Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

GUN / 悪魔天国~ロジャー・ディーンのアルバムジャケ初仕事はこれ  

文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 
kotaroblo_book_rock.jpg
シンコー・ミュージック発行の「Rock Cover Art」、今日本屋で見つけて買って来たのだけど、そうかストーム・トーガゾンは今年亡くなったんだっけ。追悼特集として彼の以前のインタビュー2000&2009を筆頭に、ヒプノシスについて各著名人が多数語っている記事が第一部、ロジャー・ディーンの特集が第2部、もう一つクリムゾンの24枚組CD BOXの全貌が特集されている。正直ストーム・トーガゾンについてはそんなに知らなかったので面白かったし、トーガソンとロジャー・ディーンが唯一コラボしたのがマイク・オールドフィールドの「アース・ムーヴィング」だったなんて知らなかったし勉強になった。一気に読みんでしまった。今回はストーム・トーガソンでなくてロジャー・ディーンがジャケットを担当した..
kotaroblo_gun.jpg 
1969年エイドリアンとポール・ガーヴィッツ(後にジンジャー・ベーカーと組む)が中心となったGUNのファースト「悪魔天国」のUKモノラル初盤です。ロジャー・ディーンにとってもこのアルバム・アートがジャケットアートの初仕事で、上記本のインタビューによると「まだまだ素人ぽかったよ」と語っています。いやいや色合いといいキャラといい実に独特で、まぁ今の仕事から比べるとラフな印象も受けるけど、ドラクエ系のゲームの悪魔キャラでもいけるんじゃない?と思わせるほどの個性だよね。内容もやはり個性的で、タイトル曲の「Race With The Devil」はジューダス・プリーストやガールスクール(これヒットしたよね)がカバーしてるハードロックGフレーズの定番の様なもので、それにホーンセクションが上手く絡んだ名曲ですね。途中のハァハァハァ~ハーの悪魔風の叫びはこういう音楽を好きでなくともちょっと引きますが(ジューダスはギターフレーズ、ガールスクールは風の音に変えてカバー)それを差し引いても格好良い。とにかくブラスの使い方が上手くて、2曲目の「The Sad Saga Of The Boy And The Bee」なんて絡み過ぎてライブどうするんだろ?と余計な心配入れたくなるほど上手い。圧巻というかこういう曲の作り方もあるのかと、当時は投げかけたんだろうと思われる、ラストの11分ある「Take Off」は本当にぶっ飛んじゃうほどの延々ギターソロ&ドラム。掴みどころないギターソロとダラダラ~とドラムが噛み合って、またまた終盤はブラスで感動的に締めくくるという..まぁ音楽も奇妙なジャケットアートも上手く噛み合い過ぎて大ブレイクしなかったのだろうね。2作目の「Gun Sight」ではなんとヒプノシスがジャケを担当しているという贅沢トリオなのですが、2作で解散しジンジャー・ベーカーと「ベイカーガーヴィッツ アーミー」を結成する。
kotaroblo_gun2.jpg 
まだ写真写りが良い方でエイドリアンは当時もっとおっさんくさい風貌。表はラミネートコーティングされているが、裏はない。
メロディー・メーカーのクリス・ウェルチのコメントが記載されているが、多分称賛記事だと思う。
表ジャケは紙ジャケであろうが、やはりこの12インチLPレコードジャケットでこの気味悪さを体感したいものだ。

kotaroblo_gun_label.jpg 
CBS UK 63552 A1 B1 MONO
プラケのステレオ盤と聞き比べても断然この音楽にはモノラル盤、というかモノラルMIXの方があっていると思う。モノラルの方がブラスとの一体感があるし、ステレオのワイド感の方が嫌な奇妙さが出て聞き辛い。


スポンサーサイト

category: GUN

tb: 0   cm: 2

福井越前市そば蔵谷川は在来種の蕎麦を食べられる希少な名店だ  

文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 
kotaroblo_soba_tanikawa.jpg 
珍しく食レポを..
娘の大学の関係で福井へ。と言えば越前そば。で越前市にある「そば蔵谷川」へ。
最近民家を改造して蕎麦屋さんを立ち上げるお店多いですね。初めて伺ったので間違えて本当の玄関に入ってしまった(^^;お店はかなり綺麗で20人から多くて30人位入れるかなぁ、早めに行ったので座れましたが続々とお客さんが。
このお店は最近では珍しくなったと言う在来種の蕎麦粉を使用しており、さらにつなぎなしの蕎麦粉10割のそばで有名な名店のようだ。因みに蕎麦通でも何でもありませんし、喉越しをどうのこうのなんて分かりませんど素人です。
kotaroblo_soba_menu.jpg
普通、通人はもりそばを頼むのでしょうが好きなものを頼んでいくともりそばが入っていないと言う..後で家族会議した所通じゃないんだから好きな物食おうよ、という結論で、頼んだのが
kotaroblo_soba_mori.jpg

おろしとろろそば 800円

kotaroblo_soba_3.jpg 
にしんそば 1,000円 にしんがほろほろととろけるよう。柚の一かけが何とも爽やかな。
kotaroblo_soba_kake.jpg 

かけそば 750円 削り節入ってます。
粗引きな部分と細かくひかれた部分が同居した、弾力あるのにほろほろと噛める蕎麦。強く効いた鰹だしがなかなか強烈だったなぁ~器も拘ってます。決してリーズナブルではないけど、1年低温貯蔵した蕎麦を一日分だけ毎日挽くと言う手間を考えたら当然ですな。大変美味でした。 外に出たら行列が...狭い狭い表通りを三重や愛知、尾張小牧、新潟と遠方からかなりの蕎麦通が食しに来ていた。マイクロバスも2台来たのには驚いたなぁ。是非お立ち寄りを。

category: 食う

tb: 0   cm: 0

もう一ちょFamily / Bandstand~何か良いんだよねぇ~でもウエットンはクリムゾンへ  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 
kotaroblo_familyb.jpg
多分もう2度と取りあげないだろうからウエットン在籍時のファミリーの6作目「Bandstand」です。前ログ、前作からのギミックジャケで、1972年ってこんな古いテレビ?ってくらいレトロなテレビ型ジャケット。Familyのロゴ先がディスコ風にピカッと光っている所が悲しい..ブラウン管部分はセルロイドでBandstandの文字だけが書かれていて開けると、
kotaroblo_familyb_open.jpg
こんな風に中身も見られます。画面にはレコーディング風景のメンバーが。
kotaroblo_familyb2.jpg
ジャケがジャケだけに保存状態が良くないものが多いみたい。凝ってるけど面白い様な面白くない様な...古くささだけが。

kotaroblo_familyb_incert2.jpg
同じ形のレコード袋で、この部分に挿入する。結構ここが脆い..

kotaroblo_familyb_incert.jpg
とにかくこのアルバムの話題は、ジョン・ウエットンがこの後クリムゾンへ加入すると言う事でちらっと名前が出る事がある位だが、内容は結構面白いんだよね~いきなりトップの「バーレスク」ではJ・ウエットンのベースがかなりブリブリいわせている。フリーぽいタイトなリズムにロジャー・チャップマンのガラ声チョイビブラートなブラッキーな声がジャストフィット!センス良いね、って曲(笑)前作よりウエットンベースはかなりブリブリいわせている。今回1曲だけ作曲にも参加していてA-3の「コロネーション」で、前々からの流れを一切無視したバラード曲。急にエレピがほわ~んと鳴りだしたり、ウエットンがコーラスしたりしてイイネ。でA面ラストはこれまたブラックでファンキーな曲に戻って、これもまたノリノリで良い曲。途中ここでムーグソロ入るか!という展開が予想出来ずん~と思ったり。ディスコでも全然OK、あっ今Clubね(^^;;B面に移ってアコウスティックあったり、2曲目の「Glove」、後半チャーリー・ホイットニーのギター・ソロとストリングスで大盛り上がりの感動系の曲で、あっこんなのも出来るのねと思うが、次の「Ready To Go」ではR&Bのファミリー定番曲にまた戻る。バリエーション豊富なのか一過性がないのか..ラストの「Top Of The Hill」はジャズロックテイストを取り入れたりして最後に超難問な曲で締めている。これなんか凄くセンスを感じるんだけど、とてもキーボードのPoli Palmerのサウンドバリエーションが豊富で色んな音を良いタイミングで入れて来る所が良いね!大ヒットしそうな曲は無いんだけどロック全般好きな人なら誰でも受けいられる様な気がするが..
kotaroblo_familyb_label.jpg
K54006-A1 B1のUKファーストプレス。
ブレイク前のジョン・ウエットンのベースを聞くだけでも価値がある一枚??
↓注意 音出ます

category: Family

tb: 0   cm: 2

Family / Fearless~J・ウエットンに歌わせていない所が凄い!  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 
kotaroblo_familyfearless.jpg 
ジョン・ウエットンがクリムゾン加入前に在籍していたバンド「ファミリー」の通算5枚目のアルバム「フィアレス」れす。
J・ウエットンのクリムゾン加入前のバンドだった。ウエットン参加の2枚しか聞いてないがサウンド自体は色んなジャンルからエキスを吸い込んだ面白い音楽で意外にイケる。ただウエットンが在籍してたよパターンと思いきや、どの曲も良い意味で統一性が無く、基本はロジャー・チャップマンのボーカルスタイルであるR&Bなソウルフルな曲調がベースなのだが、スワンプあり、ブラスロックあり、ジェネシス風あり、ジェントル・ジャイアント風のコーラスありなどなど影響下にあっただろうサウンドクリエーションでかなりしっかり作られている。在籍時の2枚はギミックジャケとしても有名で、CDではこのFearlessを海外サイトから購入してジャケ自体は印刷のもので本物の具合は知らなかった。
リードボーカルのロジャー・チャップマンは微妙にビブラートの掛かった癖のある声だが、ウエットンはコーラス(ほんの一部リードボーカル)程度にとどまっており、作曲にも加わっていない。まぁ前面に出た場合のファミリー、やこの後のウエットンの行く末にどう影響が出たかは計り知れないが.. 後にメンバーがブラインド・フェイスやクリムゾンに参加したりするのでロック界においてもとても重要な位置にあるグループなのだが、如何せん売れてなければ知名度もそこそこ、J・ウエットンが以前にモーガル・スラッシュを経てファミリーその後にクリムゾンに加入した事もそんなに知られていないのではないか。
kotaroblo_familyf_3.jpg 
裏側ジャケにはこのアルバムのタイトルの由来が書かれてあり、正確には訳せない..怖いもの知らず(フィアレス)と呼ばれる、は分かるのだが..「This album is dedicated to all the people who have pulled strokes for or against us,for the shall be called fearless」誰か訳して下さい。ジャケは朱色とブルーが基調。

kotaroblo_familyf_2.jpg 

ネガポジ反転した様なメンバーの絵がめくるごとにぼやけて行く様な..面白い様な面白くない様な..
kotaroもニャンだこりゃって見に来ました。


kotaroblo_familyf_insert.jpg

これはUKオリジナル盤で、朱色の歌詞インサートが付属。
kotaroblo_familyf_label.jpg  
Reprise Records K-54003-A1 B-1 UK盤ファーストプレス

4曲目の「Spanish Tide」なんてもろジェネシスで、PV見てもツインダブルネック(LGのチャーリー・ホイットニーのネックとウエットンのベースとエレキギターのダブルネック)で、ロジャー・チャップマンもこの時はちょっとピーガブやフィル・コリンズぽい歌い方に聞こえる。結構キーボードのPoli Palmerは結構サウンドエフェクトに凝っているので他の曲も単調になっていないので面白い。ウエットンの声が所々出てくるが正直ロジャー・チャップマンを食ってしまっている。ただこのファミリーのラフでチャレンジャーなサウンドには合うあのかどうかは分からないのでクリムゾンに移籍して正解なのだ。やはり物事とは成るべくして成るものなのだ。他にも1曲目の「Between Blue and Me」やファンキーなホーンセクションとの絡みがノリノリのSide two1曲目の「Take Your Partners」、ラストの「Burning Bridges」がお薦め。
↓ 注意!!音出ます 完全にジェネシス風


ウエットンの貴重なツインリード↓



category: Family

tb: 0   cm: 0

Stand Up / Jethro Tull   

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

やっぱり田中マー君は凄かったね!東北楽天イーグルスおめでとう。
中日、阪神で今回の楽天と、名将星野監督の胴上げは3回見たけど今回日本一は初だったのね。
田中の去就が気になる所だけどメジャー挑戦に立ちあげれ!というのも彼らしくて良いのかも...
立ち上がれ...立ち上がる飛び出す絵本ジャケ...Stand Up / Jethro Tull(苦)
kotaroblo_standup.jpg 
1969年のタルの「スタンド・アップ」。
1stの「This Was」ではギターリストがミック・エイブラハムがブロドウィン・ピッグ結成の為抜けた為、マーティン・バレをギターリストに加えたタルのセカンドだ。ブロドウィン・ピッグへの件はプログレ史を読めば必ず出てくる所だが、ミックがイニシアチブを取っていた1stアルバムよりもこのアルバムはぐんとイアン・アンダーソンに傾向したフォークブルーズ・変態フルートバンド(^^;になっている。多分このバンドは聞く順番を間違えると好き嫌いにかなり差が出るんじゃないかな?このアルバムはそれこそ「ブーレ」の様なクラッシックを変態化した様な如何にもタル、いやイアン・アンダーソン的な曲はあるものの、トップのブルースリフをかましまくる「A New Day Yesterday 」やJ・タル式正当ロックの「Back To The Family」や、B面トップのそれこそZepやパープルの初期辺りに出て来そうなブルースロックの定番の様な「Nothing Is Easy」、メロディーが実に英国叙情的で、フォークロックの定番となる「We Used To Know」など挙げると決して避けて通りたくなる様な音楽ではない事がこのアルバムで証明されている。いきなり「A Passion Play」を聞かないでこのアルバムがファーストになる事をお薦めする。
kotaroblo_standup_jyake2.jpg 
内容もさることながら話題性はこのジャケットにもあり、飛び出す絵本的になっている事は有名。他にも飛び出すジャケは色々あれど代表格になっているのはこのアルバムだろう。このカバーのアイデアはプロデューサーのTerry EllisとJhon Williamsと言う人で、このジャケの絵はニューヨークのグラフィック・アーティストJimmy Grashowで、ヤードバーズのジャケットでも有名なアーティストだ。他にも似た系統の作品を出している。私が購入したものはかなり美品だったので少しヤケがある位で傷も無く良い状態だった(思ったより安かった)
kotaroblo_standup_jyake3.jpg 
まぁ両端に糊付けされたメンバーが開かれる事により立ち上がる単純なものだが、このグラフィックが味があるので本当に海外の飛び出す絵本的な味わいがあって好きだ。何度も開けたくなる。曲名や他クレジットが書かれているが、マーティン・バレは正統派なブルースEギターだけでなく曲調に合わせてくねらせたフレーズも弾けるのでJ・タルには必要不可欠なメンバーだったのだろう、今思えば。歴史に名を残すバンドなんてこう言う巡りあわせが必ずある(偉そうに)しかも多才で「Reason For Waiting」ではフルートをイアンと共演している。この曲でストリングスを指揮しているのはデビット・パーマーである。
これはファーストプレスでインナーは白無地のものが付いている。

kotaroblo_standup_label.jpg
1960年代後半のアイランドレーベルであるオレンジ・ブラックボールで、マトはILPS+9103+A /+B。この後セカンドプレスのブラックボール、その後ピンクiレーベルになる。ピンクiレーベルでもこのプレスよりは半値位になる。実際ショップでピンクiのレコードを見たが、ジャケットのペンの色合いも若干薄くなっていたように感じた。この盤はずっしり重い重量盤でブルースロックを聞くには打って付に音が厚く重い。(かなり前のCDと比べてだけど..) 

 ↓注意!!音出ます

category: Jethro Tull

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。