Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Bad Company / バッド・カンパニー パート2 ~音質は日本盤が一番良い  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!


kotaroblog_bc_uklabel.jpg  

ILPS 9279 A 1U

kotaroblog_bc_uklabel2.jpg 

ILPS 9279 B 1U

英国盤はアイランド・レコードの製造、販売なので iマーク入りのオレンジレーベル。「キャント・ゲット・イナフ」のカウントから来るドラムの音からメリハリのあるサウンド。ラルフスのギターはガリガリな尖ったサウンドではなく、ハーフトーンを生かした音なのでハードロック系の音でなくブルース系の軟らかい音だ。ボズ・バレルのベースもしかり、ブリブリな音ではなくフレットレス特有の丸みのある音がしている。英国盤ならではの音質。
kotaroblog_bc_uslabel.jpg

ST-SS 743137 E

kotaroblog_bc_uslabel2.jpg

ST-SS-743138 F

米盤はZEPでお馴染みのスワンソング・レーベル。
意外にも英盤と遜色ない音質。他の米盤の特徴として低音ブリっと高音シャリっと迫力サウンドのイメージがあるがそうでもない。ジャケやレーベルデザインが違うので2枚持っていても、英盤、米盤でも輸入ものならどちらでも良いかな...と思ったら...



kotaroblog_bcjaplabel.jpg 

ILPS 9279 A 1U

kotaroblog_bcjaplabel2.jpg 

ILPS 9279 B 1U

kotaroblog_bc_japmat.jpg 

レココレ情報だと東芝EMIが英アイランドから初期のマザーを輸入してプレスされたらしい。その証拠にマトリックスを見ると英盤と同じ刻印が打たれている。(上画像)ビックリ。鮮烈な音がすると書いてあったので半信半疑聞き比べると、拙のオーディオでも分かる位音のラインがくっきりしている。もうカウントから違いますぞ!この日本盤のファーストプレス、先日ハードオフで帯付、丸ステッカー付きで250円税込で売られていた。間違いなく邦盤ファーストをゲットせよ!




スポンサーサイト

category: Bad Company

tb: 0   cm: 0

Bad Company / バッド・カンパニー パート1  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!



kotaroblog_bc_uk.jpg 

1974年 Bad Company / バッド・カンパニー

変拍子がいきなり多用されるようなプログレ聞いた後、バドカン聞いたりするとあぁこれがロックだなぁ~と思ったりする。「Can't Get Enough」のカウント後のバスドラ、スネアでドタン!でラルフスのジャーン、秒殺でしょう。フリーの時はもっと、もっとブルージーにダークな感じがしたけど、このラルフスとのコンビはストレートなロックの神髄を貫いていてポール・ロジャースのボーカルも新鮮に聞こえる。ドラムのサイモン・カークとの相性は分かるのだけど、ベースの元キング・クリムゾンのボズ・バレルはやはり意外だ。クリムゾンのアイランドや、何と言ってもあのオフィシャル海賊盤(^^;「アースバウンド」でのベースとボーカルでは想像が付かないパターンだ。何でもオーデションで決まったらしいが、元々ブルース系を好んでいたようだ。それではフィリップ翁とは合わない事も歴然としている。フレットレスのベースから繰り出す音は重くブルージーながらも癖のないバドカンにはピッタリのベーシストだと思う。本当に元居た所はバドカンの音楽とはかけ離れている所からの融合で、如何にも皆そこでフラストレーションが溜まった所でのこのデビュー・アルバムだと思う。ラルフスで言うと「キャント・ゲット・イナフ」「Ready For Love」「Movin' On」はモット・ザ・フープル時代に書かれている曲で、「Movin' On」は他バンドに提供された後のセルフである。この曲程ストレートなロックを感じる曲は無く、多分ひねりが無くてつまらないとか評価が分かれそうだが、素直に体が乗ってくるようなR&Rだ。面白い曲はバンド名の由来なのか、曲が先なのかは分からないが「タイトル曲「Bad Company」でロジャースとカークの曲。ロジャースのピアノからぐんぐんとブルースが深まる曲で実にポール・ロジャースのボカールが素晴らしいし、ラルフスのツボを押さえたメロディアスなギターには相性の良さを感じた。最近(2015.4)リマスター・デラックス版CDが未発表音源付きで発売されている。
私は元々は日本盤を聞いていて、その後米盤、英盤を購入したのでここでご紹介。

kotaroblog_bc_ukura.jpg 


Led Zeppelinのスワンソングとマネージメント契約をして、米はそのままスワンソングで、英国はアイランドレコードが製造発売しているのでジャケもレーベルも違う。以下画像がかなり多いが細々と違いを書いていくと...

kotaroblog_bc_uk2.jpg 

英盤の内側はヒプノシスが担当したライブフォトのデザイン。

kotaroblog_bc_us.jpg
こちらが米盤。基本的なデザインは同じ。音楽性を表すようにシンプルなデザイン。
何ら違いが無いように見えるが少しだけ英米違う。製造会社も違うが意図的に変えてある。
kotaroblog_bc_seal.jpg
英盤初盤の多くにはこの丸形ステッカーが直接ジャケに貼られているが、米盤はシュリンクの上に貼られていたらしいので、ほぼ米盤のステッカーにはお目にかかれない。

kotaroblog_bc_us2.jpg
米盤の内側のジャケデザインはこのメンバーのフォト。どちらが良いと問われれば英盤のライブフォトの方が断然良い。
kotaroblog_bc_sleeve.jpg 


上側が英盤で、下が米盤。英盤はBad Companyのロゴの中のデザインが少し違う。アイランドとスワンソングのロゴの違いと、英盤はライブフォトグラフスとSleeve byヒプノシスと表記があるが、米盤は内側の写真のみのヒプノシス表記。スリーブ・デザインの表記は無い。それと上の画像には写ってないが、米盤には曲タイトルの横に曲のランニングタイムが表記されている。(英盤はタイトルのみ)
kotaroblog_bc_rogo.jpg
表ジャケのロゴの中の模様が少し異なる。
kotaroblog_bc_ukinner.jpg


英盤は白のインナーバッグ。
kotaroblog_bc_usinner.jpg


米盤はZEPの「永遠の詩」でも付属した様な黒のインナーバッグが付く。
kotaroblog_bc_jap.jpg


kotaroblog_bc_jap2.jpg
日本盤は東芝EMIがアイランド・レコードと契約した第1発目のレコードとして英盤と同じデザインを採用。帯をずらしてあるのは英盤と同じように丸ステッカーがジャケに貼り付けられている。ロゴの中の模様は英盤と同じ。内側のジャケ・デザインも英盤と同じでライブ・フォトバージョン。
kotaroblog_bc_japliner1.jpg kotaroblog_bc_japliner.jpg 


何故かオレンジ色のライナー。4枚セパレートで、大貫憲章氏と渋谷陽一氏のダブル大物評論家。渋谷陽一のコメントが面白いと言うか??で、ロックを聞く者は音楽を愛好すると言うより一種の病気で、20歳を過ぎてもロック好きは社会に順応できないと言うロック好き人間を否定する文章が延々と書かれていて(バドカンの事は半分)結局バドカンはこう言うロック病の日常的な感性を見事に音にしたバンドだ!と褒めてるのかロック好きを敵に回してるのか、如何にも渋谷氏らしいコメントが書かれている。

あまりにも画像が多いので、以降のレーベルについてはパート2で。








category: Bad Company

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。