Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Judee Sill / 1st 今年最後はこの一枚!  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!


kotaroblog_judeesill.jpg 
1971年「Judee sill」
今年最後の更新は、私も好きな一枚アメリカのアーティストで、35歳の若さで亡くなったジュディ・シル。デヴィッド・ゲフィンが設立したアサイラム・レコードの第一号アーティストとして有名だが、家庭環境の複雑な生い立ちから犯罪、麻薬摂取に傾倒し克服してSSWになるが、結局は麻薬の摂取にてたった2枚のアルバムを残しこの世を去ったミュージシャンである。その生涯のストーリーを聞くだけで特別なものを感じるが、作り出す音は自分の生涯を贖罪するかの如く穏やかで信仰心に満ちた楽曲で溢れている。3枚目のアルバム制作の段階で亡くなっているのでその音源をアルバムにしたCD等が出ている。

kotaroblog_judeesill2.jpg 

1曲目のCrayon Angelsから優しいメロディとオーボエの旋律がこのアルバムを印象付ける曲で、これを聞いているとスーと体の力が抜けるようなリラックスを与えてくれる力を持った曲。やはりそういう魂が宿っているのかなぁ。タートルズに楽曲提供している「Lady-O」もストリングスのアレンジまで実に完璧に作られているこれも素晴らしい曲。次の「Jesus Was A Crossmaker」はヒットしたゴスペルの香りを残したテンポの良い曲でこれも素晴らしい。


kotaroblog_judeesill3.jpg 

完璧主義だったらしく、その楽曲の多くのオーケストレーションが緻密に録音されており心を揺さぶるものがある。これだけのアルバムを作っておきながらも知る人ぞ知るアーティストになっているのは実に惜しいなぁ。こういう人だからこそ作れた音楽もあると思うのに。
ジャケの画像も神秘的な一面を覗かされる素敵な一枚になっており、これはアナログ盤で味わった方が良いと思う。なかなかオリジナル盤は出てこないので見つけたら購入をお薦めします。



kotaroblog_judeesill_l1.jpg 
SYLA 8751 A-1

kotaroblog_judeesill_l2.jpg 
SYLA 8751 B-1


アサイラム・レコード設立のため呼ばれたアーティスト。これは英国盤でホワイトレーベルでThe Gramophoneリム。
運良く傷の少ない盤に出会えたのでとても綺麗な音がする。木管楽器やストリングスの響きが繊細に響くが、やはりジュディ・シルの歌声が素晴らしネ。

2015年も「コタロ―の日常」をご覧頂きまして有難うございました。
m(_ _)m
来年もゆるゆるで更新していきますので、どうぞ宜しくお願い致します。


スポンサーサイト

category: Judee Sill

tb: 0   cm: 1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。