Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

スティッキー・フィンガーズ / ストーンズ~自身レーベルが放った傑作  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  

kotalog_stickyfingers_all.jpg

1971年「スティッキー・フィンガーズ」
デッカからの契約を前作の「ゲット・ヤーヤーズ・アウト」のリリースで終わらせ(正式にはEPもあったが未発売)、新たに自身のRolling Stones Recordsを立ち上げた、その第一弾アルバム。このアンディー・ウォーホルのジッパー付ジャケに、代名詞的な代表曲となる「ブラウン・シュガー」でストーンズの中でも1番インパクトの強いアルバムでしょう。

kotalog_stickyfingers_uk.jpg


UKオリジナル盤です。ちょっとジッパー部分が錆びついていて上げ下げがスムーズにいかなくなってますが(--;。UK盤はハンコ調(何でもブートレッグのハンコを模した様だ)ののタイトルが押されている。米盤、英盤カタログナンバーが同じなのでこのロゴの位置が見分けの判断となる。このジャケはヴェルベット・アンダーグランドのバナナと並んでロック史の財産として残されるべきアートワークだろう。ジッパー部分はYKKをはじめメイカー違いや、ラージタイプ、スモールタイプなどいろんなバージョンがあるが、どれにどれがついているからと言って最初期盤の区別には関係ないようだ。アンディー・ウォーホルの関係者(スタッフ)がモデルらしいが、かなりもっこりとした腰から下の写真にファスナーを取り付けると言うこの感覚は凄いけど、人のイメージを最大限高ぶらせる危ないジャケギリギリの線だろう。

kotalog_stickyfingers_ukbac.jpg


ジャケ裏側。新しくデザインされたベロマークが。

kotalog_stickyfingers_ukin.jpg


ジッパーを下して中を覗けばアンディー・ウォーホルのサインが入ったブリーフ姿のボードが見える。ここにももっこりがちゃんと写っている。スペインでは卑猥扱いで別バージョンのジャケットで発売された。かなりの所までジッパーは付いていたが、確か凄く後に出たプレスにはジッパーも画像になっていたような気が...

kotalog_stickyfingers_top.jpg


UK盤はトップオープン。米盤はサイドからの取り出しとなっている。

kotalog_stickyfingers_inner.jpg



UK盤のインサートは袋ではなくてカードとして添付されている。袋はプレーンの白のインナーバッグが付属。大欠伸のミック、ちゃーり・ワッツやミック・テイラーも若い!

kotalog_stickyfingers_in2.jpg 

裏面?は新しくデザインされたベロマークが全面に。アンディー・ウォーホルのデザインに思われがちだが、普通の美大生がデザインしたようだ。米盤、邦盤にはアンディー・ウォーホルのクレジットしかないので全てアンディー・ウォーホルのデザインに思えてしまう。やはりインスピレーションはミックの口元だったようだ。

kotalog_stickyfingers_jap.jpg


この邦盤は79年ころに発売された再発の廉価盤だが、仕様は完全に米盤と同じ。ファスナーはYKK。UK盤と違いロゴはベルト付近にこじんまりと書かれてある。ブリーフ部分は同じだがサイドオープンの取り出し口。

kotalog_stickyfingers_injap.jpg

インサートはカードではなくてレコード袋になっているのが米盤。ロゴのデザインが微妙に違うし、曲名の印刷部分も違うし内容も少し違う。逆面の写真は同じ。

kotalog_stickyfingers_liner.jpg 

立川直樹氏のライナーが書かれている。1979年のものなので写真がもうロン・ウッドになっている。

kotalog_stickyfingers_uklab.jpg
COC59100 A3/B4 Rolling Stones Records刻印両面あり。

UK盤はあのスタンプ調のロゴ印刷と赤一色のベロマークが。両面3/3が一番若いマトらしい。とにかく昔よく聞いたアルバムで、一時聞き過ぎて飽きてしまった思い出が..ブラン・シュガー(若い頃はブラウンシュガーって何の事?ってホントに分からなかったし、時代背景も今よりは殺伐としていなかったよなぁ~)、「Sway」、「Wild Horses」の流れは完璧だった。とくにSwayのストリングスと絡むところなんか、ビートルズにはない野獣と美女的な興奮を覚えた。「You Got ta Move」はキースとミックのライブ演奏を映像で見てから一段とこの格好良さに魅了されたし、B面の「Sister Moorphine」ではスライドの名手ライ・クーダのスライド・プレイが秀逸だ。ミック・テイラーとは違う旋律とカントリーな雰囲気で凄く面白いが、Swayなどでみせるミック・テイラーのロックテイストなスライドフレーズは気持ちが良い。まぁあんまり好きになれないポップな「Dead Flowers」の様な曲もあるが「Bitch」も含め大ヒットする要素満載の中期~後期の代表作と皆認めるところでしょう。オルガンにビリー・プレストン、ピアノにはニッキー・ホプキンス、イアン・スチュワートが参加。

kotalog_stickyfingers_jlab.jpg

これは邦盤だがレーベルのデザインとしては米盤に準ずるところで、ベロマークは向かって右端に赤、白、黒のベロが。ちょっと簡素な感じ。UK盤は中音域と低音のずしっとした迫力のあるサウンドでメリハリが効いているが、この邦盤は音が軽い。Swayのイントロもずっしりして無く流れている感じ。これだけ違うとUK盤しか聞く気がしない。ただジャケットの作りは邦盤は凄く丁寧で、チャックの部分の切込みは端が少し丸くカットされていたり、切り抜き部分もUKとは違う。多分YKKの方がファスナーの開閉がスムーズなんじゃないかな?(笑)



スポンサーサイト

category: Rolling Stones

tb: 0   cm: 0

「メイン・ストリートのならず者」/ストーンズ~王道2発目。  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  
kotalog_exilemainst_all.jpg 

年明けから王道中の王道が続きます。

ストーンズの「メイン・ストリートのならず者」。ストーンズ初のスタジオ2枚組。1972年リリース。

昔、貸しレコ屋(完全に死語ですね、今の時代)からテープに落として聞きましたね。「ダイスをころがせ」がフェバリットだった私はA面ばかりを聞いてて、正直他のサイドはあまり興味なかったですね。歳を取ればとるほどスィート・ヴァージニアなんかの渋い曲の良さが分かってくるものです。今では「レット・イット・ブリード」に次ぐストーンズのフェバリットアルバムです。念願のUK盤を手にしたのは3年前で、昨年の夏に米盤を購入、それまではSHM-CD他CDで聞いてました。
とにかく日本人には考えられないほど無茶苦茶な背景の中(ヘロイン摂取等のドラッグ、場所を転々としたレコーディング・セッションなど)で作られており、その積み重ねの中でもこれだけ上手くアレンジされているのには凄さを感じる。
とにかく曲の配置が素晴らしく良い。適当ではない、凄く考えられていると思う。特にSide2のアコウステックセットが素晴らしい。

いきなりの「Rocks Off」で掴まれますね~ このギターリフといい、ホーンセクションが加わってからの盛り上がりと言いオープニングを飾るにふさわしい曲だと思う。カジノ・ブギからダイス~も最高です。スウィート・ヴァージニアは聞けば聞くほど良い曲です。トーン・アンド・フレイドも最高。キースのアコウステックやホンキートンクなピアノも、なんであんなラリってこんな繊細な曲数多く作れるのか本当に謎ですね~ 「ダイスをころがせ」に次ぐ好きな「ハッピー」はこれはキースの真骨頂でこれも最高な1曲。大好き。ミックのスライドやソロも好きで、リードとしてはミック・テイラーが好きですね。4面辺りにまぁ駄作だなぁって曲もありますが聞けば聞くほど味が出るスルメですわ。ホーンやピアノ、オルガン、コーラスなどのセッション・ミュージシャンの仕事も絶大な効果をもたらしている総合的なアルバム。ただLPのキャパとは言えちょっと曲数的に物足りない感じもする。まぁバランスを考えたのかもね。

kotalog_exilemainst_uk.jpg

kotalog_exilemainst_us.jpg
上がUK盤、下がUS盤。ロバート・フランクの撮った写真の数々が良いですね。荒廃的だとかのイメージもありますが、そこに赤で殴り掛かれたタイトルフォントと相まってアートを感じますね。UK盤は生成り掛かったセピア色で、US盤はモノクロ、白黒で雰囲気が違う。

kotalog_exilemainst_ukin.jpg

kotalog_exilemainst_recin.jpg
内側もミックの写真が印象的なモノクロ写真。レコード取り出し口は内側からの出し入れで、そこに厚紙インナーに入って2枚分挿入出来る。紙一枚の表紙にレコード2枚分のワイドなスパインでかなり特殊な仕様である。ビートルズの「For Sale」と同じ仕様。

kotalog_exilemainst_iner4.jpg

kotalog_exilemainst_iner3.jpg

kotalog_exilemainst_iner2.jpg

kotalog_exilemainst_iner1.jpg

このインナーに曲目やスタッフ・クレジットが。このアルバムは色々あってドラムをプロデューサーのJ・ミラーが担当していたり、ベースをキースやミックが担当したり、ニッキー・ホプキンスやビリー・プレストンなどのセッションプレイヤーの情報もあって重要。

kotalog_exilemainst_lppost3.jpg


kotalog_exilemainst_lppost2.jpg

上画像は米盤のポストカードで、残念ながら英盤には付いていなかった。このアルバムのオリジナル盤の半分位はこのポストカードが紛失しており、完品は結構な値が付いている。安く売り出されている場合はこのカードが付いていないのが殆どだ。英盤の完品は結構な値が付いており、米盤は完品でも英盤の半値か4分の1位のプライス。因みに米盤は赤でタイトルが書かれていて、英盤は白抜きのタイトル。

kotalog_exilemainst_cdpost.jpg

これはSHM-CDについている英盤仕様のポストカード。
kotalog_exilemainst_ukla2.jpg

COC69100 A2  B1 両面Rolling Stones Recordsの刻印あり。
kotalog_exilemainst_ukla.jpg  

COC69100 C1  D1 両面Rolling Stones Recordsの刻印あり

kotalog_exilemainst_usla2.jpg

ST-RS-722508  B  ST-RS-722509 C 両面Rolling Stones Recordsの刻印あり。

kotalog_exilemainst_usla.jpg

ST-RS-722509  C   ST-RS-722510 C 両面Rolling Stones Recordsの刻印あり。
英盤米盤とも特徴があって印象が違う。ハッキリ分かります。英盤は楽器の位置がはっきりとバランスよく鳴っていて、凄く安定した音の響きがする。高音も低音も響きよく中音域増幅と言う感じ。米盤は、他のレコードにもありがちな高音低音に力強くパワーのある音がする。どちらも聞いていて楽しく2者2様で聞く事が出来る。値段を考えれば米盤でも全然大丈夫だと思う。


category: Rolling Stones

tb: 0   cm: 0

It's Only Rock'n Roll!今年もあとわずか、R&Rで新年を!!  

文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

今年もあと1日ですねぇ~大晦日と言うものは日本人にとってはやはり特別な雰囲気をもたらせますね。でも今年を振り返りしみじみ感慨にふける...って事は無く毎年年越し蕎麦に寿司食って、片やガキ使見て、こっちでは紅白見ながらペンネアラビアータ(私が作ります)をつまみにシャンパン飲むって言うのが我が家の決まりになっている。毎年同じ、そう娯楽快楽食欲に没頭する晦日なのだ!!まさに「快楽の奴隷」。今年最後の一枚もロックンロールで新しい年を迎えようじゃないか!と言う事でこれ↓
kotaroblog_stonesi_iorr.jpg 
1974年「イッツ・オンリー・ロックン・ロール」。ミック・テイラーが残した最後のアルバムだ。前作はファンキーな曲やソウルフルなボーカルスタイルの曲が多かったが、このアルバムはタイトル通りR&Rな曲がインパクトを与えているのでストーンズの真骨頂だが意外にセールス的にはブレイクしていない。「If You Can't Rock Me」「Ain't Too Proud 」「It's Only Rock'n Roll」この3曲の流れは鉄板で何度聞いても高揚する、まさに掴みはOKで、こういう疾走するストーンズはイイネ。でも「Time Waits for No One 」のような日本で言えば歌謡曲のような分かり易く味わい深い曲もあり、この曲ではミック・テーラーのソロが何とも心をくすぐるし、このアルバムの中においてこの1曲の存在感は大である。ラストの「Fingerprint File 」では前作の流れから今後の「Miss You」に繋がる様なディスコ調のファンキーな曲なども取りあげている。着実にストーンズの音楽は変化してきているし、ミック・テーラーの時代が終わって次のストーンズミュージックの布石になった一枚ではないだろうか。ミック・テーラーって地味な扱いだけど、「Time Waits for No One 」で見せたギタープレイのセンスから見てもストーンズに与えた影響力も大きく、キースとの相性も良かったのに評価低いよね..
kotaroblog_stonesi_iorr2.jpg
ピアノにはまぁお馴染の大物たちビリー・プレストン、イアン・ステュアート、ニッキー・ホプキンスが参加している。ビリー・プレストンのクラビネットのグルーヴは最高だね。
ジャケットアートはGuy Peealertという人でボウイの「ダイアモンドの犬」のジャケアートも手掛けている人だ。遠巻きに描かれているが5人の表情が見事に特徴を掴んでいる。
kotaroblog_stonesi_insert2.jpg 

kotaroblog_stonesi_insert.jpg 
インサートの表裏。ジャケに一切の情報が無いのでここに記されている。逆面にはセッションメンバーの写真が。
kotaroblog_stonesi_label.jpg 

coc-59103-A1 B2  両面にROLLING STONES RECORDSの刻印あり。
これはA面のマトリックスが1のレア盤で、大体市場に出てるのはA-2B-2です。とにかく低音がブンブン鳴っていて音圧が高い。迫力満点の音質だった。「If You Can't Rock Me」はギターの切れ、ベースの鳴りとも素晴らしい一枚。

今年は後1回アップ出来るかなぁ~酔い潰れたら無理かも知れないので、今年も大変お世話になりました(特にアフィリエイトの面でも(^^;;)m(_ _)m
来年もゆる~りやりますので「コタローの日常」どうぞ宜しくお願い申し上げます。


category: Rolling Stones

tb: 0   cm: 0

「GET YER YA-YA'S OUT !」の続き...  

文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 
kotaroblo_stones_liveyayas.jpg 
「ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト」の続き。今更ながら2009年に発売された40周年記念デラエディ盤。
kotaroblo_stones_livebook3.jpg
このアルバムは当初サポートアクトであるB・Bキングとアイク&ティナ・ターナーのライブテイクを合わせた複数枚のリリースをストーンズサイドは望んでいたのが1枚でのリリースとなったもので、2009年に待望のDVDの映像つきでリリースされた。1969年の映像には「オルタモントの悲劇」の「ギミーシェルター」もあるが、この特典映像も貴重なものだ。日本版のみSHM-CDと紙ジャケットが付いているデラックス盤だ。
kotaroblo_stones_livebook2.jpg 
箱を開けると56ページからなる米国編集オリジナル・ブックレットと当時のポスターのレプリカ(デヴィッド・バード氏のデザイン)
kotaroblo_stones_livebook.jpg 
写真満載で、キースとジミヘンの2ショットもある。

kotaroblo_stones_yayaslpcd.jpg
SHM-CDシリーズでお馴染の紙ジャケとレーベルの写真カード。このカードにはシリアルナンバーが書いてあり06757だった。

kotaroblo_stones_livecd.jpg
左よりオリジナルリリース、「放蕩むすこ、ユー・ガッタ・ムーブ、アンダー・マイ・サム、アイム・フリー、サティスファクション」のボーナストラック、B・Bキングとアイク&ティナ・ターナーのライブテイク、ボーナスDVD内容はボーナスCDと同じ、の4枚組である。このオリジナルリリースのSHM-CDの音質はかなり良く、良い音してますねぇ~ シャリっとしたキースのギターがより一層くっきりしている。当時の録音としても良い音なんだよね。
当時複数枚リリースの予定だったB・Bキング等のサポートアクトのライブもCD化され、これも素晴らしい音質で聴ける。やはりキング・オブ・ブルース!曲は知らなくても自然と口元がチョーキングする時の口になってしまう。ティナ・ターナーは「ギミー・サム・ラビン」から「ダンス天国」で誰しも聞いた事があるノリノリ・ナンバーで素晴らしいね。これは完全にリリース計画になっていた音源だね。是非とも映像もDVDに入れて欲しかったね。このBOXとオリジナルUKLP盤を揃えていれば、60年代最後を飾るR&Rの帝王のUSツアーの花丸であるMSGがコンプリートされる。今更ながらの紹介だけど是非とも揃えたい逸品でしょう。

kotaroblo_stones_dvd1.jpg 
ボーナスDVDは疑似サラウンドマシーンVictorSU-DH1を使用。完全なサラウンド感覚は無理でも、オーディエンスの出す音がかなり頭を駆け巡る感覚は得られる。音響効果も3にしておくと大ホールのエコー感で臨場感はアップする。かなり重宝してます。
kotaroblo_stones_dvd3.jpg 
放蕩むすこ」「ユー・ガッタ・ムーブ」のキースとミックのアコウスティックシーン。決して無茶苦茶プレイが上手い訳ではないが、味があるよね。ドブロを弾くキースにミックも「イイネ」と声掛けも。この2人の距離感がバツグンで良い。プレイ中に開放弦でチューニングするのだけどその仕草が実に格好良い。ロック・ギターをプレイする人なら一度は憧れるロック&ブルーズギターの第一人者だ。
kotaroblo_stones_dvd4.jpg 
ブックレットにも載っているのだが、このDVDにも2人の会話と、ジミヘンの少しだけ楽屋でプレイする姿も撮られている。実に貴重だ。他にもジャニス・ジョップリンもちらっと。この2人にしては和気あいあいと優しい雰囲気だった。
他にもこのアルバムのジャケット写真であるチャーリー・ワッツがロバに乗るシーンなどが面白おかしく撮られている。短編だがかなり貴重で面白い映像だ。


 


category: Rolling Stones

tb: 0   cm: 0

ストーンズ来日!!  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

971916_496937283754317_428699326_n.png 

ストーンズの来日が8年ぶりに決まりましたね!ドーム3デイズだけど、なんとミック・テーラーのゲスト参加も決定したそうな。追加公演はどうなんだろう?ストーンズは23年前、ミックはソロで25年前にドームで見たので、もういいや!と自分に言いきかせて諦めました。だって高ぇんだもん、最低でも14,000円~それに上京代宿泊費入れたら幾らになるか..ポールに続きストーンズって、如何にも来られるうちに呼んでおこう雰囲気満載だね。まぁドル箱だからね。指くわえ組はライブ盤聞いて凌ぎましょう!
「Love You Live」はカセットウォークマンを持ったら歩きながら絶対これを聞こうと思っていて、毎日のようにテープで聞いていたので聞き飽きたので、またいずれと言う事で、今回ミック・テーラーも来ると言うのでこれ↓

kotaroblo_stones_yayas.jpg 
1970年リリースの「ゲット・ヤー・ヤ・ヤズ・アウト~The Rolling Stones in concert」。公式としては初のライブアルバムですが、やはり海賊盤対策としてリリースされたようだ。ミック・テーラー加入後の初のツアーで、MSGの1969年11/27,28の録音である。
kotaroblo_stones_yayas2.jpg
司会者のMCが折り重なるように幕を開け、「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」から始まる当時のベスト的な選曲。「Love You Live」はストーンズの歴史上最もエンターテイメントに徹したライブで代表的だが、「ベガーズ・バンケット」と「レット・イット・ブリード」のストーンズでは一番好きなアルバム時期のライブアルバムで、年齢的にも一番尖っていたノリノリな時期なので、こちらの方が好きだ。キース・リチャーズとミック・テーラーのギタースタイルの違いがイイネ。歳を取っても変わらないキースのプレイはストーンズの屋台骨を支える確かなものだが、この頃のプレイはよりカッティング一つとっても力強くキレがあるし、対象的なソロを弾くミック・テーラーの流れる様な伸びのあるソロはよりロックらしく聞こえる。私は昔バンドでストーンズのコピーをやった事があるが、アドリブギター2人を抱えたバンドに、ミックの自由なボーカルスタイルを支えるリズム隊の凄さを思い知った事がある。このアルバムでも地味ながらセンスあるリズムを刻む2人も素晴らしいネ。やはりB-4「ホンキートンク」のオープンGのイントロを聞くと痺れるけど、A-2「Carol」やA-3「Stray Cat Blues」のR&Rのキースのプレイヤ、A-5「ミッドナイトランブラー」でのミックのプレイが流石。B-1「悪魔を憐れむ歌」のテイクはこのアルバムがベストだ。後にも先にもこんなにライブアルバム聞いて身体が揺れるアーテイスト集団はストーンズだけだネ。

kotaroblo_stones_yayasinser.jpg

カンパニーバッグが付く。
kotaroblo_stones_yayaslabel.jpg 
XZAL-10076-1W 10077-1W UKファーストプレス。
このアルバムを最後にデッカレーベルから、自身のローリングストーンズ・レーベルへ移行する。大音量で聞きたい一枚だ。
元々はサポートアクトだったB・Bキングとアイク&ティナ・ターナーの収録を含め複数枚で発売予定だったが、単独一枚での発売と
なった。2009年に40周年記念として未収録のボーナストラックにこのサポートアクトのテイク、DVD映像を加えたデラックスエディションが発売となった。それがこれ↓
kotaroblo_stones_liveyayas.jpg 
このデッカ盤とこのBOXを持っていればコンプリートだね。この詳細は次回と言う事で..

category: Rolling Stones

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。