Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

時間と言葉 / YES UK盤とUS盤  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!


kotaroblog_yes2_uk.jpg
今日も仕事でやっと明日一日休みが取れました!何をしようかと迷っているうちにきっと何もできず終わってしまうのだろうなぁ~
一日レコードのクリーニングでもしてようか。

YES / Time And A Word (時間と言葉) 1970年

昨年の東京ドームシティホールの、見に行った時のライブダウンロード音源を聞いてクリス・スクワイアを偲んでいます。Fish のソロは短かったけど体調不良など微塵も感じさせないプレイだった。MCの声も元気だったのに..人の生き死には分からないものです。
レコードコレクターズ7月号は「特集黄金時代のイエス」だった。これは最近出た「危機」をリリースした後アラン・ホワイトが加わり、全盛期のライブとして満を持してリリースされた「プロジェニー:1972ライヴ」発売に合わせてのものだが、これはサード(YES Album)から5作品の特集だった。やはりイエスとして認知されているのはサード・アルバムからなのだ。それはやはりピーター・バンクスではなくスティーブ・ハウだったと言う事だろう。このアルバムでもファースト程ではないがバンクス色が出ている曲が多い、がプロデューサーが映画音楽畑出身のトニー・コックスで、時間と言葉でのP・バンクスのギター・パートをストリングスに差し替えたり、全体的にもヒット性の高いポップな楽曲が多かったりと居場所を失って行く。ジョンとクリスが徐々に理想としていく音楽にはバンクスはあまりにも自由過ぎたからだろう。
kotaroblog_yes2_uk2.jpg 

トップナンバーの「おれ達にはチャンスも経験もいらない」はトニー・ケイとピーター・バンクスがいた頃のイエスのグルーヴが色濃く出た曲で、カバーではあるがそのストレートな疾走感はこの時期のイエスにしかない。トータル的には2曲目の「Then」が一番良いと思う。初期の頃を聞いていないファンも「イエスショウズ」で収録された「時間と言葉」でその認知度も高いので、タイトル曲の「時間と言葉」が初期作品では広く好まれる曲となっている。
あえなく2枚の作品を残して去ったのか、クビになったのかバンドを去ったピーター・バンクス。その後もイエスに戻ることもなく、エンパイアやFlash などプログレシーンに爪跡を残すもどこか悲運なギターリストで、ひっそりと2013年に自宅で亡くなった。イエスと名付けたのはピーター・バンクスだった。その後スティーブ・ハウに声を掛ける前に誘ったのはなんとロバート・フィリップだったと言う。クリムゾンも迷走していたのだ。このアルバムからエンジニアとして加わったのはイエスの黄金時代をメンバーと共に築いたエディー・オフォードだった。サードアルバムへ繋がる最大の収穫だった。
kotaroblog_yes2_liner.jpg 

UK盤には歌詞カードが付いている。

kotaroblog_yes2_uklabel.jpg

2400 006 A▽1

kotaroblog_yes2_uklabel2.jpg

2400 006 B▽2

画像のものはUK盤でA1B2のもので、A1B1のファーストプレスは「星を旅する人」が1曲目に来て、「予言者」が3曲目らしい。ただこの後はこの曲順で正しい。もっとレアなのは西ドイツ盤で、「予言者」の代わりに「ディア・ファーザー」が収録されていたり、チャンスも経験もいらない、時間と言葉のオリジナルミックスが収録されている非常にレア盤で非常にエクスペンシブ!

kotaroblog_yes2_usa.jpg


アメリカでは英国盤のエロティックなジャケが発禁となり、上のセンスの欠片もないただの集合写真のジャケに差し替えられた。その頃にはもうピーター・バンクスは脱退していたので当時新加入のスティーブ・ハウが写っている。このセンス時間がなかったとしか言いようがない。
kotaroblog_yes2_usa2.jpg

若干UK盤とは表記が違うが写真は同じものを使用している。
kotaroblog_yes2_alabel.jpg

ST-A-701991-AA
 

kotaroblog_yes2_alabel2.jpg
 
ST-A-701992-AA

ブロードウェイ表記のファーストプレス。AAのマトは音が良いと言う事だが、確かにUK盤よりはこちらの方がメリハリあって迫力が凄い。爆音だけで荒れ狂っている盤が多いがこれは音の線もくっきりしている。チャンスも経験もいらないとアストラル・トラベラーが特に素晴らしい。ジャケと盤をUK,USとすり替われば良いと思う。


スポンサーサイト

category: YES

tb: 0   cm: 0

さようならクリス・スクワイア (T T)  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)  InstagramインスタグラムへGO!!


kotaroblog_yes_chris.jpg


Chris Squire
 1948-2015


随分と更新をサボタージュしてしまいまし
た。だって休みが無いんだもの... ただ太っ腹な会社で明日はなでしこを応援してから出社という大判振る舞い。皆心そぞろじゃ仕事しならないし、その為に有給取ることないからね。是非頑張って貰ってこの心の隙間を埋めて欲しい..

その心の隙間とはYESの唯一のオリジナルメンバーのクリス・スクワイアが急性骨髄性白血病で亡くなりました。享年67歳。昨年11月に東京ドーム・シティ・ホールで「こわれもの」「危機」再現ライブを見たばかりなのに、見た目では全く予想もつかないほど元気だったのに(涙)
ニュースを見たときは耳を目を疑いました。イエスはロックにより嵌るきっかけとなったバンドで、中学生の頃からの付き合い、で未だ大好きなだけに、その屋台骨となるクリスが亡くなると言う事は私のイエス。歩んだロック・ライフに大きな穴が開いた気がする。悲しい。いずれ来るとは思っていても、あまりにも突然で。あと一回その巨体を拝みたかったぞーーー

今の所ビリー・シャーウッドが代行するようなことを書いてあったけど、失ったイエスの象徴はあまりにも大きすぎる...
kotaroblog_yesalbums.jpg 

仕事が落ち着いたら順番に聞きなおそう。ちなみにレココレの7月号の特集は「黄金時代のイエス」です。


多忙でもレコードは注文してますが、ドイツのセラーで注文して発送済のアルバムが未だ着かない。今までも遅れることはしょっちゅうだがかなり遅れている。心配だ―、郵便事故が。ストレスで高いレア盤ポチッとしたので..そんな時にかぎって..(T T )

category: YES

tb: 0   cm: 0

「こわれもの」 / イエス~23日のイエスライブに参戦。「こわれもの」「危機」全曲再現ライブ!  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m

banner (1)
 


Yes-w690.jpg

ピンク・フロイドの最終アルバム「永遠」の話題で..と思ったのですが、日曜日からイエスの日本ツアーが始まり、私も遥々一泊して23日の初日に行ってきます!今回はアルバム全曲再現がメインをなっています。新譜からもやるそうですが、やはりそれよりも「危機」を演奏すると言う事。元々クルーズツアーでイエス・アルバムと究極のアルバム再現ステージを繰り広げてきたけど、ついに今回「こわれもの」と「危機」の2大アルバムをやることになった。イエス名義では日本では初来日以来演奏していないClose To The edgeが聞けると思うとワクワクしますが、リックもジョン・アンダーソンもいない中でどこまで再現できるのか?新ボーカリストのジョン・デイヴィソンはアンダーソンに酷似しているが、やはりジェフ・ダウンズのキーボードがどうなのか..すでにイエス・アルバムの再現ツアーのライブ・アルバムは発売されているが、全く雰囲気を知らずに臨みたいので聞いてませんです。もう危機を演奏するのも多分ラストになるんではないかと思われるので楽しみです。詳しくはUDOサイトで

と言う事で我が家の「こわれもの」達です。

kotalog_fragile.jpg 


あるイエスサイトをやっているために溜まるにたまったフラジャイル達。家族からは完全に呆れられてますが、まぁ良く集めたなとプチ自慢っす。
kotalog_fragile_lps.jpg
LPから。向かって右よりUKファーストプレス、2ndプレス、日本初盤、米盤ファーストプレス、米盤2nd、結成10周年記念盤、廉価盤1,600円。

kotalog_fragile_cds.jpg

右よりSHM-CD、紙ジャケコレクション盤、オーディオ・フィデリティ盤、96年のリマスター盤、86年の日本初CD盤。

たくさんあるので今回はUK盤のみで、
kotalog_fragile_uk1stlp.jpg

UKファーストプレス。まだイエスロゴが完成する前のロジャー・ディーンが描いたイエスの初ジャケです。まぁ書かなくてもだが、リック・ウェイクマンが加入した事でぐっとプログレッシブに、さらにクラシカルなサウンドに変化した記念アルバムだが、元々はライブアルバムと合わせた2枚組になる予定だったがボツになっている。ラウンドアバウトや燃える朝焼けなど主な4曲は出来上がっていたが、一枚のアルバムに仕上げるために各メンバーのソロ的な楽曲で埋め合わせた印象が強い。その中でも面白いのはビル・ブラッフォードが書いた無益の5%で、イエスの元マネージャーにビルが印税の5%を払う賭けをしたことから作られた曲。実に安易だがビルが好んだジャズフィーリング満載の曲だ。最近ではテレビの効果音に「燃える朝焼け」をよく聞く事があるが、緊迫感と静の部分が完全対比した完璧な曲で、これ以上計算され尽くされた曲はロックではあるだろうか?クリス・スクワイアも最高傑作と言っている。トニー・ケイのオルガンに拘ったプレイから、リック・ウェイクマンが加入したことで無限に演奏能力の幅が広がったことは確かで「南の空」でのピアノでも息を飲むような美しくも攻撃的なピアノも弾いている。とにかくイエスが今でも活動し続けているのもこのアルバムがあってこそなので、イエスの金字塔なのだ!!
kotalog_fragile_uklpura.jpg
裏側もファンタジックワールド。
kotalog_fragile_ukuslp.jpg
向かって右はUKセカンドプレス盤で、やはりファーストの方がブルーの色合いが濃い。セカンドは紫がかっている。ファーストプレス盤の中には真ん中の船が無いものが稀に出回ったようで、一度オークションで見たが10万以上の値がついていた。ただ単位プレスミスなのか、意図的なのかは分からないが確かに船が描かれていなかった。
kotalog_fragile_uklpuchi.jpg
ブックレット付だがUK盤のアーリー版はジャケに貼り付けとなっている。米盤と邦盤はセパレートタイプ。
kotalog_fragile_uk1label.jpg

kotalog_fragile_uk2ndlabel.jpg

上 2401019 A//1B//1 red/Maroon 
下 K50009 A  B

(下画像)このセカンドプレス盤はアトランティックの過渡期で、ディストリビューターがケニーレコードグループと渡りカタログナンバーも変更になったばかりの盤で、マトリックスがK50009と2401019の両ナンバーの刻印が打たれてある。レーベルの色は違うがほぼプレス時期は早いものだと思う。ファースト盤の「南の空」は必聴。

category: YES

tb: 0   cm: 2

リレイヤー② UKオリジナル盤  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 

kotalog_relayer_ukus.jpg


前回に続きリレイヤー、アナログ盤です。
向かって左がUKオリジナル盤、右がUS盤です。色味が全然違う。UKの方が全体にグレーぽく、タイトルの枠もUSは赤ぽく塗られている。正直USはコピー感が強い。
1974年リリースで、両面3曲、構成は「危機」に似ている。リック・ウエィクマンが「海洋地形学の物語」に嫌気をさして脱退、メインホース、レフュジーのパトリック・モラーツが加入するのだが、後釜にはジョン・アンダーソン繋がりであのヴァンゲリスも候補に挙がってセッションも行われている。もしヴァンゲリスが加入したイエスは今では想像がつかないが、そうなると90125イエスで全米NO1にはなっていなかっただろうし複雑な所だ。やはり凄いのは「錯乱の扉」で、戦争をテーマにしているのだがその音の密集度、アグレッシブ感はイエスにおいても群を抜いている大作だ。サウンド・チェイサーもモラーツ加入で、クラシカルな曲調からスピード感のあるジャジーで近代的なサウンドになっている。モラーツのスタイルはベンダーを多用したパーカッシブなキーボードスタイルで、金属的な音がこれまでのイエスのスタイルをアグレッシブに変えた。一転「To Be Over」では流麗なソロも披露しいるし、モラーツのソロアルバム他色々聞いたが一番良いプレイをしてると思う。スティーブ・ハウもこのアルバムではテレキャスを全編使用していてレスポール系の音質よりはキンキンな音を出していて音は細いがより一層脳天に突き刺さるような尖った音を出している。「危機」以上に狂気的な演奏をしていて一番へヴィな年齢だったのかもしれないね。

kotalog_relayer_in.jpg 

左UK右US。
kotalog_relayer_misspri.jpg
UK初盤にはミスプリがあって、写真左からクリス、ハウ、アラン、ジョン、モラーツなのだが、表記は写真の順番に準じていない。
その後表記は2列にになって(US盤参照)順番も写真通りに変えられている。のでファーストプレスはこのミスプリある。
kotalog_relayer_back.jpg 

すみません、このジャケ裏は右がUKで左がUS盤です。明らかにUS盤はコピー感が強い。蛇を見ても右のUK盤はくっきり、色も鮮やかだ。このジャケの絵には描かれていない昆虫や要塞があって、CDのブックレットなどにはよく掲載されている。
昔、中学生時代音楽の授業で、何だったか忘れたけどクラッシックの音楽を聞いて、そのイメージにあう絵を描いてくる宿題が出たんだけど、このリレイヤーの要塞と蛇書いて(正確にはトレースして)提出したら無茶苦茶褒められて評価もAでした。音楽教師なのにイエス知らなかったのかな(笑)
kotalog_relayer_innerbag.jpg 
>左がUK右がUSのインナーバッグ。UKは濃いグレーの厚手の紙で、USはぺら紙で薄グレー。両方とも歌詞付。

kotalog_relayer_uklabel.jpg 

K50096-A1/B1(Side 1 Pecko/Side 2 Porky刻印あり) 

kotalog_relayer_uslabel.jpg

Side 1:ST-A-743267AA(Porky刻印あり) Side 2:ST-A743268-BB 
UK両面マト1でジョージ・ペッカム氏のカッティングで、US盤はサイド1のみ刻印有のAA盤。両方とも「錯乱の扉」は凄い爆音で、アランのドカドカドラムが入る前辺りは歪む位の音だ。スーンはその対比でハウのスティールが伸びやかに響いている。違うのはサウンド・チェイサーの音質。UK盤は凄い。まずアランのドラムの抜けが違うし、クリスのブリベースの鳴りが違う。超ブリブリ。US盤は少し引っ込んだ感じで籠った感じがするし、迫力に欠ける。割と安価に出回っているのでUK初盤をお薦めします。あとブルーレイの方も



category: YES

tb: 0   cm: 0

リレイヤー/ イエス Definitive Edition Cd/Blu-ray  

ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓


ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
 


kotalog_relayer_bluray.jpg

31日の金曜日に、予約注文していたことを忘れていたリレイヤーのスティーブン・ウィルソンMixのCD&Blu-rayが届きました。何でも発売が繰り上がったそうで、まぁ遅くなるより遥かに良いでしょう。リレイヤーはイエスのアルバムの中でも危機の次くらいによく聞いたアルバムで、このシリーズ「危機」と「イエスアルバム」に次ぐ第3弾です。S・ウィルソンミックスはいい仕事してるので楽しみにしていましたよ。
kotalog_relayer_cdlist.jpg 


↑これはCDの内容。このブルーレイセットを購入してからこのCDは一度しか聞いていない。どうしてもブルーレイの内容が濃すぎて..
kotalog_relayer_bluraylist.jpg 
kotalog_relayer_bluraylist2.jpg
↑上2つはブルーレイディスクの内容。何と言っても5.1サラウンドMIXが面白い。プログレは楽器のパートやライブ再現がかなり無茶なコーラス等の多重録音なんかが多く、音が密集していて耳が音に追いつけないのでこのサラウンドで分離が進むと音を拾いやすくなるので演奏の形が見えてすごく面白い。そりゃ今まで聞いてきた音楽とは異なるが、S・ハウのシタールの音やモラーツの金属音的なキーボード、コーラスパート、錯乱の扉でのあの音の集合体などなどこれだけ音が分かれると正直、こんな演奏だったのかと気づく事が多く生々しくて..他にもオリジナルのステレオミックス、スタジオランスルー、お馴染みの最新リマスターのインストバージョン、ライブやアーカイブコレクション等々聞き切れないくらいの選択肢がある。
ステレオミックスも流石丁寧な作業をしていて、ハイハットの一音、キーンと抜けるキーボードの残響、コーラスパートのレフトライトでの際立ち、何と言っても錯乱の扉の戦争のパートでのあの音の集合体、過去のリマスターでも異常に歪んでいた所も綺麗にバランスが取れていて、所々のエフェクトもハッキリと聞き取れる。これを聞くとブルーレイの再生環境が無くてもCDだけでもこれまでとの違いが分かるのではないか。

kotalog_relayer_blurayset.jpg
↑操作画面
Addititonal Materialにはシングルエディット(聞いた事ない人は、これを如何にシングルに編集するかというテクニックを聞けるので面白いのではないか?)も多数ある。私も聞いた事なかった76年のコボホールでの「サウンド・チェイサー」のライブテイクや錯乱の扉のランスルーはかなりラフで曲作りの工程が聞けて面白い。これも初聞きの「サウンド・チェイサー」のデモテイクも信じられないほどラフで、私も非公式音源で数多く聞いたけどこの2つは初めてだった。それとこの企画でしか味わえないオリジナル・アナログ盤空の落としで、今回UKA1/B1のアナログ音源に加え、なんとUSプロモのアナログ音源も付け加えられた。これも面白くて「錯乱の扉」がパート1~3になっていて途中独立したテイクとなっている。USプロモなんて存在も知らなかったので目から鱗だった。ただアナログ音源の落としなのでそんなに良い音とは到底感じられなかった。
kotalog_relayer_blurayin.jpg 

やはり日本製の紙ジャケとは比べられないほどの未成熟な出来具合。まぁブルーレイ付いて2,900円ほどなので文句は言わないでおこう(笑) 貴重な写真が載っているブックレットが添付されていてジャケットに描かれているロジャー・ディーンの灰色の要塞は1966年に描かれていたものだと初めて知りました。他トラック別に書かれた楽器パートの見取り図の写真など、貴重なアーカイブが少しだけ見られます。(購入してご覧ください)
kotalog_relayer_bluraycd.jpg

kotalog_relayer_bluraydisc.jpg
上がディスク1のCD、下がブルーレイ盤。黒の紙袋にそのまま入ってます。歌詞カード付のインナーバッグは再現されていない。コストパフォーマンスも良いので環境が整っている方は是非お薦めします。

私の持っているUK初盤と米盤も次回にやります。あまりにも画像が多いので今回はこのブルーレイセットだけと言う事で。

category: YES

tb: 0   cm: 0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。