Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

2つの「America」~YES&Simon & Garfunkel  

文字色文字色ランキング参加中です。ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
  

ゴールデンウィークは土曜日は仕事で後は暦通りなんですが、昨日はBBQをしに出掛けたのですが、残りは殆ど何処も行く予定はなくCDやLP漁盤するとかこの界隈の諸氏と同じ(?)生活です(笑)何処か行こうかな?
で、今回も前回の流れでYESのコンピアルバムからアメリカを...
kotaroblo_yesamerica_sj.jpg
この「アメリカ」と言う曲、勿論あのサイモン&ガーファンクルアルバム「Bookends」からの名曲ですが、イエスとしては70年に発売されたアトランティックレコーズのアーティスト紹介コンピレーションアルバム「The Age Of Atlantic」の第2弾で、72年に発売された「The New Age Of Atlantic」に収録されたものです。本編は10分31秒もあるのですが、勿論4分台に編集されております。オリジナルのS&Gの原曲を全く持って解体し全然違うテンションで仕上げております。当時イエスはリック・ウエィクマンをメンバーに迎え、アメリカを完全に意識しておりオリジナルよりも徹底的にロックサウンドで、文献によると「こんなに 明るい曲も出来るんだよ」と言う事を証明したかったんだそうです、何となく気持ちは分からなくはないですね。オリジナルの
方がプログレっぽいんだもの。
kotaroblo_yesamerica_single.jpg

これは72年発売当時のシングル盤で価格は500円となっておりますが、中古市場では当時価格の8倍から10倍のぼったくりプライスとなっております実に懐かしい袋ですねぇ~
内容は上手く4分台に編集してありますが、イントロなんかも割愛されて、この曲の肝であるスティーブ・ハウのギターソロを殆どカットしてあります。曲のイメージは十分掴めますが...

kotaroblo_yesamerica_sb.jpg 
当時のシングル盤って言うのはチェレンジャーで、B面に危機からトータル・マス・リテインだけを抜き出してシングルにしちゃう発想が凄いです。これが出た時は「危機」の発売前でキャンペーン的な事なんでしょうか?勿論いきなり始まるのではなくて冒頭エフェクト的な付け足しがあります。気になる方は手に入れて聞いてみて下さい(笑)チューブを探せば出てるかも、です。
kotaroblo_yesamerica.jpg 
で、後にこのコンピアルバム「Yesterdays」に本編が収録されます。イエス初のコンピレーションアルバムでファースト、セカンドからのベスト盤的要素で、そこにリックが参加した「America」が収録されました。実はこの曲はまだトニー・ケイが在籍した頃にもうアイデアが出ていて、そのきっかけを作ったのもトニー・ケイだったらしいです。私はトニー・ケイが演奏したライブを聞いたことがありますがリックのそれとはかなり違った演奏でした。殆どオルガンだったし。スタジオで録音した時はリックが参加した後だったそうで、リック・ウエィクマンはこの曲を演奏するのが嫌で、後半のメロトロンを弾いたのは何とビル・ブラッフォードだったらしいです。それがメンバーに絶賛でそのまま採用したそうです。と思って聞くとまた違って面白いですね。とにかくスティーブ・ハウのソロが肝の曲です。この曲を録音した時の楽しい雰囲気が出てますね~イエスの曲は考え尽くされた緊張の中で録音されているので、こういうアルバムに関係ないリラックスした曲が少ないので良いですねぇ~
kotaroblo_america_yesterday.jpg 

kotaroblo_america_yeslabel.jpg
ジャ文字色ケットもレーベルアートもロジャー・ディーンで素晴らしいアートワークですね~ 何となくヴァージンのレーベルぽい。
kotaroblo_america_yesinsert.jpg 
この時点ではドラムはビル・ブラッフォードでしたが、後にライブではアラン・ホワイトが叩くのでよりロックテイストが増したアメリカが演奏されました。でもこのビルのドラミングが好きです。アレンジはYESとなってますが、あのS&Gの「アメリカ」をここまでフレーズやテンポを変化させたアレンジメント力は凄いです。まぁ好き嫌いは出るでしょうけどね。
kotaroblo_america_sg.jpg
今回は長いです(笑)その本家本元サイモン&ガーファンクルの「Bookends」のUSオリジナル盤です。これは3年ほど前に購入しましたが、シュリンク付きで(上のシール跡はシュリンク上に付いてるものです)した。
A面は「アメリカ」の現実をテーマにした組曲風になっていて、まさに「America」はこのコンセプトの象徴として作られた曲です。B面はすでに発売されたシングル等を収録されている。Mrs・ロビンソンの当時録音された新テイクや日本でも人気の「冬の散歩道」など有名な曲が多いです。

 
kotaroblo_america_jyake2.jpg
別にイエスがコピーしたからと言う訳じゃないのですが、「America」はS&Gの中でも3本の指の中に入る曲ですね。「All Come Look For America」当時のアメリカに夢を持ち続ける若者を歌っているものですが、切なく流れるオルガンの旋律が決してその夢が現実のものにならない虚しさを表現していて聞いていて切なくなるのですが、決して後味の悪い物悲しさではなく一筋の希望も何処となく匂わせる..歌詞も全く韻を踏まない事で有名ですが、2人の若者が会話調で進行して行く物語的な所もポール・サイモンらしくて良いですね。イエスはカラッとしたロック調で本家はしっとりしたプログレ風とは皮肉なものですね。
kotaroblo_america_insert2.jpg
USオリジナルにはこのカンパニー(広告)スリーブが付きます。当時はゾンビーズやブラッド・スゥエット&ティアーズ、スモールフェイセス、アレサ・フランクリンなどなど..
kotaroblo_america_poster.jpg
このポスターが付いて完品。

kotaroblo_america_label.jpg

XSM118887-1G XSM118888-1D 
Two Eyeと呼ばれる360 SoundレーベルのUSオリジナル盤。日本の中古市場では完品で4,500円~5,500円位で平均流通しているが、盤質の違いでかなり高額のものもありますね。UK盤の方が音質が良いなんて話もありますが、一応US盤がオリジナルではないでしょうか。


 



スポンサーサイト

category: Simon & Garfunkel

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。