Kotaro diary 「コタローの日常」~気まま猫のレコード話~

70年代王道ROCKのオリジナル盤の魅力にハマり、初心者マークですが収集中です。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

ケヴィン・エアーズ死去~燃えないと、輝くことはできない  

文字色文字色ブログランキング参加してます。 ↓↓↓ ↓↓↓

ポチッと一押しご協力お願い致しますm(_ _)m


banner (1)
  
kotaroblo_kevina.jpg 
ソフトマシーンなどカンタベリーの雄ケヴィン・エアーズが2月18日フランスの自宅で亡くなられたそうです。原因は不明ですが、枕元に「燃えないと、輝くことはできない」という書き置きが残されていたそうです。過去に栄華を開いた方はそれなりに苦悩もあったのではないかと思われますが、70年代の大御所が次々にお亡くなりになって寂しい限りです。ソフトマシーン、ソロ、カンタベリー系のアルバム多々ありますが、私はこの「イエス・ウィ・ハヴ・ノー・マニャーナス」が大好きなアルバムで、中でも、ケヴィンのバリトンヴォイスに亡くなるまでケヴィンの片腕として活躍したテンペスト、パトゥーのギターリスト「オリー・ハリソール」が流麗な泣き泣きのギターが絡まる「Blue」がロック史においても大好きな曲ですね。正直この訃報を知って久々に聞きましたが、ケヴィンが死去した事からより一層ブルーに虚しく聞こえてしまうのでした。70年代大活躍した大御所がもう70歳前後なのでそろそろそう言うニュースも増えて(縁起でもないが..)ショックを受ける覚悟をしておこう(良く分からないけど(笑))

注意!!音出ます! 


スポンサーサイト

category: Kevin Ayers

tb: 0   cm: 2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。