Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

DVD「展覧会の絵」はサイケ画像処理が無ければ完全版..  

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m
banner (1)
 



kotaroblo_elpdvd.jpg


もうこのDVDも時代に置いて行かれたほど古い古いDVDである。LD発売後2000年にDVD化され当時価格で3,800円であるが、最近では40周年記念として、さらに映像をクリアに、音質を強化した(DTS)スペシャルエディションが出ている。何せケースがCDと同じプラケであります。映像特典としてオリジナル劇場予告編が付いていた。私はヤングミュージックショー(1973年放送らしい)はガキの頃で知らなかったし、ビデオは買えなくてLDは機器が無く、やっとこのDVDを手に入れた時は正座して食い入るように見つめたものでした。オリジナルマスターが出てきたとか話はありましたが、この当時の録画にしては素晴らしく綺麗ですよね。まぁ1点を除けば..
kotaroblo_elp_dvd2.jpg
以前にも他で多々書きましたが、こんな映像処理が何故必要なのか理解に苦しみますね。これやった人は今でも悔やんでも悔やみきれないでしょうね。反省してるならこれを元に戻して未開人からロンドまで完全版としてえ~次は年十年記念でしょうか出して下さい(--#
kotaroblo_elp_dvdlake.jpg
唯一オリジナルの「賢人」。これ完璧に弾けてもG・レイクボイスじゃないとただの暗いギター弾き。この映像では結構手元が写るのでコード追いピッキングの参考になるが、私は諦めました。微動だにしない観客が写っているが気持ちは分かる。オリジナルの曲ではあるが、全くもって違和感のないこの出来は素晴らしいの一言。
kotaroblo_elp_dvd1.jpg
数年前渋谷公会堂でエイジアを見た時に別人のカール・パーマーを見ましたが(笑)、この頃は紅顔の美少年。よくリズム外すとか下手ドラマーのレッテルを貼られる事がありますが、キーボード主体のトリオバンドは当然リズムは刻み難いし、そんなに目立った外しもないし、こんなパワフルに叩ける人もそうはいない。ただ「ヒート・オブ・ザ・モーメント」でのリズミングが悪かっただけ(笑)あ、でもエイジアでのドラムソロでステック飛ばしてたなぁ、ん~
kotaroblo_elp_dvdkieth.jpg
健康の事や色んな意味で活動が注視されていますが、最近はどうなんでしょう?私は4年ほど前に出たキース・エマーソン・バンド以来何も聞いていないし、ご無沙汰なのですが。キース・エマーソン・バンドはギターのマーク・ボニ―ラとの相性が良かったのでなかなかでした。CD、DVD持ってるのでまたアップしたいと思いますね。
 

スポンサーサイト

category: Emerson,Lake&Palmer

tb: 0   cm: 0

EL&P~「展覧会の絵」  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
kotaroblo_elppic_uk.jpg 

kotaroblo_elppic_jap.jpg


前にも書きましたが、私の初EL&Pはこの「展覧会の絵」です。最近数少ない所有オリジナル盤ネタで行ってますが、今回上がUK盤、下が邦盤でそれぞれ初盤です。これ邦盤はかなりしょぼくて、画像では分かり難いですが、オリジナルのデータというかマスター画像を例えば画像を一回り引き伸ばしたかのようなぼやけ方で、レタリングもボケてるし、細かい壁や額縁なんかもぼやけてます。邦盤のジャケットサイズが数ミリ大きいのでそれに合わせたのだろうが、比べるとまるでブート盤の様な出来だよね。

kotaroblo_elppic_uk2.jpg 
kotaroblo_elppic_jap2.jpg
この画像の方が分かりやすいですね。上はUKオリジナル盤、くっきりです。ただこの邦盤のライナーノーツを担当しているのは..

kotaroblo_elppic_liner.jpg 
クラッシック評論家の黒田恭一氏なんですよね。惜しくも2009年71歳で病死されましたが、NHKのラジオとかで、内容は結構シビアなんですが堅苦しくなく噛み砕いて話してくれるその語り口が好きでした。エンディングの決め台詞「どうか皆さま、お気持ち健やかに、毎日をお過ごしください」がとても心に届いていました。ここでも冒頭ロックライターよりも、その筋の事が分かる私にお鉢が廻って来た、と。ELP3人の演奏技術の高さと、出したい音を出せる凄いやつらと絶賛し、後を振り向いてクラッシックをつかまえているこのELPの展覧会の絵は、この音楽を知らなくとも楽しめると言う事だ、と当時先端のロック・オン・クラッシックに高評価を与えていましたね。まぁ、ほぼクラッシックサイドからの見地なんだけど、こういう方がロック評を書く事は音楽に垣根が無いという立証で素晴らしいですね~ 最近、音楽もDLする時代なので、こういう評論が読めなくなって行く事は日本文化の著しい衰退だ!とおやぢ論を繰り広げるのである。

kotaroblo_elplabel.jpg
Side1 HELP 1 A-1U 3 CP Porky刻印あり  Side2 HELP 1  B-1U  1 RO Pecko刻印あり
アイランドレコーズ廉価盤シリーズHELPで、初盤は1971のみ、2ndはその下にIsland records云々と表記が加わる。70年代初頭、この当時はよくある2枚組でコンピで出そうか、なんて言ってるうちに海賊盤が出回って、それを回収して出した廉価版のレコードが売れまくった、それがこれらしいですね。カッティングはジョージ・ペッカムなのでメリハリの利いた図太い音が鳴っていますので、中古市場で4K~6Kで購入できるようなのでお薦めします。ブートやワイト島、オフィシャルを含め展覧会の絵を数多く聞いたが、このアルバムにおけるアドリブセンス、アレンジ、この時代にこんなスリリングな録音を残したエンジニアのエディー・オフォードの力量、どれを取ってもこの録音を超えるものは勿論ありませんね。「キエフの大門」からオルガンをゆらゆら揺らす「The End」までのあの緊張感が、20代にしてこの演奏が出来る3人が絶頂だったこの頃を彷彿させますよね。久々に聞いたけどやはり凄い。



category: Emerson,Lake&Palmer

tb: 0   cm: 0

Grand Funk / Shinin' On  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 
kotaroblo_grandfunk.jpg
 
まぁ頭の古いコタローのブログなんぞは、とかく何繋がりとか関連性でしかネタが無く、今回も前回の3D繋がりと言う事で、当時グランド・ファンクと読んでいた(レイルロード抜き)74年のアルバム「Shinin' On」(輝くグランドファンク)です。ちょうどスマップの携帯CMでもロコモーション流れているのでそれ繋がりでもあります(^^; 金ぴかジャケの「アメリカン・バンド」の次の作品と言う事で今回もトッド・ラングレンがプロデュースしております。一部ギターでも参加してます。
kotaroblo_grandfunk2.jpg
kotaroblo_grandfunk3d.jpg 
正直、曲が大した事無いので(笑、って好きな人すみません)話題はこのジャケの切り抜き3Dメガネ。勿論切り抜いてありませんしジャケやポスターの立体は見た事ありませんが。一応鼻の部分も立体化する所が泣かせます。
kotaroblo_grandfunk3dposter.jpg 
これがオマケの3Dポスター。当時最先端のポスターですね。2つ折りです。
kotaroblo_grandfunk3.jpg 
インナーバッグには74年のツアーの日程とファンクラブの申し込み欄らしきものが。ここに書きいれて切り取ったらこのインナーバッグはどうなるのだろう?裏には曲目やメンバー詳細が記載。
kotaroblo_grandfunklebel.jpg 
私のこのアルバムは米オリジナル盤でまだシュリンクが残っていて、盤の状態もほぼ完ぺきでした。
トリオでのガリゴリバンドから転身、キーボードのクレイグ・フロストを加えてヒットさせた「アメリカン・バンド」からゆるりとポップス路線に向かい、スタジオで何となくやったロコモーションをトッド・ラングレンがアルバムに収録、全米No.1になりそれがかえってポップ路線に拍車を掛け衰退して行くとは..正直ロコモーションは本家のリトル・エヴァは知らなくて、このグランド・ファンクが本家だと思っていた10代に頃でした。この曲って色んな人がカバーしてるけど、全く方向が違うと思われているハードロックバンドがやってこれだけしっくり聞けるのはさすがトッド・ラングレンのポップな業でしょう。(因みにエンジニアもトッド)クラヴィネットが良い感じのタイトルの「シャイン・オン」とかまぁ良い感じな曲もありますが、どの曲もグランド・ファンク・レイルロード時代のマーク・ファーナーの魅力は一切なくロコモーションに頼るだけの内容になっているのが残念。私はこれ以降のアルバムは聞いてないなぁ。



category: Grand Funk Railroad

tb: 0   cm: 0

プロメテウス~エイリアン、H.Rギーガーフリークは見るべし  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 

kotaroblo_Prometheus.jpg
「プロメテウス」の先行上映を見て来ました。本来は8月24日からなのですが、夜の部だけ先行上映をやってるみたいです。お盆休みの方が多いので映画館も苦肉の策ですな。9:40からのレイトショーで3Dで見ました。
ネタばれになるので内容はほぼ書きませんが、「エイリアン」のエピソード0みたいなもんです。PG12なのは一部のカットがかなりグロイシーンがあるからかな?ちょっとグロかったけどエイリアンシリーズを見てる人には問題なしです。
ミレニアムシリーズ(ドラゴンタトゥーの女他劇場版で無い方)で熱演したスゥエーデンの女優ノオミ・ラパスがなかなか好演してます。リプリーの様な負けない女を熱演。シャーリーズ・セロンはオマケ。
私も全て映画館で見ましたが、エイリアンシリーズを見てる人、HRギーガーフリークは見て損はなしです。リドリー・スコット監督が33年の時を経てやりたかった事は、人類の起源なんて永久に解けない謎は結局さておき、エイリアンの誕生にまつわるプロローグをやりたかったのだろうね。しかも次もありそうな感じで...ニヤリ ただ33年も前だと思えないほどテクニカルでスリリングで、暗闇と光の表現が素晴らしく表現できたエイリアンには及びませんが、これはこれで3Dで見た方が楽しめるかもしれませんね。3Dは邪魔してませんし。(因みに画像のチラシに穴が開いてるのはウチワになるチラシだそうで、厚紙で出来てます)
とにかくH.Rギーガー好きなら見なさい。スタッフロールのネーム位置も格別な扱いでした。

kotaroblo_brainsaladsurgery.jpg 

やはりこれしかありませんね、H.Rギーガーと言えばこれ「恐怖の頭脳改革」、EL&P。私はこれは高校生くらいに買ったアナログ盤なのでジャケこそはそこそこですが、ポスターなんかびりびりで画像にすら写せませんでした(笑)
私はEL&Pは中学生の頃、「展覧会の絵」から入ったので、とかくタルカスやこの頭脳改革など組曲はエマーソンの頭脳中身が訳分かりませんで..とにかく御大プログレの中でも一番最後に聞きまくったバンドかもしれない。その中でもこの悪の経典#9のパート1,2の持つエネルギーと勢い、ロック!してる所はすっと馴染んだ事を覚えてます。これぞキーボードロックなんだなぁという所を、自身のレーベルマンティコアからリリースする辺りがK・エマーソンの当時の勢いで、そのメンタルな部分がこのアルバムにも出てると思う。どうも好かない「エルサレム」や「トーカッタ」(まぁ何せ知性が無いのでこの辺の宗教的な所は苦手で)はさておき、流石のG・レイクのバラードや「用心棒ベニー」なんかが余計に引き立って面白い。トリオだから他の御大プログレバンドとは違って、テクニックを超えたスケールやグルーヴが半端でない所がEL&Pの真骨頂ではないか!?
kotaroblo_elp_bss.jpg 
この観音開きを閉じると、この女性か男性かの喉ちんこが性的どうのこうのって昔よく言ってましたね。まぁタイトルが「脳サラダ外科」だからどうでもいいのかそんな事(笑)
でもやはりH.Rギーガーのデザインするエイリアンは唯一無二の素晴らしいものですね~





category: Emerson,Lake&Palmer

tb: 0   cm: 0

Abbey Road  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 



kotaroblog_abbey.jpg
 
オリンピックもはや数日でファイナルを迎えますが、如何に日々感動や感激に程遠い暮らしを送っているか分かりますね。毎日感動に涙しております。金メダルは少なくとも記憶の中に残る名勝負を日本勢が繰り広げてますね。柔道はオリンピックで金を取る選手を育てていくのが果たしてこれからの日本の柔道の発展に繋がるのか!?日本柔道も岐路に立たされてるような気がします。
しかし..2日連続サッカーAM1時キックオフは辛いよね。。
ポールマッカートニーやベッカムなどのスターのギャラは1ドルだったらしい。でもM・オールドフィールドは開会式後チュブラーベルズが売れまくっているらしい。現在、マネージメントがどうなっているのかは知らないけど。リチャード・ブランソンも大喜びでしょう!?
画像は言わずと知れた「アビーロード」です。ロンドンオリンピックなので(^^;ああ。。今、石川佳純が中国の丁寧に敗れてしまいました。石川佳純可愛い..4年後のリオも応援しよう。やはり卓球中国は強い、、がバレーボールは勝った!
閑話休題 私の所有の盤はよく言われる「レフトアップル」、her majesty表記ありの盤です。

kotaroblog_abbey2.jpg
リンゴが端のレフトアップル。これって大きくトリミングされたジャケ写らしいですね。でもこちらの方が初盤と言われる。トリミングした後の方が後盤だと思うけど、結局は修正されたものが先に出たと言う事でしょうか?
私は映画音楽が大好きな小学生(これはマセていたのだろうか?)だったのですが、ラジオで聞いた「A Day In The Life」に衝撃を受けロック街道にハンドルを切ったのですが、その後「マジカルミステリーツアー」「レット・イット・ビー」を聞いてこのアビーロードでした。小学6年生の頃。この頃はロックなら何でも聞きましたね。そう言えばSexピストルズなんかにも嵌ってた事もあったっけ。勿論、同時に初期の頃のビートルズも全部聞きました。素晴らしいアルバムですが、ジョンとポールの音楽性が全くもって、少しでもすり合わせる事の出来ない所まで掛け離れている様相が鮮明に表れているアルバムですね。「The End」に全てを語ったポールの心境は如何ほどだったかと思います。「I Want You」を聞くとヨーコ・オノが与えた影響が分かりますね。どういう精神状態でこんな凄い曲が作れるのか。
kotaroblog_abbey3.jpg
Made In Great Britan表記がある白インナースリーブが初盤に付属。
kotaroblog_abbey4.jpg 
Side 1 YEX 749-2 4 OPA ダークアップルと言うやつです。
kotaroblog_abbey5.jpg 
Side2 YEX 750-1 2 MMG  私の所有はher Majesty表記ありです。ダークアップル、表記なしが初盤と言われていますが、マトリックスは同じなので、同じでしょう(笑) この辺、ジャケやレーベルの組み合わせの妙、よく分かりませんね、専門家でないので。でも購入する際の目印にはなるでしょう。
リマスター聞けば音質も良いし良いと思うけど、ビートルズの思惑でMixされて作製された楽曲はこの中にしかない。それを思うと両方持っていた方が良いかと。


category: Beatles

tb: 0   cm: 0

コタローの日常:盛夏2012  

コタロウ 
連日続くAll Japanの活躍でマジに本当に寝不足です。
開会式からポール続きでアビーロードをやる予定でしたが、もう眠くて眠くて...今内村も種目別ゆかで銀取ったので寝ますzzz~
連日の猛暑でちょとだけバテ気味の主宰コタローの近影です。なかなかイケメンでっしゃろ。やっと1歳ですがこの風貌、スタイルは競泳選手ばりです(笑)
来週は男女サッカー、レスリング、陸上..お盆休み前にぶっ倒れそう。サッカーだけは生で見たい!
皆さん暑中につき体力保持には努めましょう。

category: 日々の出来事

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。