Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ロンドン・タウン / ウィングス ~ロンドンの汚れた地面に銀色の雨が降り注ぐ~  

文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  
kotaroblo_wings_londont.jpg 
1978年発売「ロンドン・タウン」。1977年にレコーディングを開始するも、スタジオ生活にうんざりしてヴァージン諸島にヨットを借りて船上レコーディングを開始するも帰国後「マル・オブ・キンタイア~夢の旅人」のレコーディング時にはジミー・マッカロクは脱退し、その後ジョー・イングリッシュも脱退。ウィングスは再び3人でのレコーディングに入るが、リンダは9月に長男ジェイムズを出産しているので一部録音には参加していない。私はこのアルバムがリアルタイムで(中学2年)初恋真っ最中の中「幸せの予感~With A Little Luck」のエレピの響きにキュンキュンしていた頃(バカ)なので想いで深いアルバムだ。当時誰でも知っていたミュージカル・ムービー「サタデイ・ナイト・フィーバー」によりずっと1位を記録していた英国ランキングも途絶えたが、先行シングルは「夢の旅人」は「She Loves You」の売りげ記録を抜く驚異的ななヒットを達成している。メンバーが抜けた為、途中で何曲かはデニー寄りの作品が入っているが、ヒット間違いなしのポールの作品に絡んでスムーズな小作品の流れがバランス良くて、メンバーの縮小、船を含む5回に渡りスタジオが変わると言う通常なら一過性のないアルバムになりがちだが、不思議に今までのアルバムの中でも凄くスタイリッシュに出来上がっていると思う。ポール・マッカートニー自身の製作意欲が年齢的にも充実していたのではないかと思う。
kotaroblo_wings_londont2.jpg
 
ある文献を読むと、もともと「Water Wings」とタイトルが付けられていたらしが、多分メンバーの脱退で楽曲であった「London Town」に変更されたのではないかと推測する。このジャケットはこの3人のアイデアで、タイトルに合わせたジャケットデザインになっている。良いか悪いかは別として、ロンドン・ブリッジのバックがやはりベストだったのだろうね。 内容も英国の叙情詩たっぷりの曲が多いからね、皮肉りもあるけど。
kotaroblo_wings_londontin.jpg
インサートには歌詞と、何処で録音されたかの記述が記載されている。タイトル横に船マークが付いているのがヴァージン諸島でのレコーディング。タイトル曲の「ロンドン・タウン」はポールの英国に対する愛情と皮肉がたっぷりの曲だけど、ポールにしか作られないメロディーが素晴らしい。このアルバムの最初の頃に録音されているのでツアー中に作った曲なのだろうけどそんな状況で良くこんな凄いポップな曲が出来るものだと今でも凄いと思う。PVはポールとデニー・レーンが終盤のスライド・ギターを弾いている映像だが実際はジミー・マッカロックが弾いている。スライドの名手だったからね。A2曲目「セーヌのカフェテラス」はバージン諸島の船上レコーディングでの最初に録音された曲で、この雰囲気はウィングスとしての息がまだ残っているし、疾走感がたまらない。A3曲目「I'm Carrying」はポール1人の多重録音で、ゴドレー&クレームが開発した「ギズモ」の独特なチェロの様な音がバックで鳴っているが、曲は今までにも何曲も作ってきたポールのアコウステック楽曲の一つ。A6曲目「Chldren Chirdren」はデニー・レーンの曲で、如何にもデニー・レーンの曲とすぐ分かるように牧歌的で、民俗音楽に影響を受けていたデニーらしいケルトな雰囲気を醸し出していてメロディーも優しく覚え易い。A7曲目「ガールフレンド」これも本で読んだけど、元々マイケル・ジャクソンに送った曲で、実際マイケルも収録しているし、そもそもポールもファルセットでそれ風に歌っているんだから辻褄も合うよね。マイケルはポールに曲の作り方の指南を受けたとされているが、当時からマイケルとの関係は深かったようだ。A8曲目「別れの時~I've Had Enough」はセカンドシングルで、軽快なR&Rな曲でバージン諸島での録音。あまりヒットしなかったようだがやはりポールはシャウトする曲が似合うし、単調と言えば単調でヒットしなかったのはそんな理由だろうがポップに纏まった好きな曲。
kotaroblo_wings_londontin2.jpg
先にも書きましたがB1曲目「With A Little Luck~幸せの予感」は中学生の幼い心を揺さぶった曲で、意外にもまだウィングスとしての5人メンバーでの録音で(雰囲気はポールとデニーだけで作ったように聞こえるが..)バージン諸島でのレコーディング。英国よりも米国で1位を獲得した。ほぼキーボードでの曲だけどポールのボーカルが素晴らしいし、「ちょっとした運があれば成し遂げられる」と言った歌詞が心を癒してくれる、私には想いで深い曲。B2曲目「伝説のグルーピー」3曲目「子供に光を」もバンド・オンザ・ランやビーナス&マース頃の楽曲という感じだが実際「子供に光を」はビーナス時代に書かれている。でも録音時代はメンバー2人が抜けた後の録音。ボーカルはデニー。ラストの「モース・ムースとグレイ・グース」もバージン諸島船上レコーディングで、エンディングを飾るには相応しい6分半の大曲で、このアルバムでも「ロンドン・タウン」なんかがそうだがポールとデニーの共作はお互いが持ち寄った曲をセッションで繋げ合わせていくという作風が多く、この曲もハードな部分を多く締めているが、多分デニーの作風であるケルト調のパートが中間を締めていて、そこからフォーク調の雰囲気を保ちながらハードなエンディングを迎えると言ったなかなかインパクトのある曲でこのアルバムでも一番格好良い曲だ。
kotaroblo_wings_londont_pos.jpg
結構な大きさのポスターが付いている。真ん中の丸抜き部分が例のバージン諸島に浮かんだ豪華ヨット「Fair Carol」。雨が多いロンドンに嫌気をさして船上で録音したのだが、そのおかげでロンドンタウンって名曲も生まれているのだから..
kotaroblo_wings_londontpost.jpg

表面?抜けた2人のメンバーは裏面にも殆ど写っていない(後ろ姿位?)この面も3人のみ。そりゃそうだろうけどね。
kotaroblo_wings_londontlabe.jpg 
YEX 975-1 976-1 A面にMasterd by Nick Wの刻印あり。英国ファーストプレス。昔出た国内盤のCDと聞き比べてもこの盤は音圧が凄い。バンド・オン・ザ・ランなども顕著に表れていたがベースの低音が半端なくブンブン鳴っているし、ポールのボーカルも前面に出てて立体感がある。プロデュースはポールでエンジニアは旧友ジェフ・エメリックである。
kotaroblo_wings_londont_lab.jpg 
Side-2はカラーのロンドンブリッジのレーベル。A,B面マト1はそれほど出てこないので出たらすぐゲット!

  ↓注意!音出ます


スポンサーサイト

category: Paul McCartney

tb: 0   cm: 2

ドリシアの新譜  


文字色
ランキング参加中です。ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 

kotaroblo_dt.jpg 
世の中3連休の中、私はほぼ仕事で、しかも日曜は地域の運動会への参加と2連日6時前起きで頑張りましたが、ついに日曜夜にダウン。早く寝て本日も早朝から仕事と...7年後の五輪まで生きていられるだろうか?(笑)
何とか夕方に仕事を終えポイントの貯まっているタワレコへ「ドリームシアター」の新譜を買いに。マイク・マンジーニがドラムに座っての第2弾ですが、タイトルも「ドリーム・シアター」と何ともここへきて新生ドリシアを名乗るとは大胆不敵、かなり期待してます(まだ聞いていない)
本日、ウィングスのロンドンタウンアップしようと思いましたが、明日からの体力を考えて早寝しますzzz
でもこれ聞きながら寝られるだろうか?



category: Dream Theater

tb: 0   cm: 2

Wings / At the Speed Of Sound   


文字色
ランキング参加中です。ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 

kotaroblo_wingsasos.jpg 
またもう一度ポール・マッカートニーに戻しまして、1976年発表の「アット・ザ・スピード・オブ・サウンド」です。この後のアルバムが3枚組の集大成となった「オーバー・アメリカ」なので、そうまさに大アメリカツアー中に作製されたアルバムで、「ヴィーナス&マース」よりバンド・ネームがウィングスのみに戻された事からより一層ウィングス色を出すためにメンバー全員にボーカルを取らせると言う??なアルバムに仕上がっています。ポール位このバンドを象徴するキャラクターがあるのに、まるで部活動のノリの如く一つになろうぜ!な発想がどうもこのアルバムを希薄なものにしている様な気がします。ウィングスのアルバムの中でもん~一番聞いていない気がする。大ヒットの2曲以外にも「The Note You Never Wrote」や「Time To Hide」「Beware My Love」などなど良い曲あるのに、両面トップにある2曲はベスト盤でやり過ごし、オーバーアメリカでも4曲を取り上げている事から、どちらかというとそちらの方で聞いていてこのアルバム自体あまりターンテーブルに乗る事もなかったですね(当時日本盤でボロボロですが..)ただアルバム自体はアメリカツアー中に発売された事もあって米国ではバカ売れしたようですが..ウィングスとしては抜群の体制であるこのアルバムのメンバーが全曲全員で仕上げたスタジオ作品はこれ一枚のみとなってしまいました。ライブアルバムと言うのはそのバンドの分岐点になる事が多い事からその一つ前のアルバムなので下降点に向かっている事には違いないので、そういう見えない幕が掛かっているアルバムなのでしょう。ウィングスと言えばアルバム・ジャケットの装丁が豪華ですが、ヒプノシスのジャケットもイマイチさえなく質素で、正直好きではない。まぁこの時期だからこそそんなに豪華にしなくても良いのかもしれないけど..
kotaroblo_wingsasos2.jpg
この裏面ジャケはリンダも写っているのでリンダ・マッカートニーによるものではないです。おどけた感じが如何にもポールが好みそうなデザインですがちょっと気持ち悪くなるのでやはり好きではないです。
大ヒットシングル「心のラブソング」が収録されておりますが、ポールのラブソングを批判された評論家に皮肉って作ったもので、本当のタイトルはばかげたという意味のSillyが使われているので心というのはまるで曲とは掛け離れているが、日本で売るための得策なのか、どうせ殆どのリスナーは内容は理解せずに聞くだろうと言う事だろうか..とにかく曲の骨組みとなるベースラインで、まるでベースが曲を成形してるポップソングを掛けるのはポールの技で、これ弾きながら格好良く歌える所がやはりポール・マッカートニーなんだろうね。昔コピーして歌った事もあるけど、あのポップなベースは弾けませんね。デニーがボーカルを取っている2曲もなかなかの曲で、やはりポールの右腕と言われるデニー・レーンなかなかのパフォーマンスです。 が、リンダの「Cook Of The House」、ドラムスジョーのボーカル「Must Do Something About It」もライトでポップスの真髄の様な曲で良いのだけど要るかなぁ~という感想です(笑)やはりポールのシャウトするRockが聞きたい、とおもうものでしょ。因みに「Time To Hide」はデニー・レーンの曲、「Wino Junko」はジミー・マッカロクともう一人の共作。

kotaroblo_wingsasos_inner.jpg
四隅カットアウトのインサートが付きます。絵の作者はHumphney Oceanというアーティストで、10CCなどのアートワークなんかも手掛けたこともあるアーティスト。

kotaroblo_wingsasos_inner2.jpg
この写真の撮影者は書かれていないが、向かって右端にリンダのサイン「Linda McCatney '76」と書かれてある事からリンダが撮ったものと推測されるが、彼女自身のフォトもある?
kotaroblo_wingsasos_label.jpg
YEX 953-5U  954-5U このマトが初盤と思われます。さらにジャケットは背に絞りの入ったものですが市場価格はそんなに高くありません。買える時は日本盤CD一枚分位で買えます。レーベルフォトはリンダによるものですが、正直絵だと思ってました。邦盤のグレイティスト・ヒッツを聞くと心のラブソングのベースがしょぼい。このアルバムのベースサウンドはかなり全面に出ているので聞いていて凄く迫力ある音に聞こえる。

category: Paul McCartney

tb: 0   cm: 0

デイブ・カズンズ / Two Weeks Last Summer 「ブルー・エンジェル」は飛び抜けた名曲!  


文字色
ランキング参加中です。ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 

kotaroblo_dcuusins.jpg 
先日東京出張だったのですが、行く所×2オリンピック招致のポスターや看板を目にしましたね。正直地方モンにとってはひがみの対象でどうせ見に行けないもん、と呟いてみるが東京が五輪で潤えば日本経済も潤う、これはやはり日本国民にとっては重要な事なのだ!ともっともっと地方に訴えかけるべきだった..ような。目が覚めたら万歳!三唱してる事に期待しよう。
それで今回は..ポール・マッカートニーまだ2,3枚あるのだけど、ちょっと立ち寄った(うそ、わざわざ時間のない中駆け込んだ、30分ででないと飛行機に間に合わなかった^^;)某レコード店で見つけたデイブ・カズンズのソロアルバムにしました。これが素晴らしい美ジャケ、美盤で、EXどころかM-クラスのものだったので時間もなかったのでお持ち帰りにしました。ストローブスはリック・ウェイクマン関連から聞くようになり、リックのコンピ・アルバムの「砂時計」でカズンズのソロの楽曲を聞いて海外サイトからCDを購入して聞いていました。デイブ・カズンズって人はまさに「The Strawbs」な人で、彼自身が持っている才能を別に披露したかったのか、とにかく凄い人脈で作ったアルバムで、リックを始めD・パープルのロジャー・グローバーやコロシアムのジョン・ハイズマン、ミラー・アンダーソン、ストローブスからD・ランバートやエンジニアにTom allomとやはり1972年は彼にとって円熟期だったのでしょう。

kotaroblo_dcuusins2.jpg
タイトル曲の1曲目はサンディー・デニーもフォザリンゲイ時にカバーしている曲で、このアルバムいわゆる本家は少しサイケデリック漂う幻想的な味付けが印象的だ。フィルターの掛かった様にエフェクトの効いたG、Bに囁く様なカズンズのボーカルがドリーミーなお伽噺の様で良いですねぇ。サンディー・デニーの方はトラッドフォークそのものの、癖なく歌い上げている。やはりどうしても取りあげなくてはいけないのはA-3の「ブルー・エンジェル」だろう。クラシカルなガットギターの旋律から始まる泣ける曲で組曲となっているが基本サビのメロディーの使い回しで、そんなにプログレ、プログレしていないので聴き易い。ここで歌い上げているD・カズンズの声が素晴らしいし、彼の作曲能力も凄い。この曲はストローブスには持って行けないし、この曲の為にソロアルバム作ったんじゃない、とも言えるんじゃない?(笑)ただその演出効果に一役かっているのがリック・ウェイクマン。一度聴けばこの独特な手癖で分かるのだが、この曲に合うアルペジオはリックにしか弾けないし、オルガンの調べも独特なものだ。B面はらしくない曲が頭とお尻に配置されている。R&Rな痛快な「The Actor」やM・ボランぽい「Going Home」などソロ向けのチェレンジ精神も見せているし、B-4「We'll Meet Again Sometime」のように鳥のさえずりをバックにミラー・アンダーソンのスライドG(Good Job!)と共に田舎臭さ満載のフォークソングもある。このさえずりはまるでheronのようだがD・カズンズにも似合う。 ストローブスでない自分自身に似合う曲をこれだけのクオリティーでアルバムにしてしまう作曲能力に感服のデイブ・カズンズのソロアルバムでした。 邦題も「忘れ得ぬ夏の日」とグッド!
kotaroblo_dcuusins_label.jpg
A&M Records AMLS68118A 1△W AMLS68118B 1△W UKファーストプレス。
まず盤にほぼ傷が無いと言う盤質だったので非常にクリアーな音が鳴っています。多分この人の声を聞くのはUK盤に限ると思う。こんなブリティッシュフォーク・サウンドはファーストプレスの繊細なMix、マスタリングで聞きたいものです。
これで千円札ほんの数枚で買えました。良い買い物だったぁ~

因みに白のPatent Nos, Made In Great Britain印刷のインナーバッグが付属します。



注意!!音出ます↓


category: Dave Cousins

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。