどS・ハケットの音色がきれいな「Hairless Heart」やこれもハケット色満載の「The Chamber Of 32 Doors」、トニー・バンクスのピアノの旋律、ゲイブリエルのメロディーが究極美な「The Lamia」は素晴らしい。で、アルバムは「The Light Dies Down On Broadway」からエンディングへと向かって行く。「Riding The Scree」でのフィル・コリンズのドラムはなかなか凄いし、ドラミングが前作からやっぱり変わっている。今後の展開を考えてもドラマーとしてのフィル・コリンズの絶頂期だったのではないか!ラストの「It」がまた面白い。「それでは皆さんまたお会いしましょう!」的なムーグの音が煌びやかな楽しい曲でのエンディング、奇想天外である。これをステージでやり遂げた後、まるでジェネシスではもうやることがないかのようにP・ゲイブリエルは脱退し、2枚発表後S・ハケットも抜け英国的美様式のジェネシスは消滅してしまう。私は「Wind & Wuthering」ライブでは「Second Out」までOKなので、結局の話S・ハケットが大好きなんではないだろうかという結論に達した。さすがに「ウィンド・アンド・ワザリング」でのハケットの居場所はもうなかったけど..
「Seconds Out」でしかこのアルバムの楽曲を聞いたことのない人は、このオリジナルを聞いたほうが良い。全く演奏の密度が違うので印象が違う。

kotaroblog_gelamb2.jpg 

非常にジャケが傷みやすい。
kotaroblog_gelamb_insert.jpg 

kotaroblog_gelamb_insert2.jpg 

kotaroblog_gelamb_insert3.jpg 

kotaroblog_gelamb_insert4.jpg 
インサートには両面歌詞カード付。全面載せてみた。
kotaroblog_gelamb_label.jpg 

kotaroblog_gelamb_label2.jpg 
CG 1 A-2U Porky X JOHNNiE CG 1 B-2U Pecko
CG 2 A-2U Pecko CG 2 B-2U Porky
いづれもGeorge Peckhamのカッティング、刻印ありで、Side-1側にマッド・ハッターレーベルで曲目、2側にピクチャーレーベルとなっている。こういうコンセプトアルバムはSEも多く使われているのでDVDフォーマットなどでも楽しめるので、たとえ重複しても色々持ってて損はない。このオリジナルもロックオペラに適合した音の鳴りを披露してくれるので大音量で聞くと良い。まだリイシューLP、SACD、DVDあるので次回に続くかも..


 

category: genesis

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。