Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

カラフル・クリーム / Cream  

ランキング参加中です。ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 

ユニクロがグローバル戦略ブランドとして、世界市場で5300万枚売ると言っていたAIRismを買ってみなければいかん!と言う事で土曜の晩ユニクロへGO!でいきなり入店するとTシャツがどんと飾られていて、ふんふんONEPIECEかスヌーピーかアンディ・ウォーホルか..おっKISSやThe Who、セックス・ピストルズもあるのか、ふんふんと別に買うつもりもなく見ていたのですが、突然飛び込んできたFenderとのコラボ。これは格好宜しいじゃありませんか!ストラトのヘッド部分をアップでプリント。生地色も生成で渋い。思わず購入しましたが、どうもこのデザイン相当の人気らしく、Mは売り切れ、Lも私の1枚で売り切れ。残りのSも後3点しかないとの事。私はM寸なので今後入荷しますか?と店員さんに聞いた所、入荷するデザインもありますが、しないものもあります..と納得いく様な行かない様なアンサーでいいやLでと言う事でご精算。他のデザインも数点ありましたが、そちらは全てのサイズがありましたので、このデザインの人気の高さが実証されてますね。でもそれだけ街角で同じTシャツ着たやつと出くわすのかな、と思いますけどね..
kotaroblo_fendert.jpg
別に無理やりストラトに結び付けるつもりじゃないけど...以前取りあげようと思って写真撮ってあったCreamの「カラフル・クリーム」を。ってこの頃ギブソンSG!まぁクラプトンと言えばストラトと言う事で..この流れだと「スロー・ハンド」が通常だよね。今度取りあげます。
kotaroblo_cream.jpg
67年のクリームのセカンド「Disraeli Gears」邦題「カラフル・クリーム」です。昔からこのジャケット見るとサイケサウンドを彷彿させる様な気色の悪い(笑)ジャケなんだけど、邦題も明らかにジャケのイメージですよね。基本はブルーズ何だけど当時のサイケデリックムーブメントを背景にしたちょっと浮ついた(語弊があるかな?)曲は確かにありますが、基本はブルースロックですので結構聞けます。この頃のロックってビートルズの「サージェント・ペパーズ~」を筆頭にサイケムーブメントよろしくちょっと雲の上の様なぶっ飛んだものが多いですよね。ドアーズやヴァニラファッジ、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド...多々。フロイドやムーディー・ブルースなんかもそうだったしね。その中でもトリオで3人のテクがぶつかり合ったサウンドがパワフルで、よくサイケデリックロックと言われてますが、クラプトンがワウを使ったり、ジンジャー・ベイカーのボーカルが気だるかったりする所(笑)が僅かにそう聞こえる位の味付けでブルース・ロックでポップなんですよね~私はリアルタイムでこのアルバムを聞いた訳ではないので、表現が前衛的すぎて訳分からん曲になっているよりは、現在で聞いてああ聴き易いなと言う曲がやはりベストですね、今となっては。その中でもやはり「サンシャイン・ラヴ」は今だヘヴィーロックの伝説リフとして伝えられる名曲ですが、プレイもそうですがジャック・ブルースのボーカルに称賛ですよ、やはり。トリオバンド・ロックの見本みたいな曲ですな。トップの「ストレンジ・ブルー」なんかもスカしたミドルテンポのブルースですが、何とも弱っちいクラプトンのボーカルが良いですよね。計算だったら凄いけど。オマケにこのスカしたギタープレイも何とも上手い。「英雄ユリシーズ」でのワウ・プレイこそがクリーム’Sクラプトンの代名詞的なサウンドじゃないでしょうか?名曲「ホワイト・ルーム」の雛型となった事には間違いないのですから。曲数的にはラストから2番目の曲ですが、事実上ラストの曲(笑)「Take It Back」では本筋のブルース曲で終わらせてますね。ライブでの長々インプロ・プレゼンテーションを考えればこれだけコンパクトにまとめて幅を広げたプロデューサーのフェリックス・パパラルディの功績は大ですね。あまり数が多くないクリームのアルバムとしては一番纏まってるし、語り継がれるには一番のアルバムではないでしょうか。強ちこの邦題は的外れじゃなかったのかもしれませんね、カラフルに曲調に幅が広いという点で..私は「スーラバー」のこれもトリオの基本の様なバンド・アンサンブルとこのグルーヴ感が何度聞いても痺れますね~クラプトンが前に出てこなくてもこのノリ、でもしっかりギタートーンで存在感を出している名曲です。
kotaroblo_cream2.jpg
両面ラミネートコーティングで、コーティング感を出すために光らせてみました。こういうジャケデザインがその時代を反映させる貴重な芸術として残さねばなりませんね。
 
kotaroblo_cream_mono.jpg
MONO表記にカタログNo。

kotaroblo_cream_label.jpg

593 003 A▽1 B▽1 初盤 MONO
画像では色落ちしてますが、本来はもっと紫掛かった濃いブルーです、レーベル。当時の録音なのでステレオ盤はかなりLR
の楽器の振り分けが極端なのでジャック・ブルースのベースの響きが薄いので、このモノラル盤で聞く方がその辺ブイブイベースが鳴ってます。クリーム自体そんなに複雑な演奏は特にこのアルバムではないので、実際モノラルの方が一体感をより感じられますね。CDのデラエディ盤ならステレオとモノを両方聞けるので、印象の違う両テイクのアルバムとしてはこちらも良いかもしれない。




スポンサーサイト

category: Cream

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。