Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

Plastic Ono Band / 平和の祈りを込めて  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!


kotaroblog_poband_live.jpg
1969年「Live Peace In Tronto」
カナダで行われたロックンロール・リバイバル・ショーでのライブ録音。選曲もリハーサルも時間がなくとにかくラフに演奏されたものだが、R&Rをシャウトするジョンはやはり魅力的だ。オープニングのBlue Suede ShoesからDizzy Miss Lizzyまでのスタイルは痛快だし、コールドターキー(冷たい七面鳥)は初お披露目で、この後クラプトンと急遽スタジオ録音されているのだがかなり感じが違うので面白い。多分簡単に合わせられる曲をリストアップ(他にもジョニーB・グッドやハウンド・ドッグなども演奏)したのだろうけど、とにかくタイミングは外れまくってるし苦笑いの連続だ(笑) イエスの文献で読んだが、アラン・ホワイトはセミプロ時代にジョンからの直電で「君を見たよ、一緒にやらないか?」と言われ、半信半疑で空港へいったら本当の話、本人はかなり焦ったと語っている。皆が知っているすぐにで演奏できる曲を飛行機内でリハしたと言う驚きの話だ。それでもYer Bluseでのクラプトンの存在感は流石だね~  「Give Peace A Chance」も耳馴染んだフォーク集会スタイルからロックアレンジ・バージョンでこれも面白い。 とにかくライブ・イベントの雰囲気が満載で、サウンド・チェックのダラダラさや、アンプから出るノイズなど60年代終盤の感覚満載で、現在聞く方が新鮮かもしれない。

kotaroblog_poband_live2.jpg


問題はこのB面(笑)こちらはヨーコ・オノの舞台であの独特な叫び中心だ。「Don't Worry Kyoko」はクラプトンのボトルネック演奏とジョンのギターが半狂乱で弾きまくっているので曲と思えるのだが、Jhon,Jhonはヨーコ・オノ一流のアートだ。当時これを聞いたカナダディアン・オーディエンスはぶっ飛んだろうと思う(笑)とにかくこの静けさが怖い位だ。ジョン&ヨーコの平和を魂で表すとこうなるのだろう。このライブはバッチリ映像でも残っているので映像で見る方がもう少し理解できる....かも(個人差あり) そのヴィジュアルのトリップ感は凄すぎるから。ジョンのR&Rと平和に対するソウルが爆発的に音像化された音源で、口がぽかーんと開いて見ていた人も今となっては大変貴重な体験をしたのだろうから羨ましいのである。
kotaroblog_poband_liveus.jpg
↑ 米盤未開封

初版には英米ともカレンダーが付いているのだが、何せ英盤の中古はほぼ付いていませんね。まぁ付いてるとしても相当な高額品です。何故か米盤は新品未開封が多く見かけられる。しかも結構安い。

 kotaroblog_poband_liveus2.jpg 
後20年ほど開けずにとって置こうかな?と思ってます(笑)価値上がるかな。いやぁ何か開けられないんだよね。

kotaroblog_poband_liveusad.jpg 

開けていないので分からないが、Broadway表記なので初期のものだろうと。

kotaroblog_poband_liveuscal.jpg

カレンダー入ってます。これは鉄製のリング綴り。プラリンぐと2種類あるようだが、見るのはほとんどこの鉄製。プラスティックが入っていれば良かったのに...

kotaroblog_poband_lebel1.jpg

CORE 2001 A-3

kotaroblog_poband_lebel2.jpg

CORE 2001 B-2

A-1B-1があるのでこれは少し進んだマトだが、それほど音質をどうとか言うレコードではないのでこれ位でも十分です。
映像も手に入れて両方で楽しめればベター。でも口開きますから。



スポンサーサイト

category: John Lennon

tb: 0   cm: 0

ロックン・ロール / John Lennon  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 


kotalog_lennon_rr.jpg


ジョン・レノンが34年前に凶弾に倒れて、相当数のメディアで取り上げていましたが、その中でも一番日本のメディアソースに乗った曲がこのアルバムの「スタンド・バ・ミー」だった。私はこの曲がパワーソングで、何度聞いても落ち込んだ気持ちが持ち上がる。オリジナルのベン・E・キングでもなくジョンのバージョン。凄くストレートなシャウトが心に響く。アルバムジャケの写真はジョンが21歳の頃で、残像に写っているのはポール、ジョージとビートルズのファースト・ベーシスト、スチュアート・サトクリフである。ビートルズのハンブルグ時代の写真家ユルゲン・フォルマーの一枚を使用した。当時はプロデューサーのフィル・スペクターもジョンも心身ともに疲労困憊していた頃でこのアルバムの行方さえも危うかったが、その全てを録り直した楽曲全てがそういう事情をも反映していない素晴らしい出来のアルバムだと思う。
kotalog_lennon_rr2.jpg 

全て過去のロックンロールをカバーした曲だが、案外聞き易い部類の曲がピックアップされていると思う。多分2倍くらいの曲は録音されたりセッションされたりしていると思うが。自分のルーツとなったR&Rをまるで噛み砕いて後世のリスナーにも広く聞き渡るように作られている気がする。セッションミュージシャンについては一切記載されていないが、相当なメジャーミュージシャンが参加しているらしい。アレンジもポジティブで聞いていても楽しめる。しかし、いづれもジョンのオリジナリティー満載で、まるでジョンの曲として聞けるところがただのカバーではないよね。ただ「Come Together」と同じメロディーが出てくる「You Can't Catch Me」は版権を巡るいざこざで作られた曲だが、自身がビートルズで作ったっ曲を再度オリジナルに戻して作ると言う荒業も見事に演じている。難しい事はないとにかく聞き易いアルバムだ。
kotalog_lennon_rrlabel.jpg


YEX943-1U YEX944-1U
スパインも薄くあまり重厚では無いので潰れやすいが、結構美品で安価で手に入るので、このファーストプレスを聞いてみてください。



category: John Lennon

tb: 0   cm: 0

John Lennon / Rock'n Roll  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 


kotalog_lennon_rr.jpg

Rock'n Roll ! Jhon Lennon


たった今帰宅して、間に合いました。もう34年も経ってしまいましたね。映画音楽しか聞かなかった小学生をロックの道に誘ってくれたジョン・レノン。やっぱりロックン・ロールが似合う。
とりあえず今日は画像だけでもと思って...

category: John Lennon

tb: 0   cm: 2

ジョン・レノン / ジョンの魂 母の日にはちと重い..  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 
kotalog_jl_1.jpg 

母の日であります。
ラジオでは先週とにかく母やMotherと付いた曲が特集でよく掛けられていたね。さすがにジョンの「Mother」は一度も耳にしなかったが.. ジョンがビートルズ解散後に出した初ソロアルバムだが、以前にもウエディングアルバムやプラスティック・オノ・バンドとしてのアルバムは出ていた。アーサー・ヤノフ博士によるプライマル・スクリームなる催眠療法を受けての心の叫び、苦痛を描いたものも収録されているので私はジョンのコンプレックスから吐き出されたアルバムだと思っている。ジョンはこの療法で通常よりかなり母親への思いが「Mother」のMama don't Go~のあの引く位の絶叫に表れているのだろうね。皆母親に対する思いが曲に表れている様な気がする。「Hold On(邦、しっかりジョン」のまるで母親が包み込むようなあのメロディーもそうだし、この曲を聞くと「ダブル・ファンタジー」の「ビューティフル・ボーイ」の雰囲気にそっくりで、まるで自分の息子へのアンサーソングにも聞こえる。「Working」 Class Hero」にしても「God」にしても何かしら思いが込められているし、極めつけはラストの「My Mummy's Dead 邦、母の死」では母親が死んだ辛い経験を冷静にも生々しく歌い上げている。ライン取りでなく一発で録音されている音声がより辛さを伝えていて重い。

ジャケはラミネートコーティングされているが、結構傷んでいるものが多い。私のもラミネートが一部剥がれて浮き上がっている。このVG状態でも現在、日本の業者、オークションでは10K前後で取引されている。「イマジン」よりは段々出現率が低くなっているのでもっと値が上がる可能性もある。

kotalog_jl_2.jpg 
裏面は幼少の頃の画像。後期のプレスではこの写真ではないものもあった。ジャケ違いでヨーコ名義の「Yoko Ono / Plastic Ono Band」は裏面がオノ・ヨーコの幼少期の写真が使われている。表ジャケも似ているようで少し違っている。(これは買い逃してしまった。かなり高額になっている)
このアルバムのドラムはリンゴ・スターで、このアルバムのリンゴのドラムはいいネ。楽曲がシンプルなだけにハイハットの刻むリズムと無駄なおかずなど要らないシンプルさが嵌っている。ベースはトロントのライブでも弾いていたクラウス・フォアマンに、「Love」ではフィル・スペクターが実に叙情的な綺麗なピアノを弾いている。「God」ではビリー・プレストンが弾いている。どうしてもジョンの深層心理に合わせて聞く側も揺さぶられてしまうが、単純に曲はどれをとっても良い曲だし、上記の曲以外でも、繊細なバラード曲「Isolation」や、かなり攻撃的なリズムの中にもピアノのアレンジが素晴らしい「Remember」などもフェバリット曲。

kotalog_jl_inner1.jpg 

kotalog_jl_inner3.jpg   

白のインナースリーブに歌詞カードが。プロデューサーはジョン&ヨーコ、フィル・スペクター。

kotalog_jl_label1.jpg 

kotalog_jl_label2.jpg  
 
YEX 827-1U (1 RG)   YEX 828-1U (1 L)
何といっても針を落としてからすぐの鐘の音に寒気を感じるこのアナログ音。未聴のリマスターではかなり音が改善されているようだが、このゾクゾクとする感じはアナログで聞こう。




category: John Lennon

tb: 0   cm: 0

Imagine続き John Lennon Plastic ONO Band  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

kotaroblo_imagin2.jpg 
1971年「Imagine」
今更説明無くしても有名なアルバムだが、「イマジン」だけが浮いた印象で収録されており、他はあまり纏まった楽曲の流れでは無く、イマイチ散漫な印象を昔から受けた。「イマジン」があまりにも人の心を揺さぶる曲だからであろうか?中には「How do you sleep」なんてポールをあからさまに批判する曲も入っていて(これも説明は要らないでしょう)平和なんだか恨みなんだかと思うとちょっと引いてしまうんだなぁ。でも「Jealous guy」や「Crippled Inside」「Oh My love」楽曲としては好きな曲はいっぱいあるから何だかんだ言っても昔から良く聞いてた。ニッキー・ホプキンスのピアノやジョージ・ハリソンのドブロ、スライドギターなんかもいい味出してるし、ドラムスにはイエスのドラマーとして現役のアラン・ホワイトが担当している。アランはプラスティック・オノ・バンドに呼ばれた時冗談かと思う位ビビったと言っている。このカバーデザインと写真はオノヨーコが担当している。

kotaroblo_imagine_insert.jpg
ジャケには一切情報が記録されていないので、インサートが必要となる。ここには曲目と参加メンバースタッフ名が渦巻き状に書かれてある。

kotaroblo_imagine_insert2.jpg
裏面は歌詞カードになる。

kotaroblo_imagine_poster.jpg
ポスターがついている。素材はキャンバス地のような紙質で、イマジンを弾いた白いピアノのもの。このピアノはもう閉館してしまったが、さいたま市にあったジョン・レノン・ミュージアムに展示してあった。勿論触ってはいけなかったが、私が行った時はたまたま近くに誰も居なかったので”ミ"の音を出してきた(笑)感激だった。もう一度行きたかったなぁ。入ってからすぐ見られる最初の10分のフイルムを見てマジで泣いてしまった。
kotaroblo_imagine_photo.jpg 
フォトカードつき。最近は結構このアルバムが市場で見掛ける。私は4年ほど前にこのUK盤を購入したが、ほぼ綺麗な状態でもさほど値段は高くなかった。大体綺麗な状態のものが多い。
kotaroblo_imagine_spain.jpg 
スパインは絞り付き。絞りもしっかり。
kotaroblo_imagine_label.jpg 
Side-1 YEX865-1U Peorky刻印あり
kotaroblo_imagine_label2.jpg 
Side-2 YEX866-1U Pecko刻印あり UKファーストプレス
まだジョン・レノンもアップしてなかったし、ストーンズもまだなのでまた順不同でアップしたいと思います!
今回やっつけな感じで御免m(_ _)m
何せ週末は当ブログ主宰であるコタローがこの様な事に↓
kotaroblo_kotaro_wash.jpg

画像にはあまり写ってないけど全身真っ黒れす。居ないいないと家探ししたら天井裏からか細い声が...
それからもここに引っ越すと言わんばかりに腹減るまで出てきませんでした(--#この後大っきらいな風呂へGo!
それからフレグランスな香りを漂わせてたよ~

category: John Lennon

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。